• 5.6億台のiPhone強制リセット、ハッカーが予告 自分の端末を守るには?

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    「ターキッシュ・クライム・ファミリー(トルコ犯罪一家)」を名乗るハッカー集団が、アップルのicloud.comとme.comのドメインを持つ電子メールアカウント最大5億5900万件のログイン情報を入手したと主張し、アップルに「身代金」を要求している。ニュースサイト「マザーボード(Motherboar ...

  • 「買うべきではない車」新型10モデル、今年も複数調査から決定

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    最近の新車の中から、機械的な面で評価が低いものを見つけることはますます難しくなっている。消費者のレビューなどで問題視されるのは、車そのものではなく使いづらくて混乱するインフォテインメント・システムや、難しいスマートフォンとのペアリングなどだ。最も平凡で人気のない車でも、10~20年前のモデルに比べれ ...

  • 精神的に強い人が「絶対にしない」10のこと

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    精神的な強さは、全く予期していないときに起きたことによって試されるものだ。その人の精神的なタフさは、困難なときに何をするかではなく、何をしないかというところに明確に示される。精神的に強い人が決してしない10のことを学べば、あなたも自分の精神力を高めることができるはずだ。1. 失敗にこだわらない精神的 ...

  • 自撮り中の事故死が増加 75階建て屋上で宙づりの露モデルに批判

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    有名になろうとして撮影していた写真で、命を落とすこともある。また、危険な写真の投稿により、インターネット上で批判にさらされることもある。アラブ首長国連邦のドバイを訪れていたロシアのモデル、Viktoria Odintcovaは当局から、地上約300m、75階建ての「カヤンタワー」の屋上で許可を取らず ...

  • 森友問題、証人喚問で露呈した「国の落ち度」

    長嶋 修 , CONTRIBUTOR

    学校法人「森友学園」への国有地売却問題をめぐり、3月23日に行われた証人喚問で籠池泰典理事長は「土地取引に神風が吹いた」と証言した。政治的な関与があったかを問われると「あったのだろうというふうに認識している」と答えた。ゴミ撤去費8億1900万円を引いて1億3400万円となった売却額について「想定外の ...

  • あなたを確実に「より賢くみせる」10の戦略

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    他人から賢い人だとみなされることは、私たちが実際にどれだけ賢い人間であるかと同様に重大なことだ。そして、すでに明らかにされているとおり、私たちの行動のうち「知能」によって説明がつく部分はわずか20%程度で、残る80%のうちの多くは、「心の知能指数(EQ)」によって決定付けられている。遺伝学的に自分を ...

  • 中国の若者が激怒した「ヴィクトリアズ・シークレット」の失態

    Helen H. Wang , CONTRIBUTOR

    ヴィクトリアズ・シークレットは先日、パリで開かれたファッションショーで、中国人消費者を引き付けるために、ドラゴンをテーマにした下着を披露した。スーパーモデルのエルザ・ホスクは体にドラゴンを巻き付けて登場。アドリアナ・リマはドラゴンが刺繍されたスチレット・ブーツを身に着けた。しかし、中国人の若者の目に ...

  • 森友学園問題、国による「買い戻し」が難しい4つの理由

    長嶋 修 , CONTRIBUTOR

    学校法人「森友学園」が小学校設置の認可申請を取り下げた。これで土地売買契約の前提がくずれ、森友学園は違約金として売買代金の10パーセント、1340万円の支払い義務が生じる。その上で財務省は土地を買い戻す方針だ。しかし、実際に問題として買い戻しのハードルは高い。それはなぜか。まず、買い戻しにあたっては ...

  • 「インド人富裕層」の人口爆発 2025年には3300万人突破予測

    Kenneth Rapoza , CONTRIBUTOR

    今から10年も経たないうちに世界のあらゆる産業は3つの市場にフォーカスしていくことになる。アメリカと中国、そしてインドだ。インドには若い人口が多く、消費意欲が活発でインド人たちはテクノロジー好きだ。インドは中国に次ぐポジションを得ようとしている。ボストン・コンサルティング・グループ(BCG)は3月2 ...

  • 中国のセックス産業で働く女性は「1千万人以上」 現地小説家が試算

    Russell Flannery , Forbes Staff

    少なくとも1000万人の女性が中国の違法セックス産業で働いていると、中国の社会問題をテーマにした小説の著者が試算している。ベルギーの人口に匹敵する数の女性がセックス産業に従事していることになる。小説「Lotus(ロータス)」の著者の張麗佳(Lijia Zhang)は、自身の試算は国連による試算の40 ...

