• 人や企業の成長に必要な「真っすぐさ」を問い直せ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、モバイルファクトリーの宮嶌裕二代表取締役が、努力と成長を描いた青春漫画「BLUE GIANT」を紹介する。「絶対に世界一のジャズプレーヤーになる!」主人公の大(ダイ)は高校生で、まだサックスを始めた ...

  • エル・ブリの独創性の秘密は、『多国籍企業』的な組織にある

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ヒットを出した後、進化を止めてしまう企業は少なくない。イノベーションのジレンマに陥らず、新たなアイデアを生み続けた秘訣を稀代の名店から探る。レシピやメソッドの記録からオープンな組織まで、フェラン・アドリア率いる名店「エル・ブリ」には独特の組織文化があった。同店の密着取材を許された米コロンビア・ビジネ ...

  • 村づくりという100年越しの夢/池の平ホテル・矢島義拡社長

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    中学生で訪れたスイスの小さな街の風景が忘れられず、祖父の事業を引き継いだホテル経営者の矢島義拡氏。と地域活性、人材育成のためのアイデアを聞いた。長野県の白樺湖周辺でホテルを中心に高原リゾートを経営しています。終戦後、私の祖父は開拓者としてこの地に入植し、農業・酪農を経て、登山客を泊める民宿を始めまし ...

  • 好奇心に火をつける「変な宿題」

    電通総研 Bチーム , CONTRIBUTOR

    ノーベル賞の受賞記者会見のたびに言われる「興味、好奇心が大事」というセリフ。大賛成しつつも、学校や研修など教育の現場で、それはどうやって育んでいけばよいのだろうか。その鍵はきっと「変」である、という変な仮説をここに発表する。「1週間が8日に増えたら、その1日何をしますか?800字以内で書きなさい」 ...

  • 親の急死に奮い立った、先義後利の起業家

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    松田忠浩が2016年2月に創業したBOLSTERは、「親孝行、お届け便。」などのサービスを提供するスタートアップ。スマートフォンに保存した写真データから手軽に、きれいな手紙を作成する同サービスは、「さあ、親孝行をはじめよう。」というキャッチコピーさながら、孫の写真を離れて暮らす両親に郵送するなどの利 ...

  • 1位はカカ、MLSで最も稼ぐ選手ランキング

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北米プロサッカーリーグ「メジャーリーグサッカー(MLS)」が発足してから20年。クラブ数は20へと倍増し、昨年はESPNやフォックス、ユニビジョンと年間9,000万ドルの大型放映権契約を締結した。クラブの平均的な資産価値も、2013年から80%増の1億8,500万ドルに達し、飛躍の時を迎えている。質 ...

  • 生活習慣を変える「スイッチ」を入れるために必要なこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    生活習慣が病気をもたらしたのなら、まずは生活習慣を大きく変えるのが重要だ。では、習慣を変えるにはどうしたらよいか。筆者の体験を紹介する。「人が変わったように」という言い方がある。突然スイッチが入って急に行動が大きく変わってしまうことだが、それはどういう瞬間に現れるのだろうか。例えば、スイッチを入れて ...

  • 発想法に効く! 創造力を刺激する名著12選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    クリエイティビティを育てる環境や方法論は十人十色。そこで、発想法やイノベーションに効く名著 12選をご紹介しよう。METHOD メゾッド1.『アイデアのちから』チップ・ハース(著)ダン・ハース(著) 飯岡美紀(翻訳)日経BP社刊 ¥1,728強烈なアイデアは人を動かし、歴史すら変えるー。ソニ ...

  • 「アイデアの流れ」を理解すれば、発想力は高まる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    クリエイティビティとは、1人の頭の中で生まれるものではないー。知識や経験が結びつき、アイデアは磨かれていくのだ。この「流れ」を意識すれば発想力は高められる。アップル共同創業者、スティーブ・ジョブズのような天才が生み出したプロダクトの数々を目にして、「自分にはクリエイティビティ(創造力)がない」と落胆 ...

  • AIが小説を書く、その仕組みと未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI小説家が書いた小説が、「第3回星新一賞」の一次審査を突破した。コンピュータの感性は、どこまで育ってきたのか。“その日は、雲が低く垂れ込めた、どんよりとした日だった。部屋の中は、いつものように最適な温度と湿度。洋子さんは、だらしない格好でカウチに座り、くだらないゲームで時間を潰している ...

