• 黒字化成功のドロップボックス、売上10億ドル突破へ 企業利用増加

    Brian Solomon , Forbes Staff

    昨年、黒字化を達成したクラウドサービスのドロップボックスが、売上高でも大きなマイルストーンを達成した。共同創業者でCEOのドリュー・ヒューストンは1月30日、ドロップボックスの年間売上が10億ドル(約1,140億円)を突破する見通しだと発表した。同社は、SAAS(ソフトウェア・アズ・ア・サービス)分 ...

  • 最強のプライバシー保護ソフト「トーア」に関する基本的知識

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    ネットのプライバシーを守る上で最強のツールとされるのがトーア(TOR)だ。1月28日にはネット上のデータ保護向上を訴える、データ・プライバシー・デイのイベントが世界各地で開催されたばかりだが、この機会にトーアについて学んでみよう。トーアはネット上のプライバシーとセキュリティの向上を目的に作られたソフ ...

  • ノキアがモバイル市場に再参入 「中国ファースト」で進撃開始

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    モバイル市場にフィンランドのノキアが再参入を果たす。1月のCESでは「Nokia 6」が展示され、2月にスペインで開催のMobile World Congress(MWC)に向けて、新スマホのスペックも発表された。中価格帯のNokia 6は中国でまもなく発売される予定だ。また、ノキアの元幹部らが経営 ...

  • 任天堂スイッチに浮かぶ不吉なキーワード「コバヤシマル」の運命

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    ニンテンドースイッチについて知れば知るほど、筆者はスタートレックに登場する「コバヤシマル」を連想してしまう。コバヤシマルとは、スタートレックの士官候補生たちが受けるトレーニング課題で、候補生らは宇宙船コバヤシマルを救助するか否かの選択を迫られる。救助することを選ぶと、クリンゴン帝国との条約を破棄する ...

  • 「盗撮サイト」18万人の個人情報流出 政府関係者の性癖も

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    女性のスカートの中を盗み撮りした映像など、「盗撮動画専門サイト」として有名な「The Candid Board」から大規模な個人情報流出が起こった。報道によると約18万名分のメールアドレスや生年月日、ログイン時のIPアドレス、さらにサイトでの「獲得ポイント数」が公開されてしまった。獲得ポイントとは、 ...

  • アンドロイドの「パターンロック」は最悪の安全性という研究結果

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    スマホの画面をロックするのに「1234」や「0000」といった簡単すぎるパスワードを使うのは得策ではない。アンドロイド端末ではパスワード以外に「パターンロック」認証も多く使われるが、このパターンロック認証は思ったよりも簡単に突破可能なことが明らかになった。研究チームによると、わずか5回のトライでパタ ...

  • iPhone 8が「遠隔充電に対応」説はデマ アナリストらが指摘

    Gordon Kelly , CONTRIBUTOR

    今年中に発売が予定される「iPhone 8」に関する憶測が飛び交っている。しかし、ここにきて最も期待された遠距離ワイヤレス充電機能が実装されない可能性が浮上した。遠距離ワイヤレス充電は、端末を充電器から半径約4.5メートル以内に置くだけで充電ができる給電技術だ。しかし、アナリスト集団Copperfi ...

  • ウーバーの年収は安すぎ 米連邦委員会が2千万ドル支払い命令 

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    ウーバーのドライバーの年収が9万ドル(約1,016万円)と聞いて、ちょっと良すぎるんじゃないかと思った人の直感は正しい。しかし、ウーバーは本当にこの金額を払わねばならないことになりそうだ。米連邦取引委員会(FTC)は先週、ウーバーが「実行不可能な高額報酬を提示し、求人を行った」との申し立てを行ない、 ...

  • ロボットに「人権」はあるのか? 欧州議会で議論が勃発

    Federico Guerrini , Contributor

    我々は途方もない時代に生きている。ロボットに権利や義務のある法的地位を与えることの必要性や、ロボットの最低所得を考えるための組織が欧州議会で誕生すると予測できた人は15年前にいただろうか。欧州議会の法務委員会が「ロボットに関する民法のルール」についてのリポートを提出したことでそれが現実となった。法案 ...

  • 任天堂マリオラン、アンドロイド版は無料化すべき 専門家が指摘 

    Erik Kain , CONTRIBUTOR

    任天堂のスマホゲーム「スーパーマリオラン」のアンドロイド版が3月に登場する。iOS版のリリースは昨年12月16日だったから、ずいぶん長い間待たされたことになる。ローンチ時にマリオランは10ドル(日本では1200円)の「買い切り型」の有料ゲームとしてリリースされた。アップルのアップストアでは無料ゲーム ...