  • 女性スタートアップ起業家が投資家へのピッチで勝ち残る方法

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    女性起業家にとって、女性をターゲットにした商品を投資家に売り込むことは容易ではない。なぜならベンチャーキャピタル(VC)の世界は男性が主流であり、トップの93%は男性だからだ。女性起業家の多くは、ピッチの場にいる男性投資家たちに「妻に意見を聞いてみるよ」と言われた経験があるだろう。あるいは、彼らは女 ...

  • 中国人旅行客のマナーは改善するのか 政府も「教育」に四苦八苦

    Wolfgang Georg Arlt , CONTRIBUTOR

    中国政府は近年増加を続ける海外に向かう旅行者たちを、自国が海外と交流を行う手段の一つと考えている。言い方を変えると、ソフトパワーということになる。李克強首相は、昨年5月の北京の世界ツーリズムカンファレンスで、その考えを明らかにした。ソフトパワーという概念は2007年、胡錦涛前主席の中国共産党第17回 ...

  • 「アジアの富豪一族資産ランキング」発表、日本は二家族がトップ50入り

    Keren Blankfeld , FORBES STAFF

    フォーブス アジアは11月9日、「アジアの富豪一族資産ランキング」を発表した。2度目の発表となるランキングのトップは、昨年に続きサムスンの李一族。上位10家族の顔触れにはほぼ変わりがないものの、順位には変動がみられた。【昨年のランキング】また、日本からはサントリーを経営する佐治家が18位に、森ビルの ...

  • 新スマホを「中国で売らない」中国メーカー、ジオニーの奇策

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    中国のスマホメーカーGionee(ジオニー、金立)は新モデルの A1とA1 Plusを発表した。同社は中国のスマホメーカーとしては出荷台数でファーウェイやOppo、Vivo、シャオミに次ぐ業界4位から5位のポジションにあるメーカーだ(中国メーカーのランキングは毎月のように変動する)。しかし、この最新 ...

  • 今年「買わない方がよい車」13モデル発表、米の複数調査から判断

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    最近の新型モデルは、かつての車とはかなり違っている──もちろん、良い意味で異なっている。本当にひどくダメな車がディーラーの店頭に並ぶことは、非常に珍しいことになった。だが、なかには信頼性に疑問符が付き、再販価値が低くなるものや、時代遅れのデザインや技術を採用しているものもある。現在の平均的なモデルは ...

  • ノキア、ガラケー時代の名機「3310」を復刻 約50ドルで発売へ

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    2005年に製造停止になっていたノキアのフィーチャーフォンの名機「Nokia 3310」が復活する。2000年に発売されたNokia 3310は、累計1億2600万台が製造され、使いやすく壊れにくいモデルとして人気を博していた。ノキアはNTTドコモをはじめ日本の通信キャリアにも多くの製品を提供し、日 ...

  • アップルの「赤いiPhone」は中国人消費者の心に響くのか

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国のスマホ市場における熾烈な競争と政府の規制には、アップルも苦戦を強いられてきた。そのアップルが世界第2位の市場である中国でiPhoneの販売台数を増やすべく、新たな戦略を発表した。アップルは上海と蘇州にリサーチセンターを設置し、少なくとも35億元(約566億円)を中国市場向け研究開発に投資すると ...

  • 国民の幸福度、パキスタンがインドに勝る理由

    Panos Mourdoukoutas , CONTRIBUTOR

    パキスタンにはインドよりも、幸せを感じている人が多くいるようだ。3月20日に発表された「世界幸福度報告書(World Happiness Report)2017」によると、155の国・地域を対象とした幸福度ランキングでパキスタンは80位、インドは122位だった。パキスタンの株式市場に投資している人た ...

  • 世界が仰天した「日本車の変な名前」ワースト7 名前が男性器の車も

    Peter Lyon , CONTRIBUTOR

    筆者は過去約30年間にわたり、日本の自動車業界を中心に執筆活動を行なってきた。日本車の車名にはオデッセイやランドクルーザー、MX-5など、他のどんな言語に訳してもクールな響きを持つものも多い。しかし、なかには「一体なんでこんな名前をつけてしまったんだ?」と思わざるを得ない名前があることも事実だ。ここ ...

  • 世界で最も低燃費なEVカー 10車ランキング

    Joann Muller , FORBES STAFF

    フォーブスは世界の市販車の中から最も低燃費なクルマ10選を発表した。1位にBMW、2位にシボレー、3位にフォルクスワーゲンがランクインしたほか、日本車では日産リーフが5位に選ばれている。以下にランキングの詳細を掲載する。 第1位:BMW i3 137111 e-mpg (58.247.2km ℓ) ...