  • ECからリアル店舗へ、男性シェイバーHarry'sの挑戦

    Steven Bertoni , FORBES STAFF

    男性用シェーバーのスタートアップとして成功しているハリーズ(Harry’s)。ECでブランドを築いた同社が、次に狙うのは“リアル”の売り場だ。シェーバーを扱うスタートアップは幾つかあるが、その中でも注目はハリーズだ。高級感を売りにブランドを築き、商品をECサイトで ...

  • 中国が失った「大国の条件」

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    冷え冷えと小雨が落ちる上海の夜半である-。暗闇に紛れて三人の青年が、辺りを憚りながらひび割れた老朽ビルの地下室に参集した。湿っぽく異臭の立ち込める狭い部屋で燈火を付ける。ある青年はポケットからリード線、別の青年は帽子に忍び込ませた部品を取り出す。幼顔を残す一人が上着に隠し持ってきたのは古いスピーカー ...

  • IBM「デザイン思考の定着」への挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    IBMは2017年までにデザイナーを1500人に増員すると発表し、デザイン思考の実践へ大きく舵を切った。自社の組織に理想的なデザイナーの人数を算出し、大量の新規採用をするという大胆な策に出たのだ。全く異なる仕事の仕方や思考方法を組織に定着させるにはどうすればよいのか。IBMでDistinguishe ...

  • 「想いが届く」ラジオの可能性[小山薫堂の妄想浪費 vol.17]

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第17回。薫堂少年をメディアの世界へと誘いざなったのは、熊本は鶴屋百貨店のラジオ番組。世界の隅々まで声と想いが届く“ラジオ”の魅力をあらためて考えてみた。前号で百貨店の魅力について書いたのだが、ちょっとだけその ...

  • 潜入! 「世界で最も美しい」ロールス・ロイスのビスポーク工場

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “ずば抜けた富裕層(=Super Wealthy)”に向け、究極の高級車ブランドらしい“最高級の体験”を提供。顧客が想像しうる全てを叶えるビスポーク工場、夏限定の“サマー・ストゥディオ”はその一端をなす取り組みだ。究極の高級車。 ...

  • 社内の壁突破の秘訣は「ビジョン・数字・政治」にあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    大企業の中から、イノベーションを起こす人材として、イントラプレナー(社内起業家)に注目が集まっている。日本を代表するイントラプレナーを紹介する本連載の2回目は、トーマツベンチャーサポート(TVS)で事業統括本部長を務める斎藤祐馬氏(33)。(第1回はこちら)公認会計士としてトーマツに入社した斎藤は、 ...

  • 【作家対談】竹内 薫x波多野 聖 人工知能が「小説の世界」を現実にする日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    AI(人工知能)が金融市場に投入された世界を描く、連載小説「バタフライ・ドクトリンー胡蝶の夢ー」。作家・波多野聖が考える“近未来”を、サイエンス作家の竹内薫はどう見たのか? AIと量子コンピュータを巡る「3つのテーマ」をもとに語り尽くした、スペシャル対談。ーAI(人工知能)と ...

  • スタートアップの敵? 世界で最も起業コストが高い都市TOP10

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    コストこそ、スタートアップにとって最大の敵ー。だが、都市部のクリエイティブな地域の地価は決して安くない。英不動産コンサルティング会社ナイトフランクの調べによると、ロンドンのショーディッチ地区が世界で最も起業コストが高いようだ。600平方フィート(約17坪)当たり6万6,706ドルもする。次いで、ニュ ...

  • インスタグラム・シストロムCEOの「運命を変えた出来事」

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    大学でふらっと立ち寄ったカリグラフィーの講義で、文字の美しさに魅了されたことがきっかけだったー。スティーブ・ジョブズが、マックに複数のフォントを搭載することを決めた逸話は有名だが、インスタグラムのケビン・シストロムにも似たような話がある。スタンフォード大学の学生だったシストロムは、写真撮影を学ぶため ...

