What's
30 UNDER 30 JAPAN?

今年の30 UNDER 30 JAPANは
個性豊かな「色」がテーマ。
世間の色に染まらずにそれぞれの方法で輝く強烈な個性と才能に焦点を当てる。
日本を代表する才能がジャンルを超えてぶつかり、混じり合った時のシナジーを通じてお届けする。

30 UNDER 30とは、各界で活躍する30歳未満のイノベーターを表彰する、Forbes US版発祥のアワードだ。ビジネスだけでなく、アート、テクノロジー、教育、メディア、音楽、サイエンス、スポーツ、フード、社会起業家など多様なカテゴリから、次世代を担う若者を毎年選出する。2011年からスタートしたこの試みはForbesの名物企画となり、アジア、ヨーロッパ、アフリカなどリージョナル版も派生している。

その日本版として2018年に誕生したのが、30 UNDER 30 JAPANだ。各界を牽引するフロントランナー を集めたアドバイザリーボードと編集部が選考を行い、日本の若く志高い才能の持ち主を紹介している。

30 UNDER 30 JAPANが担う役割は、ふたつある。ひとつは、国内の読者に対して次世代の才能を紹介し、彼らに共鳴するポジティブな力を持ったコミュニティーを形成することで、イノベーションの相乗効果を生むこと。そしてふたつ目は、日本の才能が世界へ羽ばたく手助けをするということだ。実際に受賞者の何人かは、アジア全域を対象にした30 UNDER 30 ASIAへ選出されるなどのステップアップを果たしている。

初年度は5つだった30 UNDER 30 JAPANのカテゴリも、2回目の2019年は10つへと倍増。また、初の一般公募も行った。日本の才能が集まるプラットフォームとして、そして世界への登竜門として、30 UNDER 30 JAPANは若いイノベーターのチャレンジ精神を支持する。

BACK TO TOP