米国で最も憎まれる若手社長 マーティン・シュクレリに反省の色無し

CONTRIBUTOR
Dan Diamond

製薬会社ターリング・ファーマシューティカルズの若きCEOマーティン・シュクレリ(32)は、今年の米国で「最も憎まれている経営者」と言っていいだろう。彼
は先日のフォーブス・ヘルスケア・サミットにおいて「クスリの値段はもっと上げますよ。それが私の仕事ですから」と再び発言した。シュクレリは、9月20日にエ... 続きを見る

CATEGORY