  • チャットしながらお金を貯める貯蓄アプリ「Digit」の魅力

    Katheryn Thayer , CONTRIBUTOR

    貯蓄を習慣付けるのは困難だ。毎月の貯金額を決めていても、想定外の請求書が届いたり、ついつい衝動買いをしてしまう。こうした問題を解決するために、Ethan Blochは貯蓄アプリ「Digit」を開発した。Digitは、ユーザーの銀行口座とつながっており、ユーザーの「金遣い」を分析して毎月無理のない金額 ...

  • アップル、次期iPhoneで「顔認証」システム採用 特許資料で判明

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    アップル関連のリーク情報で知られるMing Chi Kuoが、アップルがiPhone発売10周年にあたる今年リリースする次期iPhone 8に関する情報を公開した。台湾のKGI証券のアナリストであるKuoは、次期iPhoneにはセキュリティ機能として、顔認証システムが用いられると予測する。下記に彼の ...

  • トランプ政権を操る「謎のブロガー」 28歳の異常すぎる存在感

    Ryan Mac , Forbes Staff

    「ネット上で最も嫌われている人物」と呼ばれ、荒らし行為でツイッターからアカウント使用停止処分を受けたブロガー、チャールズ・チャック・ジョンソンが、トランプ大統領の政権移行チームとの連携を深めている。情報筋によると、彼はトランプ政権のチーム編成に協力し、候補者の吟味や「オルタナ右翼」と呼ばれる陣営から ...

  • フェイスブックが「企業の活用効果」をアピール 調査データ発表で

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    中小企業がどのようにデジタルツールを利用しているかをフェイスブックが積極的に知ろうとしているのは、企業らが重要な顧客だからというだけでなく、世界中で大規模な雇用を創出しているからだ。フェイスブックは1月17日、中小企業のオンライン活動に関する調査「2017 Future of Business」の結 ...

  • 任天堂スイッチに関する「重大な懸念」 米国人記者が指摘

    Paul Tassi , CONTRIBUTOR

    任天堂の新しいゲームコンソール「ニンテンドースイッチ」の発表が行われた直後、メディアやファンの多くは、ローンチタイトルのあまりの少なさに困惑した。新作ゲームは「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」「1-2-Switch」「いっしょにチョキッと スニッパーズ」「スーパーボンバーマン R」の4作し ...

  • グーグルの新スマートウォッチ2機種が「残念」な理由 

    Ryan Whitwam , CONTRIBUTOR

    グーグルがウェアラブルデバイス向けOS「Android Wear 2.0」のリリースをアナウンスした。ウェアラブル領域では苦戦も伝えられるグーグルだが、今回のOSの刷新に合わせ、2機種のグーグル製スマートウォッチが発売される。ベンチャービートの報道によると、製品は韓国のLG社製で「LG Watch ...

  • ポケモンGO、売上1千億円突破でも、先行きは暗い?

    Ryan Whitwam , CONTRIBUTOR

    2016年夏にリリースされたポケモンGOは世界中に大旋風を巻き起こした。世界各地でユーザーらが群れを成してプレイする姿が見られた。その熱狂は当初、予想されたよりも長くは続かなかったが、ここに来てその異常な人気ぶりを示す新たなデータが公開された。リサーチ企業アップアニーによると、ポケモンGOは昨年、9 ...

  • テスラ、中国での「無料充電サービス」を縮小 放置車両に罰金も 

    Tycho De Feijter , CONTRIBUTOR

    テスラはこれまで中国の顧客らに、無料で充電スタンドを利用可能にしていたが、そのオプションの中止を公式ブログで発表した。テスラの中国支社は有料化により、今後さらに充電拠点を増大させていくと述べている。1月15日に以降にテスラを購入した中国の消費者は今後、キロワットアワーあたり1.8元(約30円)の充電 ...

  • アマゾン、自動運転「特許」を取得 シアトル本社付近を想定か

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    各社から自動運転関連のテクノロジーの発表が相次ぐ中、オンラインコマース最大手のアマゾンがその一団に加わった。同社が1月17日に取得した特許には、自動運転車両と道路の管理システム間のコミュニケーション手段についての記述がある。米国特許商標庁(USPTO)が公開したアマゾンの特許資料(9,547,986 ...

  • 中国進出を狙う米4大テック企業 フェイスブックらの最新動向

    Amanda Lee , CONTRIBUTOR

    グーグルが撤退して6年、中国は多国籍企業にとって相変わらず手ごわい国だ。アップルやマイクロソフト、フェイスブックは中国政府の規制や検閲、知的財産権を巡るトラブルなど様々なハードルと戦っている。その一方、海外企業との競争を避けながら投資を受けてきた現地のテック企業は、繁栄している。BATとして知られる ...