• フェイスブック「ユーザー離れ」鮮明 投稿数が3分の2に

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    フェイスブック利用者の投稿件数が大きく減少していることが、最新の調査によって明らかになった。マーケティング企業のMavrckは、2016年のフェイスブック上の投稿2,500万件を調査したリポートを発表した。それによると、ユーザーによる投稿数が2015年に比べて29.49%減少したという。一方、ニュー ...

  • アディダス、商標権巡り米プーマを提訴 「ストライプ」を問題視

    Darren Heitner , CONTRIBUTOR

    60年以上にわたってシューズやウェアに描かれてきた「3本線」と言えばアディダスの代名詞だ。別のブランドが「4本線」の入った商品を開発、発売したら、消費者はその商品がどのメーカーのものか、混乱するのだろうか?アディダスは先ごろ、プーマ・ノースアメリカが販売するサッカー用のスパイクシューズが自社の商標権 ...

  • 精神的に強い人が「絶対にしない」10のこと

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    精神的な強さは、全く予期していないときに起きたことによって試されるものだ。その人の精神的なタフさは、困難なときに何をするかではなく、何をしないかというところに明確に示される。精神的に強い人が決してしない10のことを学べば、あなたも自分の精神力を高めることができるはずだ。1. 失敗にこだわらない精神的 ...

  • 上司に絶対教えてはいけない、あなたに関する10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    職場というのは奇妙な場所だ。仕事の場であり、社会的な場でもあり、それぞれの側面が持つエネルギーが交錯する場だ。私たちは同じ職場の人たちに対して友好的であろうとし、また率直であろうとするが、そうした中でもやはり、社会的なつながりではなく、仕事上のつながりという枠組みに縛られている。あなたにとっての上司 ...

  • 1千億円を生む下着ブランド「ヴィクトリアズ・シークレット」 驚異の成長力

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    総勢47名のモデルが参加する華やかなファッションショーが米CBSテレビの1時間番組で放映された。 世界で高視聴率を叩き出す「ヴィクトリアズ・シークレット・ファッションショー」は、この下着メーカーの巨大な売上の源泉となっている。「華やかなウイングやランジェリーをまとった美しい女性たちが、一流のミュージ ...

  • フォーブス・トラベルガイド、ホテルの格付け2017年版を発表 5つ星は過去最多

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    フォーブス・トラベルガイドは2月22日、59回目となる2017年度の格付けを発表した。世界42か国の162のホテルとスパ、レストランを専門家が匿名で訪れ、800近い厳格な評価項目に沿って調査した結果だ。主な評価基準は「サービス」と「施設の質」。サービスについてはさらに、「礼儀正しさ」「思慮深さ」「個 ...

  • 任天堂スイッチに関する「重大な懸念」 米国人記者が指摘

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    任天堂の新しいゲームコンソール「ニンテンドースイッチ」の発表が行われた直後、メディアやファンの多くは、ローンチタイトルのあまりの少なさに困惑した。新作ゲームは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「1-2-Switch」「いっしょにチョキッと スニッパーズ」「スーパーボンバーマン R」の4作し ...

  • フォーブス・トラベルガイド、2016年の格付けを発表

    フォーブス トラベルガイド , CONTRIBUTOR

    フォーブス・トラベルガイドはこのほど、第58回目となる2016年度の格付けを発表した。星を獲得したホテルの数は今回、過去最多に上った。初めて5つ星を獲得したのは、ホテルが42軒、レストランとスパがそれぞれ2軒だった。アジアでは、以下のホテルが新たに5つ星を獲得した。中国浙江省・杭州には初めて、最高の ...

  • NY-東京を23分で結ぶ「超音速プライベートジェット」構想

    Kristin Tablang , Forbes Staff

    カナダのボンバルディア社創業者の孫で、工業デザイナーのチャールズ・ボンバルディア氏は、マッハ10の超音速で飛行する、夢のコンセプト機「Skreemr」で世界的センセーションを巻き起こした。Skreemrの近未来的コンセプトは大いに魅力的だが、実現化に向けてはいくつか課題がある。機体が生む衝撃波と、急 ...

  • 性器凍結で性生活向上? 驚きの新サービス「ラブ・ミスト」とは

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    「ラブ・ミスト(愛の霧)」と呼ばれる奇抜な新サービスが、英国に登場した。マイナス160度にもなる液体窒素の蒸気を性器に向けて30分間噴射することにより、性生活を向上させることができるのだという。どうやら巷では、金を払って性器を何らかの気象現象にさらすことがささやかなトレンドとなっているようだ。最近グ ...

