• 安藤忠雄が世界で手がけた「夢の邸宅」5選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「私の建築家としての経歴は、個人宅の設計から始まっています」と語るように、安藤忠雄の実質的なデビュー作となったのは、「住吉の長屋」(1976)だった。その後、海外で初めての住宅設計となったアメリカの実業家のための「シカゴの住宅」(97)メキシコの資産家のための「モンテレイの住宅」(2011)など、そ ...

  • インスタグラムを発掘した「一匹狼の投資家」の哲学

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「ミダス・リスト2016」2位のスティーブ・アンダーソンは、インスタグラムへの創業時の投資で知られる、慧眼の投資家だ。なぜ彼は、次なる“鉱脈”を誰よりも早く、次々と発掘できるのか。アンダーソン流の投資哲学に迫る。その時、2人の若き起業家は岐路に立っていたーケビン・シストロムと ...

  • 世界の富豪たちが「安藤建築」に託す夢

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「仕事の依頼は大抵、突然事務所にかかってくる電話から」。世界の富豪たちは、「邸宅」という彼らの理想を体現する最後のプライベートの夢を、安藤忠雄にどう託し、彼はいかに応えているのだろうか。私の建築家としての経歴は、個人宅の設計から始まっています。1970年代から40数年、海外や日本で個人宅をたくさんつ ...

  • 多様な人材が期待以上の成果を挙げる、オンサイト型会計アウトソーシング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    クリエイティブな経営手法で会計業務の常識を次々と覆すサンライズ・アカウンティング・インターナショナル、西山昌彦社長。本誌副編集長谷本有香が有能な人材を揃える同社の秘密に迫る。谷本有香(以下谷本):御社は、国内上場企業、外資系、製薬、アパレル、金融、ITなど、業種を問わずさまざまなお客様と取引されてい ...

  • 【鼎談1万字!】日本のマネーマスター3人が語る「資産大国ニッポン」への道

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本を、金融市場を活性化するためには、何が必要なのか。ゆうちょ銀行の佐護勝紀副社長、GPIFの水野弘道最高投資責任者、本誌編集長の高野真。巨大マネーを動かしてきたマネーマスター3人に、資産運用の未来を聞いた。高野:我々3人は同時期に外資系金融機関で働いていました。それぞれ企業や立場の違いはありました ...

  • PwC「グロバール情報セキュリティ調査」が教える日本の課題

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    PwCコンサルティングは2016年11月、「グローバル情報セキュリティ調査2017」を発表した。サイバー攻撃の件数が増加する中、セキュリティ対策の重要性は日に日に増している。世界でサイバーテロへの不安が広がる今、サイバー空間におけるセキュリティの重要性は日に日に増している。では、企業が多くの予算を割 ...

  • 「信頼を勝ち取る言葉」が日本の投信業界にイノベーションを生む/インベスコアセット

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    信頼が重視される金融の世界で、投資家に商品の特性をわかりやすく伝え、情報の非対称性を解消する強力なツール。それは「信頼を勝ち取る言葉」。インベスコは、その言葉の力を体得させる日本向けの研修プログラムをスタートさせた。日本では、1万円の投資信託を買う消費者も、富裕層の方々であっても、金融商品や投資商品 ...

  • 最新のポルシェが生まれる最新鋭のファクトリー

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    ライプツィヒという地名を聞いて、たいていの人はゲーテの代表作である『ファウスト』を思い出すだろう。若き日の文豪が足繁く通っていた酒場、アウアーバッハス・ケラーは、小説の中だけではなく、旧市街に今でも実在する。古き良き中世の趣を残す町並みではあるが、旧東ドイツに属するエリアならではの高い失業率につい最 ...

  • 日本が「働き方後進国」を脱却するために必要なこと

    鈴木 裕也 , CONTRIBUTOR

    2016年ほど、「働き方」に世間の注目が集まった年はない。「人生100年時代」に適応するための未来図とはー。ベストセラー『ライフ・シフト』共著者に聞く。長寿国家の日本は、本来ならいち早く「人生100年時代」に適応する取り組みを進めていなければなりません。それなのに、働き方のバリエーションが乏しく、1 ...

  • 【対談】ポルシェ ジャパン七五三木社長xサイボーグ 遠藤謙「動く喜びを与えたい」

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    創業者であるフェリー・ポルシェの言葉「私は自分が理想とするクルマを探したが見つからなかった。だから、自分で作ることにした」を引用し、起業家精神あふれる経営者たちを称賛するポルシェ ジャパン代表取締役社長の七五三木敏幸。日本の起業家を称えるForbes JAPAN START UP OF THE YE ...

  • 7つのキーワードでヒモ解く「アメリカズカップ」のすべて

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「スポーツ」というカテゴリーだけでは語りきれないアメリカズカップ。歴史、政治、国家の威信…いろいろな背景を知れば最高の楽しみ方ができる! 今回は7つのキーワードでその魅力を紹介する(観戦レポートはこちら)。1. 世界最古の国際スポーツトロフィーサッカーのワールドカップより79年、近代オ ...

  • ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ福岡 「海のF1レース」観戦記!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界最高峰の国際ヨットレース「アメリカズカップ」。その前哨戦となる「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・ワールドシリーズ 福岡大会」が、2016年11月19、20日の2日間、念願の日本開催を果たした!165年にも及ぶ伝統あるレースが、アジア地域で開催されるのは史上初のことだ。今回は、2017年5~6月 ...

  • サカナクションが語る「未来を切り開く、音の可能性」

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    11月某日、都内でフォーブス ジャパン2月号の表紙撮影が行われた。そこに集まったのは、人類初の“月面レース”に参戦するチーム「HAKUTO」の袴田武史代表、それを支援するKDDIの田中孝司社長、そして、人気バンド、サカナクションの山口一郎の3人。その撮影の合間に、山口は「実は ...