• AIで自閉症を早期発見 乳幼児の「脳のMRI画像」解析で実現へ

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    自閉スペクトラム症(ASD)の早期発見は、家族がサポート体制を組んだり選択肢を探ったりする上で不可欠であるものの、これまで乳幼児期における診断は難しいとされてきた。しかし近い将来、AIによりその超早期発見が可能になるかもしれない。過去の研究により、ASDは脳の過成長と関連すると指摘されている。ノース ...

  • テスラ、今期2.5万台の納車完了 来年は「年間50万台」目指す  

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    テスラは4月2日、2017年第1四半期の納車台数を発表した。台数は四半期あたりで過去最高となり、テスラは年初の株主向けのガイダンス通りの納車台数を達成した。これは非常に前向きな結果だが、イーロン・マスクが掲げる「2018年に年間生産台数50万台」という目標への道のりはまだかなり遠い。テスラは今年3月 ...

  • iPhone 8用チップA11が量産開始 「初回ロットは5千万個」か

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    iPhone向けチップのサプライヤーであるTSMCが、iPhone 8に搭載される「A11」チップの量産体制に入ったことが明らかになった。Economic Daily Newsによると、TSMCは9月に予定されるiPhone 8のリリースに合わせて、7月末までに5千万個を、年末までに1億個を製造する ...

  • 「スナップチャットのパクリ合戦」にサムスンGalaxy S8も参入!? 

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    待望のサムスンGalaxy S8が発表された。筆者はまだ端末に触れてはいないが、その外観や機能は噂された通りの未来感あふれるもののようだ。個人的に気になっていたのは、Galaxyシリーズではホームボタンの位置が、通常のAndroid端末とは逆になっていた点だが、今回のS8では画面内のソフトで入れ替え ...

  • 米国で規制緩和の「ネットの個人情報保護」 人権団体らは大反発

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    米下院において、インターネットのプライバシー保護規則を撤廃する法案が決議される見通しとなった。同法案は、先週上院を通過している。プライバシー保護規則はインターネットサービスプロバイダ(ISP)が顧客のネット利用状況を無断でトラッキングしたり、データを外部に販売することを防ぐことを目的にオバマ政権下で ...

  • 大麻は認知症治療に有効 ノーベル賞受賞者輩出の研究所が主張

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    認知症やアルツハイマー病の治療に大麻が役立つと脳の専門家らは主張しているが、米連邦政府の規制がその行く手を阻んでいる。カリフォルニア州のソーク研究所のチームによると、大麻には認知症やアルツハイマー病の発症につながる脳内に蓄積したアミロイドβたんぱく質を除去する効果があるという。しかし、連邦 ...

  • グーグルから訴訟のウーバー幹部、法廷で「黙秘権」行使か

    Brian Solomon , Forbes Staff

    アルファベット傘下で自動運転を手がけるスタートアップ企業Waymoが、ウーバーを訴えている問題で、ウーバー幹部の刑事責任が問われる可能性はあるのだろうか──。疑惑の中心人物であるアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)の担当弁護士らは、その可能性があると見ているようだ。 ...

  • サムスンGalaxy S8の強みはカメラ性能 レンズの明るさはPixel以上

    Ian Morris , CONTRIBUTOR

    グーグルが昨年発売した「Pixel」は“スマホ史上最高のカメラ性能”との評価を得たが、サムスンが3月29日に発表したGalaxy S8は、カメラのスペックではPixelを上回るものになっている。まず言えるのはハードウェア性能の高さだ。Galaxy S8は12メガピクセルのセン ...

  • アマゾンがキンドルを大幅値引き 「新モデル」投入の前兆か

    Anthony Karcz , CONTRIBUTOR

    米国のアマゾンは電子書籍リーダー、キンドルの大安売りを始めている。プライム会員限定ではあるが「キンドル」や「キンドルペーパーホワイト」「キンドルボヤージュ」といった一連の製品が30〜50ドル引きのディスカウント価格で販売されているのだ。中でも通常価格が約200ドルのボヤージュが約150ドルで提供され ...

  • Wi-FiにつなぐとiPhoneが乗っ取られる!? 恐怖のハッキング手法

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    「ユーザーがiPhoneをWi-Fiに接続しただけで、ハッカーがそのiPhoneを乗っ取ることができる」という、すべてのiPhoneユーザーを不安に陥れる内容の講演が、シンガポールで開催の情報セキュリティイベントBlack Hat Asiaで行われる予定だ。講演を行うのは、中国テンセント傘下のKee ...

