Inside Forbes: 40年の歳月を経て、ジャーナリズムの新しい教育計画を携え教壇に立つ

FORBES STAFF
Lewis DVorkin

以前、こう問いかけられたことがあった。「25歳の頃の君が、今の君自身を見たらどう思うだろうね?」。私の答えはこうだった。「愕然としているだろうさ」。私
が今取り組んでいるビジネスは、明るく目を輝かせていた頃のそれとは似ても似つかない。利用者は、編集者が一番良いと考えたニュースでは無く、自分たちが必要と... 続きを見る

CATEGORY