  • 宇宙でのトイレ問題が解決? NASAのコンテスト優勝者が発表

    Brid-Aine Parnell , CONTRIBUTOR

    米航空宇宙局(NASA)は昨年から、宇宙飛行士らが宇宙服を着たまま排泄行為が行える仕組みのアイデアの募集を行っていた。上位3つのアイデアには合計3万ドルの懸賞金が与えられるこの懸賞の名前は「Space Poop Challenge」。直訳すると“宇宙うんこチャレンジ”というこ ...

  • 意外であり必然、ジャガー・ランドローバーのEV開発

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    もはや、自動車界のあらゆるプレミアム・ブランドが”エレクトリファイニング・シンドローム”とも呼べる症状にかかっているのではないか? そう思うほど、2016年はプレミアム・ブランドによるEVの発表が続いた。そのなかでも、ジャガーが市販を前提にしたEVのコンセプトを発表したのは、 ...

  • ネズミに狙われるボルボ、環境重視の意外な盲点が問題化

    Michael J. Dunne , CONTRIBUTOR

    米カリフォルニア州サンディエゴ郡に住むジョアン・コザコウスキー・コックは、少し前に購入した2016年モデルのボルボXC60をとても気に入っている。だが、問題は彼女以外にも、この車が大好きだというものがいたことだ。退職したばかりの夫トレーシーとジョアンが車の異変に気付いたのは、昨年10月のことだった。 ...

  • 麻薬より危険「食べるのをやめられなくなる食品」リスト

    Quora . , CONTRIBUTOR

    研究者らによると、いくつかの太りやすい食べ物は、ヘロインやコカインと同様の依存性があるかもしれないという。ダイエットの経験がある人なら、体重を落とすために自制心を働かすことがいかに難しいかを知っている。脂肪を燃焼する運動も効果的だが、食べ過ぎが脳に影響を与え、依存傾向を強めるという研究結果がある。高 ...

  • 裸で眠ると健康でリッチになる、その4つの理由とは

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    裸で眠ると熟睡できてお金が貯まり、ストレスが減り、体重も減る──そう言われたら、あなたはどうするだろうか。これらの効果を得るための方法は、数えきれないほど紹介されている。だが、裸で眠ることより簡単に実行できるものはない。さらに、裸で眠ればその他の効果も得ることができる。実際に裸で眠っているという人は ...

  • 想像する知性と歩み続ける野性 〜プロ登山家の探求心がアウトランダーPHEVと出合う〜

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本唯一の14サミッター竹内洋岳の日本の休日登山とは想像力のスポーツ 地球上でもっとも宇宙に近い標高8,000m以上の14の頂。酸素濃度は地上の13、周囲に生命活動はなく、一部の渡鳥を除き、人類だけが意志と足で到達できる領域だ。プロ登山家竹内洋岳氏は、その14座すべての登頂に成功した日本人唯一の「1 ...

  • スポーツ界4部門で最も価値が高いのは? ブランドはナイキ、選手はフェデラー

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    フォーブスは10月24日、今年の「スポーツ4部門のブランド・ランキング(Forbes Fab 40)」を発表した。このランキングは、スポーツ・ビジネスのほかチーム、アスリート、イベントの各部門のブランド価値トップ10をそれぞれ決定するもの。それぞれの収益ではなく、ブランドとしての「名称」そのものが価 ...

  • ウーバーのボイコット運動、セクハラ黙認疑惑で再燃

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    トランプ大統領の入国禁止令をめぐりソーシャルメディア上で始まった、配車アプリのウーバーに対するボイコット運動「#DeleteUber(ウーバーを削除しよう)」が、先週末から再び勢いを得ている。そのきっかけとなったのは、たった一人の女性エンジニアだった。スーザン・J・ファウラーがウーバーを最近退社した ...

  • 「アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は二家族がトップ50入り

    Keren Blankfeld , FORBES STAFF

    フォーブス アジアは11月9日、「アジアの富豪一族資産ランキング」を発表した。2度目の発表となるランキングのトップは、昨年に続きサムスンの李一族。上位10家族の顔触れにはほぼ変わりがないものの、順位には変動がみられた。【昨年のランキング】また、日本からはサントリーを経営する佐治家が18位に、森ビルの ...

  • 同性婚合法化は10代の自殺回避につながる 米調査結果

    Tara Haelle , CONTRIBUTOR

    米国の47州で過去17年間にわたって収集されたデータを分析した結果、同性婚の合法化が10代の若者の自殺率低下につながっている可能性が高いことが確認された。特に10代の性的少数者(LGBTQ)の自殺未遂の大幅な減少につながったとみられている。自殺未遂は同期間中、10代全体で0.6ポイント減り、LGBT ...