  • 米自動車「初期品質調査」、ホンダに驚きの結果 1位は起亜

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米国で販売されている自動車の初期品質調査で、韓国・起亜自動車の「キア」が第1位になった。トヨタ自動車や現代自動車だけでなく、ポルシェやレクサスなどの高級車ブランドも抑えての首位に、驚きと称賛の声が上がっている。調査会社J.D.パワーが同調査を開始して以来、高級ブランドに分類されないブランドがトップに ...

  • 世界で最も稼ぐセレブリティランキング 1位はテイラー・スウィフト、175億円

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    テイラー・スウィフトは「1989」という数字に特別な感情を持っているに違いない。自分が生まれた年であると同時に、大ヒットを飛ばしたアルバムのタイトル、そして業界新記録を打ち立てたツアーの名前だからだ。そんな彼女にもうすぐ、もう一つお気に入りの数字ができそうだ。それは「1億7,000万」。彼女がここ1 ...

  • 凄いスタートアップ、メルカリの「働き方」はここが違う!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「ルールを増やすと、つまらない会社になってしまう。ずっとそう言い続けてきた」組織の設計思想として、「性善説」を掲げるメルカリ。取締役の小泉文明は、働き方の自由を縛るルールをなるべく作らずに、組織を運営することを強く意識する。社員への情報のオープン化も、そうした理念を反映した施策の一つ。給与やストック ...

  • 400万円のテスラは「イーロン・マスク伝説」終わりの始まりか

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    EVメーカー、テスラのイノベーションに関してはある種の宗教じみた熱狂が高まっている。そこに資金を注ぐ投資家らはもちろん、テスラに乗るユーザーたちも同社のバラ色の未来を信じているかのようだ。しかし、同社のモデルSやモデルXには相次いで不具合も報告されている。顧客満足度調査を行うJ.D.パワーはその実態 ...

  • フェイスブック「ユーザー離れ」鮮明 投稿数が3分の2に

    Paul Armstrong , CONTRIBUTOR

    フェイスブック利用者の投稿件数が大きく減少していることが、最新の調査によって明らかになった。マーケティング企業のMavrckは、2016年のフェイスブック上の投稿2,500万件を調査したリポートを発表した。それによると、ユーザーによる投稿数が2015年に比べて29.49%減少したという。一方、ニュー ...

  • ノキアのスマホが完全復活 米国で3端末が販売開始へ

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    先日開催されたスペインのモバイル・ワールド・コングレス(MWC)で、フィーチャーフォンの名機「Nokia 3310」の復活を宣言したノキアが、米国でスマートフォンの販売を再開することが確実になった。MWCでノキアの親会社のHMD Globalはノキアの名を冠した3種類のスマートフォンを発表していた。 ...

  • 侮れない「クーポン」の威力、節約を妨げる可能性も

    Bryan Pearson , CONTRIBUTOR

    たとえブランドに忠実な消費者でも、その69%は買い物中に店内で商品の値引きに関する情報を得れば、普段購入しているブランドではなく値引き対象の商品を購入するという。マーケティングを支援する米バラシス(Valassis)が先ごろ発表した報告書によると、調査対象者の約80%は、いつもは購入していないブラン ...

  • 2017年版「環境に最も有害な車」12モデル

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    どんな話にも、始まりと終わり、陰と陽という2つの側面がある。米国エネルギー効率経済協議会(ACEEE)は今年も、環境に最も優しい車12モデルに加え、環境に最もつらく当たる12モデルを発表した。ACEEEが作成した昨年までの数年間は、その「最も有害なモデル」のリストに名前が挙がったモデルの大半は、エン ...

  • フェイスブックの採用担当が面接で聞く、たった一つの質問

    George Anders , CONTRIBUTOR

    フェイスブックでグローバル人事部門を統括するロリ・ゴーラーが、採用面接で最大限の結果を引き出すための質問を教えてくれた。ウォールストリートジャーナル主催のカンファレンスでゴーラーが明かしたその質問とは、「これまでの仕事のキャリアで最高の一日をあげるとしたら、どんな日でしたか」というものだ。この質問で ...

  • 商品・店舗・サービスに変化 米スーパー業界の4大トレンド

    Laura Heller , CONTRIBUTOR

    食料雑貨店の業界で、その根本が揺らぐような変化が起きている。それにより、顧客の買い物体験はより良いものになると見られている。しかしそれは、小売各社にとってはあまり魅力的な変化とは言えず、中にはこの変化を乗り切ることができない企業もあるだろう。その一連の変化とは、以下のとおりだ。顧客がより健康志向によ ...

