Scroll

The Shape of
luxury to Come

“暮らし”をラグジュアリーへと導くIDC OTSUKA

世界各国に数多あるインテリアメーカーから価値あるものを吟味して、
半世紀を超えて“豊かな暮らし”の提供を追求してきた大塚家具。
同社が扱う高級家具ブランドのキーマンの言葉から、豊かな暮らしのこれからを読み解く。

1

“座る、寛ぐ”をラグジュアリー化する「ロルフベンツ」

ドイツ南部の街、ナーゴルトで1964年に創業した「ロルフベンツ」は、“メイド・イン・ジャーマニー”の持続性と安全性が保たれた品質、そしてそこから生まれる最高級の快適性を提供している。

2

“手仕事”をラグジュアリー化する「ポルトローナ・フラウ」

世界最大のインテリアの見本市「ミラノサローネ」を開催するなど、常に世界のインテリアシーンをリードしているイタリア。優れた芸術的感性を持ちつつも、いまでも職人の手仕事を尊ぶ姿勢があり、美しいフォルムと極上の素材の融合によって、寛ぎの家具を生み出す。

3

"眠り"をラグジュアリー化する「レガリア」

厚生労働省の調べによると、日本では一般成人の約21%が不眠に悩んでいるという。またOECDの調査では、日本の就業者の平均睡眠時間は7時間36分。これでも十分に長いと思われるかもしれないが、実は最低レベルであり、殆どの国は8時間半以上の睡眠時間を得ているという。日本人は眠りの環境が良くないのだ。

お問い合わせ:IDC OTSUKA 有明本社ショールーム
03-5530-5555
https://www.idc-otsuka.jp