  • ダイソン躍進の秘密 失敗を記録する「黄色と黒のノート」

    Chloe Sorvino , Forbes Staff

    紙パックのない掃除機や羽根のない扇風機をはじめとしたデザイン性の高い斬新な家電製品で世を驚かせてきたダイソン。そのアイデアの源泉を探るべく、新設された研究所を訪ねた。紺地のシャツにスニーカー姿のジェームズ・ダイソン(69)は、新しい極秘の研究所「D9」を覆う反射ガラスに鼻を押しつけた。鏡で覆われたよ ...

  • ポルシェ博士の哲学が息づく名車パナメーラ[クルマの名鑑 vol.4]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ポルシェの「変革に挑む勇気」に導かれた名車今でこそ、世界に名だたるスポーツカー・メーカーとして君臨するポルシェだが、若き日のフェルディナント・ポルシェ氏(1875ー1951)は、自らの頭脳をセールスポイントに自動車メーカーの研究開発を請け負っていた。最初に手掛けたのはローナー社製ハイブリッド車であり ...

  • インスタグラムを急成長させた「企業内企業」という環境

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    バブルではないかー。フェイスブックが10億ドルで買収したときの懸念は杞憂に終わった。流行り廃りが激しいSNSの世界で、じわりと台頭してきた写真共有アプリ「インスタグラム」。ユーザー数が3,000人から5億人に跳ね上がった秘密は、その環境とネットワークにあった。フランシスコ法王(79)は、ソーシャルメ ...

  • クリエイティブな人たちはなぜ、シェアオフィス「WeWork」を選ぶのか

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    凡庸なオフィスからは革新的なアイデアは生まれてこないー。シリコンバレーを中心に、多くの先進的な企業でそんな考えが広がっている。クリエイティブな人たちがこぞって入居するという、話題のオフィスを訪ねた。イーストリバーに程近いニューヨーク・マンハッタンの高層ビル。約束の30分ほど前にオフィスを訪ねた我々取 ...

  • 難病患者に福音をもたらす新興製薬企業「バイオマリン」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    10歳まで生きられないだろうー。まだ3歳のライアン・ダントの両親は医師にそう宣告された。症例が少ない、「ムコ多糖症I型」と呼ばれる遺伝性の難病を患っていることがわかったからである。ところが、ライアンが9歳になる直前のことだった。新興企業バイオマリンが治療薬「アウドラザイム」を開発したのだ。3人目の治 ...

  • 「繊細」な男性経営者を支える敏腕女子、エウレカ副社長 西川順

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「会社を始めて、失敗するイメージがなかったんですよね」「アメリカの会社に買収され、言うことを聞かされているのだろう、と思われがちですが、そんなことはない」発する言葉に、一切の迷いがない。「ついていけば大丈夫」と思わせる、説得力がこの人にはある。恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」を提供するエウ ...

  • 組織論と発想法から読み解く、伝説のレストラン「エル・ブリ」の秘密[後編]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミシュランガイドの三つ星に加え、レストラン・マガジンで世界一に輝くこと5回。2011年に閉店したスペインの名店「エル・ブリ」は、独創的な料理で人々を魅了し続けた。天才シェフ、フェラン・アドリア率いる同店の取材を許された筆者がそこで見た創作の秘密とは?(前編はこちら)02年以降のエル・ブリでは、料理年 ...

  • 「成功者」の不思議な偶然[田坂広志の深き思索、静かな気づき]

    田坂 広志 , CONTRIBUTOR

    人生において優れた仕事を成し遂げ、世の中から「成功者」と呼ばれる政治家や経営者、学者や文化人について、興味深い調査結果が報告されている。その調査とは、これら「人生の成功者」が書いた自叙伝や回想録を読み、その中で、最も良く使われている言葉、最も多く出てくる言葉を調べたものであるが、その結果は、全く意外 ...

  • 世界に一つだけの靴を作る「地球10周」という距離

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ベルルッティをヒモ解く数字 405,544km1人の職人が1年間に移動する距離「シュール・ムジュール(ビスポーク) スーリエ」(スーリエとは短靴の意)は、職人との対話から始まる。~カスタマーの足に実際に触れることによって、より深く理解する~。これは120年以上続くブランドの伝統儀式だ。1895年創業 ...