  • なにがなんでも避けるべき有害な人10タイプ

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    有害な人間は、ものの道理とは無縁だ。自分が周囲にどれほど悪影響を及ぼしているか気づかないおめでたいタイプもいれば、周りを混乱させたり他人を怒らせたりすることに歓びを見いだすタイプもいる。自分とは異なる人々との付き合い方を学ぶことは大切だが、本当の意味で有害な人に時間とエネルギーを割く価値はないし、彼 ...

  • ポケモンGOに「現金ゲット機能」がついたアプリ、英国で大人気 

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    ポケモンGOにそっくりなアプリ「Snatch(スナッチ)」がイギリスで人気だ。ARとジオロケーション技術を駆使し、スマホを使ったバーチャルな宝探しができるアプリだが、「現金が手に入る」というポケモンGOにはない特徴がある。プレーヤーはゴールデン・パーセル(金の包み)を見つけるか他のプレーヤーから盗み ...

  • 今年「買わない方がよい車」13モデル発表、米の複数調査から判断

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    最近の新型モデルは、かつての車とはかなり違っている──もちろん、良い意味で異なっている。本当にひどくダメな車がディーラーの店頭に並ぶことは、非常に珍しいことになった。だが、なかには信頼性に疑問符が付き、再販価値が低くなるものや、時代遅れのデザインや技術を採用しているものもある。現在の平均的なモデルは ...

  • コンセプトカーさながら 「レクサス」フラッグシップ・クーペの魅力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカ人に「真冬のデトロイトに、毎年行っている」と言うと、たいてい怪訝な顔をされる。一日の最高気温が氷点下という日も珍しくない、アメリカ有数の治安の悪いエリアに、なぜ好んで毎年行くのか? と首をかしげるのも当然だ。だが、自動車業界で禄を食むものであれば、“自動車業界のニューイヤー・パー ...

  • 世界が仰天した「日本車の変な名前」ワースト7 名前が男性器の車も

    Peter Lyon , CONTRIBUTOR

    筆者は過去約30年間にわたり、日本の自動車業界を中心に執筆活動を行なってきた。日本車の車名にはオデッセイやランドクルーザー、MX-5など、他のどんな言語に訳してもクールな響きを持つものも多い。しかし、なかには「一体なんでこんな名前をつけてしまったんだ?」と思わざるを得ない名前があることも事実だ。ここ ...

  • 外国人男性にモテる日本人女性の「残念なこと」

    パク スックチャ , CONTRIBUTOR

    東京の街を歩いていると、白人と日本人のカップルを見かけることが多くなった。そのほとんどのペアは「白人男性と日本人女性」で、「白人女性と日本人男性」は極端に少ない。私の知り合いでも、フランス人、アメリカ人やカナダ人男性と日本人女性のカップルがいるので、身近にも日本人女性が白人男性にモテることを実感する ...

  • 苦境のツイッター、CEOが「戦略ミス」認める 自社株買い戻しも 

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    2月14日、ツイッターのジャック・ドーシーCEOは自身の投稿で、“LoveTwitter ”とのハッシュタグを添え、700万ドル(約7.9億円)相当の自社株を買い戻すことを発表した。このツイートは同社が投資家らの支持を失いつつある中で、CEOの決意を表明したものと受け取れる。 ...

  • アカデミー最有力の「ラ・ラ・ランド」 興収は380億円突破

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    2月26日に発表される米アカデミー賞の、今年の最有力候補に挙げられる映画が「ラ・ラ・ランド」だが、興行収入の面でもこの作品は群を抜いている。32歳のデイミアン・チャゼルが監督した「ラ・ラ・ランド」の作品の世界の興行収入は3億4,050万ドル(約386億円)。2位の「メッセージ(原題:Arrival) ...

  • サンエンス作家・竹内 薫が描く、AIと自分の未来「4つのシナリオ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「テクノロジーは予測されたようにはやって来ない」。物理、数学、宇宙など幅広いジャンルで執筆を行う竹内薫はそう話す。量子コンピュータにAI。これらは私たちをどう変えるのか。2012年に始まった「電王戦」を見る限り、将棋においてはすでに人間がコンピュータの後塵を拝する時代になっています。では囲碁はどうな ...

  • 時速1100キロ超の交通システム「ハイパーループ」、年内に本格試験走行へ

    Sam Abuelsamid , CONTRIBUTOR

    金属製のチューブの中を、空中浮上式の車両が超高速で走る――これが都市間を結ぶ交通機関の“未来“なのか。“ハイパーループ“というこの次世代交通機関の構想は、2013年、イーロン・マスクによって初めて公表された。目下開発が進められており、初となるフルスピー ...

