プーチンのシリアでの戦略的ミスは投資家には恩恵かもしれない

CONTRIBUTOR
Kenneth Rapoza

米国政府はロシアがシリアの危機に介入したときは「誤り」であるとか「戦略ミス」とみなしたのを思い出してほしい。金曜のパリでのテロ攻撃の後でロシアがイラク
・シリア・イスラム国(ISIS、以下「イスラム国」)を空爆したがもはや難民危機を悪化させるものとはみなされずシリアが敵の手に落ちるのを防ぐ方策とみられ... 続きを見る

CATEGORY