  • 組織論と発想法から読み解く、伝説のレストラン「エル・ブリ」の秘密[前編]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ミシュランガイドの三つ星に加え、レストラン・マガジンで世界一に輝くこと5回。2011年に閉店したスペインの名店「エル・ブリ」は、独創的な料理で人々を魅了し続けた。天才シェフ、フェラン・アドリア率いる同店の取材を許された筆者がそこで見た創作の秘密とは?「創造とは、人のマネをすることではない」。この信条 ...

  • 固定観念を打ち砕いた「すし匠」中澤大将との出会い

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    ハワイの乾いた風はいつも疲れた体と心を癒してくれる。今回、仕事で訪れたハワイで大きな収穫があった。江戸前寿司の第一人者である「すし匠」の大将、中澤圭二氏との出会いである。中澤氏もハワイの風に魅了されこの地に来た。そのゆっくりとした語り口は、まるで哲学者のように鋭く、説得力がある。「今や築地の魚はブラ ...

  • クラウドファンディングの元祖、キックスターターが起こす「アイデアの市民革命」

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    せっかく素晴らしいアイデアを思いついても、それを実現する手段がないー。そんな悩みを抱える人たちを支援するサイトが人気を集めている。創作活動の常識を根底から覆したスタートアップをニューヨークに訪ねた。「クレイジーだ。こんなものにお金を出す人なんているわけがない」フレッド・ベネンソン(32)は、自分でも ...

  • FIを「NTTの技術」のショーケースに/庄司哲也社長

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    7月、F1のマクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズはテクノロジー・パートナーシップ契約を締結した。左の写真は、ロンドン郊外のマクラーレン本社で社長の庄司哲也を撮影したものだ。ーーと言っても、F1に興味がない人にとっては気にも留まらぬニュースかもしれない。しかし、ニュースの核心は、むしろサー ...

  • AI研究の権威、レイ・カーツワイルはグーグルで何を目指すのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界は指数関数的に進化する-。人工知能の世界的権威、レイ・カーツワイルがワークスアプリケーションズ主催の「COMPANY Forum 2016」基調講演で語ったこととは。AIは、この数年で大きく進化した。私は14歳の時から、脳がどのように機能し、それをもとに、どうしたらAIが機能するのかを考えてきた ...

  • ソフトバンクの新サービス、デジタルマーケティングの最前線

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    ソフトバンク株式会社が10月に発表した新サービス「SoftBank Ads Platform」。企業が自ら収集・分析したデータに基づいて最適な広告配信が行えるという本サービスについて、同社デジタルマーケティング事業の責任者である藤平大輔氏に話を聞いた。「通信キャリアであるソフトバンクならではのデータ ...

  • 「人事コンサル」が大量失業!?米国で「HRtech買収」が花盛り

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    これまでデータ活用が遅れていた人事分野にテクノロジー企業が参入すると、何が起こるのか?アメリカでHRテクノロジー市場が活況だ。日本でも今年はこの分野のイベントが増えているものの、アメリカと比較すると一歩遅れてブームが到来したという状況だ。アメリカのHRテクノロジー関連企業の数は、2015年時点で40 ...

  • 人材管理から福利厚生まで、日米HRテック20選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人事管理にコンピュータによる自動処理やAI(人工知能)を使ったデータ解析を取り入れたHR Techが現在、世界的に注目を浴びている。日本国内とアメリカのサービスをまとめた。PERFORMANCE MANAGEMENT(人材管理)1. 36(サブロク、日本)データマイニングや最適化といった統計数理技術 ...

  • データ活用が教える「活躍する人、辞める人」

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    アメリカで今、HRテックのスタートアップが続々と誕生。その数は400社を超える。テクノロジーはバックオフィスを、働き方をどう変えるのかー(前編はこちら)。入社5年目のAさんはこの3カ月、残業時間が増えている。休日出勤も多い。気掛かりなのは最近になって、遅刻や欠勤が目立つことだ。「疲れているのだろうが ...

  • 指揮者、西本智実が「音楽家と時計職人」にみる共通点

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    イルミナートフィルを率いる西本智実が、芸術監督と演出・指揮を手がけ、8月に公演されたバレエ『くるみ割り人形』。この舞台には、作品同様、子どもたちに未知の世界への入り口が用意されていた。「完成した舞台を観てもらうだけではなく、ステージやオーケストラ・ピット、たくさんの人々が準備する開演前の舞台裏にも、 ...