  • 任天堂スイッチに関する「重大な懸念」 米国人記者が指摘

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    任天堂の新しいゲームコンソール「ニンテンドースイッチ」の発表が行われた直後、メディアやファンの多くは、ローンチタイトルのあまりの少なさに困惑した。新作ゲームは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「1-2-Switch」「いっしょにチョキッと スニッパーズ」「スーパーボンバーマン R」の4作し ...

  • 麻薬より危険「食べるのをやめられなくなる食品」リスト

    Quora . , CONTRIBUTOR

    研究者らによると、いくつかの太りやすい食べ物は、ヘロインやコカインと同様の依存性があるかもしれないという。ダイエットの経験がある人なら、体重を落とすために自制心を働かすことがいかに難しいかを知っている。脂肪を燃焼する運動も効果的だが、食べ過ぎが脳に影響を与え、依存傾向を強めるという研究結果がある。高 ...

  • iPhone 6とiPhone 7の違い 「買い換える価値」は本当にあるのか?

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    アップルがiPhone 7を一番売り込みたいのは、iPhone 6のユーザーだ。6Sのユーザーの多くは購入時の契約期間がまだ残っているため、すぐにアップグレードすることはできない。それに対し、記録的な売上を達成したiPhone 6はユーザー数が非常に多く、格好のターゲットなのだ。しかし、iPhone ...

  • ストリーミング業界2位、iHeartRadio登録者数が1億人を突破

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    米国最大のストリーミング企業の一つ、iHeartRadioの登録会員数が1億人を突破した。1億人という数字は巨大なものに見えるが、これが「登録会員数」であることは見逃せない。登録会員数というのはアカウントの作成件数を意味し、これがすなわち現在の利用者数を意味するものではない。既にサービスの利用を止め ...

  • 世界15万台のプリンターを不正操作した「高校生ハッカー」の警告

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    先日、世界中で15万台ものプリンターがハッキングされる事態が発生した。ハッカーに乗っ取られたプリンターからは「最悪の事態が生じる前に対策を取るべきだ」という警告とロボットのアスキーアートが勝手に印刷されて出てきたという。被害に遭ったプリンターは、ネットワークやプリンターの設定に問題があったと考えられ ...

  • 世界最大の起業家支援団体「エンデバー」の全貌

    山本 智之 , Forbes JAPAN 編集部

    世界規模に広がる、新しい起業家エコシステムに注目が集まっている。それは創立20年の歴史を持つ米国NPO「Endeavor(エンデバー)」だ。「持続的な経済成長は市場にインパクトを与える起業家によって支えられている」。世界30拠点に活動拠点を構え、世界各地の起業家1400人以上、世界中のメンター300 ...

  • 世界長者番付2017、ビリオネア数は史上最多に

    Kerry A. Dolan , Forbes Staff

    フォーブスは20日、資産総額10億ドル(約1130億円)以上の「ビリオネア」をランク付けした2017年版世界長者番付を発表した。ビリオネアの数は昨年の1810人から13%増えて2043人となり、同番付史上初めて2000人を超えた。ここ1年で資産額が増加した人の数は、減少した人の3倍に達している。今年 ...

  • 遅すぎた共和党の「トランプ離れ」 わいせつ発言、なぜ決定打に?

    Emily Willingham , CONTRIBUTOR

    米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプが、魅力的な女性にはいつも強引に迫っていると自慢げに語った2005年撮影の映像が浮上したことを受け、ついにトランプを見捨てる同党幹部が続出する事態となっている。だが、多方面から聞かれているのが、「なぜいまさら?」という疑問だ。共和党員らは、これまでメキシコ人や ...

  • あなたの上司はリーダー失格? 無能管理職が持つ5つの特徴

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    優れた企業や組織は、昇格したからといって誰しもがリーダーになれるわけではないと心得ており、リーダーシップ開発に真剣に取り組むものだ。だが実際には多くの企業が、新任管理職は指導や指示を受けなくてもおのずと社員の統率法を身に付けていくと勘違いしている。力不足の上司が多い理由の一つに、若いリーダーを育てる ...

  • エアビーアンドビー 宿泊者用「タイニーハウス」建設を計画か

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ニュースメディアThe Informationによると、エアビーアンドビーは一般住宅の裏庭に設置する「宿泊者専用の小屋」の生産の実験を進めているという。この試みが実現すれば、エアビーアンドビーは供給可能物件を大幅に増やす事になり、家のオーナーたちに新たな収益機会をもたらす。今回の記事はエアビーアンド ...