  • アップル株が最高値更新 サムスン新モデル発表の「影響はゼロ」

    Brian Solomon , Forbes Staff

    サムスンは3月29日、同社の最新のフラッグシップモデルのGalaxy S8を発表。ベゼル幅を極限まで狭めた大型スクリーンや薄型ボディ、さらに独自のAIアシスタントをアピールした。これはアップルに大きな打撃を与えるものなのか。答はノーだ。少なくとも昨年からの株価の動きを見た場合、サムスンの新モデルはア ...

  • 平均年収は3千万円以上「自動運転エンジニア」獲得戦争の行方

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    自動運転車の開発競争が激化する中、大手企業が技術力のあるスタートアップを次々と傘下に収めている。GMは5億8100万ドルでクルーズ・オートメーション(Cruise Automation)を、ウーバーは6億8000万ドルでオットー(Otto)を買収し、フォードはアルゴAI(Argo Ai)に10億ドル ...

  • トランプの「壁」建設に参加、異色のシリコンバレー企業の凄い技術

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    トランプ政権が進めるメキシコ国境沿いの壁の建設は、費用が210億ドル(約2兆3000億円)に達する見込みだ。このビッグプロジェクトに関わろうと、多くの建設会社がCBP(税関・国境警備局)に申込書を提出している。その中で、あるシリコンバレー企業の参加申請が話題を呼んでいる。その企業とは、カリフォルニア ...

  • ウーバーCEO、韓国の「性的カラオケバーを訪問」 元恋人が証言

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーCEOのトラビス・カラニックをめぐる新たなスキャンダルが噴出した。先週末、ニュースサイトThe Informationはカラニックと同社のバイスプレジデントのEmil Michaelを含む幹部たちが、2014年の出張時に韓国ソウルの女性が接待するカラオケバーを訪れたと報道した。記事ではその模 ...

  • 5.6億台のiPhone強制リセット、ハッカーが予告 自分の端末を守るには?

    Laura Shin , CONTRIBUTOR

    「ターキッシュ・クライム・ファミリー(トルコ犯罪一家)」を名乗るハッカー集団が、アップルのicloud.comとme.comのドメインを持つ電子メールアカウント最大5億5900万件のログイン情報を入手したと主張し、アップルに「身代金」を要求している。ニュースサイト「マザーボード(Motherboar ...

  • 英、テロ捜査でフェイスブックと協議 通信内容の開示要求

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    先週、ロンドンで発生したテロ事件の捜査で、イギリス政府はフェイスブックに対し、容疑者が使用したメッセージアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」の通信内容へのアクセスを求めている。4人を殺害したカリド・マスード容疑者は犯行の約2分前にWhatsAppを起動していたと、デイリーメール紙が報道していた ...

  • アップルの「赤いiPhone」は中国人消費者の心に響くのか

    Yue Wang , FORBES STAFF

    中国のスマホ市場における熾烈な競争と政府の規制には、アップルも苦戦を強いられてきた。そのアップルが世界第2位の市場である中国でiPhoneの販売台数を増やすべく、新たな戦略を発表した。アップルは上海と蘇州にリサーチセンターを設置し、少なくとも35億元(約566億円)を中国市場向け研究開発に投資すると ...

  • ノキアのスマホが完全復活 米国で3端末が販売開始へ

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    先日開催されたスペインのモバイル・ワールド・コングレス(MWC)で、フィーチャーフォンの名機「Nokia 3310」の復活を宣言したノキアが、米国でスマートフォンの販売を再開することが確実になった。MWCでノキアの親会社のHMD Globalはノキアの名を冠した3種類のスマートフォンを発表していた。 ...

  • 新スマホを「中国で売らない」中国メーカー、ジオニーの奇策

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    中国のスマホメーカーGionee(ジオニー、金立)は新モデルの A1とA1 Plusを発表した。同社は中国のスマホメーカーとしては出荷台数でファーウェイやOppo、Vivo、シャオミに次ぐ業界4位から5位のポジションにあるメーカーだ(中国メーカーのランキングは毎月のように変動する)。しかし、この最新 ...

  • AIで心臓発作を予防 モバイルヘルス企業「AliveCor」が34億円を調達

    Miguel Helft , FORBES STAFF

    シリコンバレーのモバイルヘルス企業「AliveCor」は、AIを活用して心疾患予防に革新をもたらそうとしている。同社が開発した99ドルの携帯心電計「カルディアモバイル(Kardia Mobile)」は、機械学習により心電図の異常を検知し、不整脈の早期発見や脳卒中の予防に役立つ。AliveCorのCE ...