  • 乱戦のアメリカ、遅れる日本 「バックオフィス争奪戦」最新事情

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    アメリカで今、HRテックのスタートアップが続々と誕生。その数は400社を超える。テクノロジーはバックオフィスを、働き方をどう変えるのかー(前編)。ある日、人間が開発したロボットが、人類に牙をむくー漫画や映画でたびたび見るテーマだ。「人工知能(AI)」は2030年に人間の能力を超えると言われ、「10年 ...

  • ボッテガ・ヴェネタ、日本初の限定カプセルコレクションを発表

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ボッテガ・ヴェネタ(BOTTEGA VENETA)は今年、大きなアニバーサリーを迎えた。ブランドの創立50周年と、トーマス・マイヤーのクリエイティブ・ディレクター就任15周年だ。このダブルアニバーサリーを記念し、今秋、日本初となる限定カプセルコレクションが発表された。トーマス・マイヤーが特別にデザイ ...

  • 「ヒト」に投資を!従業員のモチベーションを高める人事システム

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界ではHR Techが熱い。アメリカでHR Tech EXPOに参加、帰国したばかりのリンクアンドモチベーションの麻野耕司氏が、アメリカの現状と日本のHR Techをリードする同社の試みについて寄稿した。企業が生き残っていくには、3つの市場で選ばれなければならない。商品市場で事業活動を通じて顧客か ...

  • 大企業とグローバルベンチャーが出会うフォーラム開催[抽選で10名様をご招待]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    オープンイノベーションの引き金となる、日本の大企業とグローバルベンチャーが出会う場が今年も開かれる。グローバル・ブレインが2016年12月9日に行う「グローバル・ブレイン・アライアンス・フォーラム2016(GBAF)」だ。今年は10回目となり、六本木ヒルズで開催される。完全招待制で大企業、ベンチャー ...

  • センサで測り、AIで分析 日立が解明するチームの実態

    大木戸 歩 , Forbes JAPAN 編集部

    チーム内のコミュニケーションがうまく機能しない場面は多くある。日立製作所が開発した、チームワークを測るセンサとは?組織内の「元気度」を可視化する。それを可能にするのが、日立製作所が開発したウェアラブルセンサだ。首から下げる名札に赤外線センサを埋め込み、対面コミュニケーションを計測する。加速度センサは ...

  • 企業経営の守りを固め、イノベーションを支援する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    めまぐるしく変化する現代、スピード感が求められるビジネスの世界で、KPMGは大企業からベンチャーまで、専門家チームによるビジネスのフェーズに合わせた多角的なサービスを提供している。「イノベーション」を抜きに、企業の成長戦略を語ることが困難な時代になってきている。そうした中で、会計監査や税務、アドバイ ...

  • 「911が、嫉妬する」 ポルシェが新型パナメーラを披露

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    2009年に誕生したポルシェの4ドアラグジュアリーサルーン「パナメーラ」が、デビューから7年が過ぎた今年、ついにフルモデルチェンジを果たす。10月8日に東京・表参道で行われた「ニュー パナメーラ」日本向けプレビューをレポート。ブラックのパネルに浮かび上がる新型パナメーラのリアビューと、床に散りばめら ...

  • リクルート発! ZIP WORKで「働き方」が変わる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「スキルや知識を圧縮し、持ち運ぶ」。今年9月、ネーミングにそんな思いを込めた「ZIP WORK」をリクルートがスタートさせた。プロジェクトを推進する二葉美智子に話を聞くと、これは企業にとってもメリットのある、「新しい働き方」であることが見えてきた。ずっと、心に引っ掛かり、忘れられない光景がある。半年 ...

  • AI研究の第一人者が予測する「組織と働き方」の未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人工知能(AI)の普及により、人間の仕事がAIに代替される未来が近い。社会は、ビジネスや組織は、どのような変化を遂げるのか?企業によるAIの活用には、AIそのものを用いた商品やサービス提供と、バックオフィス等での利用が考えられるが、いずれの分野でも日本は諸外国に比して導入が遅れていると、AI研究の第 ...