  • 出世が早いナルシスト社員、うかつな採用・昇進に要注意

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    自己陶酔に浸るナルシストと一緒に仕事をした経験があるという人は珍しくない。少しでも意見が衝突した部下の首をたちまち切る上司や、周りに慕われることを第一目標にしている同僚がいる職場は多いのではないか。政治家であれCEOであれ、リーダー職に就くナルシストは多い。だが、ナルシストが選挙で当選したり出世した ...

  • 200億件の出会いを生んだ「ティンダー」CEOが語る恋愛の未来

    Steven Bertoni , FORBES STAFF

    出会いアプリ「ティンダー(Tinder)」は、2012年のリリース以来200億件以上の出会いを生み出してきた。ティンダーは今や196か国で5,000万人以上のユーザーに使われる、世界最大級のソーシャルマッチングサービスへと成長した。フォーブスはティンダーの運営会社Match Groupの創業者のショ ...

  • 米消費者に「最も長く保有される車」ランキング、日本車がトップ10を独占

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    調査会社IHSオートモーティブによると、米国で販売された新車の平均保有期間は6.5年だという。2006年には4.3年だったが、新車の平均価格が3万5,309ドル(約404万円、自動車価格情報のケリー・ブルー・ブック調べ)に上昇している他、ローンの返済期間が最長8年というプランも提供されるようになって ...

  • iPhone 6とiPhone 7の違い 「買い換える価値」は本当にあるのか?

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    アップルがiPhone 7を一番売り込みたいのは、iPhone 6のユーザーだ。6Sのユーザーの多くは購入時の契約期間がまだ残っているため、すぐにアップグレードすることはできない。それに対し、記録的な売上を達成したiPhone 6はユーザー数が非常に多く、格好のターゲットなのだ。しかし、iPhone ...

  • 米で最も盗まれる車、新車・中古車の「上位」10モデルとは

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    華やかなスポーツカーや高額なラグジュアリー・セダンが最も「自動車泥棒」に狙われやすいだろうと思う人もいるかもしれない。だが、データによると実際のところ、最も多く盗難の被害に遭っているのは主流モデルだ。その傾向は、真新しい新車でも使い古された中古車でも同じだ。全米保険犯罪局(NICB)が毎年発表する報 ...

  • 自動運転開発でも揺らがない、ボルボの安全神話の根底にあるもの

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    ボルボはとても個性的な存在だ。クルマ好きでない人間にさえ、北欧の自動車メーカーで安全に配慮したクルマ作りをしている、と理解されているメーカーは世界中を見渡しても珍しい。年産約50万台程度の非常に小さな自動車メーカーに過ぎないのに、なぜブランド・イメージが突出して高いのだろうか? その背景には、192 ...

  • 人工知能とのセックスを実現するリアルドール社 来年にも初号機を発売予定

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    1993年公開の映画「デモリションマン」の中で、スパルタン刑事(シルヴェスター・スタローン)が、ハックスリー警部補(サンドラ・ブロック)からセックスの誘いを受けるシーンがある。数十年もの間冷凍刑に処せられていたスパルタンは、それが「テレディルドニクス」(遠隔操作の性具)というヘッドセットを装着したバ ...

  • パソコンを盗聴器に変えるウイルス ウクライナから拡散中

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    パソコンに侵入しデータを盗みとるマルウェアは数多いが、研究チームはさらに進化したウイルスを発見した。それは、システムに忍び込んだウイルスが、勝手にパソコンのマイクをONにして盗聴を行うというものだ。企業向けセキュリティを手がけるCyberXは先日「Operation BugDrop」と呼ばれる脅威に ...

  • トランプ外交ブレーンが語る日米関係、「日本たたき」をやめた真相

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    米大統領選も、いよいよ最終局面に突入した。米東部時間9月26日夜にニューヨーク州ヘムステッドで行われた第1回テレビ討論会は、史上最高の8,400万人という視聴者数を記録。民主党大統領候補であるヒラリー・クリントン前国務長官の善戦が報じられたが、共和党のドナルド・トランプ候補との支持率は拮抗している。 ...

  • 電子たばこが体に及ぼす影響 医師たちの見解は

    CJ Arlotta , CONTRIBUTOR

    電子たばこが使用者にどのような影響を及ぼすのかが、まだ分からないという人もいるだろう。医師たちの元には、患者から電子たばこについての質問が数多く寄せられている。そして新たな研究によれば、それに対する回答は医師によって大きく異なる。スタンフォード大学医科大学院の研究チームの調査で、2011年7月から2 ...

