ウェズリー・スナイプス氏、23億5,000万円の追徴課税を巡り米国IRSを訴える

CONTRIBUTOR
Robert W. Wood

ウェズリー・スナイプスが米国内国歳入庁(IRS)を相手に再び法廷へ戻ってきた。今回はスナイプス氏が原告の立場だ。同氏は2008年に3件の所得税の虚偽申
告容疑で告発され有罪となったが、そのときは最も重大な脱税容疑について無罪が言い渡されるなど、スナイプス氏の全面敗訴とはならなかった。しかしながら、その... 続きを見る

CATEGORY