  • 年上の部下、どう扱えば... 若手管理職・経営者がすべきこと

    Ian Altman , CONTRIBUTOR

    自分より若い部下を指導する方法についての手本は多いが、26歳で最初の会社を起業した私は、事業の急成長により、すぐに自分より年上の社員を雇うようになった。それから数え切れないほどの間違いを経て、ようやく年下の上司が年上の部下を統率する方法を見出した。自分の立場を明確にCEOであれ、管理職への昇格であれ ...

  • 自動車テクノロジーの最先端を疾走する、ベルリンの起業家が描く未来

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    自動車大手3社が買収のデジタル地図「HERE」もベルリンから生まれた──。21世紀初頭からモビリティの未来を見つめ続けてきた男が歩いた道を辿る。ドイツのモビリティ分野のイノベーションはこの人を抜きにして語れない。“ベルリンのスタートアップ界のリチャード・ブランソン”と呼ばれる ...

  • 金正男暗殺事件に新展開 マレーシア雇用主の正体(上)

    古川 勝久 , CONTRIBUTOR

    殺された金正男の長男が動画で声明を出す一方、マレーシアと北朝鮮は報復措置の応酬をエスカレートさせている。昨年まで捜査にあたってきた国連安保理の北朝鮮制裁委員会の元メンバー、古川勝久氏が新たな展開をレポートする。北朝鮮に心酔するマレーシア人次の言葉は、朝鮮中央通信に引用された、あるマレーシア人の言葉で ...

  • 世界初の旅客ドローン「EHang」は本当に人を乗せて飛べるのか

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    ドバイの首長は、2030年までに市内の輸送手段の4分の1を自動運転にするという目標を掲げている。この任務の遂行に当たっているのが、道路交通庁の責任者であるMattar Al Tayerだ。彼は「今年の夏にはドローンタクシーがドバイの空を飛び回っていることを期待する」と述べている。ドローンタクシーを開 ...

  • 裸で眠ると健康でリッチになる、その4つの理由とは

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    裸で眠ると熟睡できてお金が貯まり、ストレスが減り、体重も減る──そう言われたら、あなたはどうするだろうか。これらの効果を得るための方法は、数えきれないほど紹介されている。だが、裸で眠ることより簡単に実行できるものはない。さらに、裸で眠ればその他の効果も得ることができる。実際に裸で眠っているという人は ...

  • 上司に絶対教えてはいけない、あなたに関する10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    職場というのは奇妙な場所だ。仕事の場であり、社会的な場でもあり、それぞれの側面が持つエネルギーが交錯する場だ。私たちは同じ職場の人たちに対して友好的であろうとし、また率直であろうとするが、そうした中でもやはり、社会的なつながりではなく、仕事上のつながりという枠組みに縛られている。あなたにとっての上司 ...

  • ベビーブーマーからミレニアル世代へ、米ワイン業界が「伸び悩み」に直面

    Thomas Pellechia , CONTRIBUTOR

    アメリカでは1968年から20年にわたり、いわゆるベビーブーマー世代の貢献によって1人当たりのワイン消費量がそれまでの2倍に増加した。今でもその世代は、米国内のワイン売上の約40%を占めているが、彼らの存在がワイン業界の今後に暗い影を落とす可能性がある。世論調査会社ギャラップが2005年に実施した調 ...

  • 最先端の文字認識技術が切り拓くAIの可能性

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2015年8月に創業したAI inside。創業してわずか1年半にもかかわらず、人工知能(AI)を使った手書き文字の認識技術を金融、広告、不動産分野に提供している。将来的には未来予測にも進出する考えだ。同社の創業者で代表取締役CEOの渡久地 択にこれまでの道のりを聞いた。最初に起業したのは ...

  • 米消費者に「最も長く保有される車」ランキング、日本車がトップ10を独占

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    調査会社IHSオートモーティブによると、米国で販売された新車の平均保有期間は6.5年だという。2006年には4.3年だったが、新車の平均価格が3万5,309ドル(約404万円、自動車価格情報のケリー・ブルー・ブック調べ)に上昇している他、ローンの返済期間が最長8年というプランも提供されるようになって ...

  • なにがなんでも避けるべき有害な人10タイプ

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    有害な人間は、ものの道理とは無縁だ。自分が周囲にどれほど悪影響を及ぼしているか気づかないおめでたいタイプもいれば、周りを混乱させたり他人を怒らせたりすることに歓びを見いだすタイプもいる。自分とは異なる人々との付き合い方を学ぶことは大切だが、本当の意味で有害な人に時間とエネルギーを割く価値はないし、彼 ...