  • 月面レースに挑む3人の経営者が、その先に見る宇宙ビジネスとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本チームのローバーが月面を疾走する! チーム「HAKUTO」を支援するのは、auのKDDIなど7企業に、人気ロックバンド、サカナクションという異色の組み合わせだ。[前編はこちら]進化について、サカナクションの山口一郎はひとつの答えに辿り着いていた。惹かれる音楽を探し、なぜ惹かれるのかを突き詰めてき ...

  • ソニーPS4 Proに不具合 TVメーカーと「責任のなすり合い」状態に

    John Archer , CONTRIBUTOR

    ソニーの「プレイステーション 4 Pro(PS4 Pro)」がいよいよ発売開始となった。しかし、情報サイトやSNS上では、北米を中心に数多くのユーザーらが不具合を訴え始めている。PSVRがHDRのパススルーに非対応であることもユーザーの不満の元となっていたが、今回新たに判明したのは画面が暗転する問題 ...

  • 「最も安全」な2017年型23モデルが判明、トヨタ車が最多

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    米国道路安全保険協会(IIHS)は12月8日、各自動車メーカーの2017年モデルを対象に実施した安全性評価において、最高評価の「トップセーフティピック+」に選んだ38モデルを発表した。この評価を得るには、IIHSの耐衝突性試験の5項目全てにおいて、最高の「優良(Good)」判定を受ける必要がある。過 ...

  • 3人の専門家が語る「ジェンダー・ギャップを乗り越える組織の条件」

    水口 万里 , Forbes JAPAN 編集部

    より組織に貢献できる形で女性が活躍するために、組織そのものはどのように変わればよいのか。フォーブス ジャパンが昨年開催した「JAPAN WOMEN AWARD 2016」のアドバイザーを務めた日米の専門家にその条件を聞いた。女性の活躍という課題の枠を超え、組織のありかたを見直すヒントとなるはずだ。「 ...

  • 加熱するレトロゲーム市場 任天堂の強敵「アナログNTミニ」が来年発売

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    「レトロゲーム」は熱烈なファンが多くいるビッグビジネスだ。ゲーム技術が飛躍的な進歩を遂げる一方で、昔懐かしいゲームにノスタルジーを感じる往年のゲーマーは多い。レトロゲームは今、爆発的な盛り上がりを見せている。こうした人気に拍車を掛けようとしているのが、アナログ・インタラクティブ(Analogue I ...

  • 日本の給与ランキング、高い会社75と安い会社25

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「給与所得者」とひとくくりにするにはあまりにも差がありすぎる?他社の給与と比較して、自分の会社は高給なのか、それとも……。昨年に引き続き、1位はM&Aアドバイザリー企業のM&Aキャピタルパートナーズ。2位には昨年5位のGCAサヴィアンが入るなど、企業の買収 ...

  • 世界で最も有力なブランド・ランキング、レゴが再び首位に

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    ブランドコンサルティング会社の英ブランド・ファイナンスは先ごろ、2017年版「世界で最も有力なブランド・ランキング」を発表した。今年の1位はプラスチック製組み立てブロック玩具のレゴで、昨年の2位からトップに返り咲いた。前回の首位はディズニーだった。ブランド・ファイナンスは毎年、「ブランド価値」「マー ...

  • フェイスブックが「視線」の広告利用開始へ 新VR企業買収で

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    フェイスブックが視線トラッキング技術のスタートアップ企業、Eye Tribe社を買収した。金額や詳細は明かされていないが、フェイスブック傘下のオキュラスにこのテクノロジーが投入されることは明らかだ。Eye Tribeは2011年に設立されたデンマークの企業。アプリ開発者向けに視線トラッキングAPIを ...

  • 任天堂スイッチ、5つの重大疑問 モバイルは本当に需要ある?

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    ニンテンドースイッチはゲームファンらには比較的好評のようだが、投資家は発表内容に落胆し任天堂の株価は下落した。しかし、任天堂が強みを生かしてモバイル重視のコンソールを新たに発表したことは良いことだ。WiiやWii Uで犯した間違いからの学習も見られる。 しかし、スイッチにはいくつかの重大な疑問が残る ...

  • 「20歳を過ぎてしまったらすべきこと」 メタップス佐藤航陽社長

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    大学1年生で起業、AIを活用したサービスを展開し、アジア市場を席巻中の佐藤航陽氏。ユニークなアイデア創出の鍵は、徹底した時間管理と常に限界に挑む姿勢にあった。起業してから今年で10周年を迎えます。事業は、個人的には仕事というよりも探究といったほうが近いですね。自分の知りたいこと、やりたいことを、思い ...