• 世界15万台のプリンターを不正操作した「高校生ハッカー」の警告

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    先日、世界中で15万台ものプリンターがハッキングされる事態が発生した。ハッカーに乗っ取られたプリンターからは「最悪の事態が生じる前に対策を取るべきだ」という警告とロボットのアスキーアートが勝手に印刷されて出てきたという。被害に遭ったプリンターは、ネットワークやプリンターの設定に問題があったと考えられ ...

  • アマゾン、リアル店舗開設を加速 NYほか全米8ヶ所運営へ

    Ellen Duffer , CONTRIBUTOR

    アマゾンがリアル店舗開設の動きを加速させている。2016年に同社はシカゴやボストン郊外のデダムでの店舗オープンをアナウンスしたが、今年に入りさらに3ヶ所の開設を発表した。その3店舗とは、マサチューセッツ州のリンフィールドとニュージャージー州のパラマス、さらにニューヨークのマンハッタンのタイムワーナー ...

  • 児童ポルノ摘発でサムスン製「スマートTV」を捜索 米捜査機関

    Thomas Fox-Brewster , FORBES STAFF

    米連邦取引委員会(FTC)は先日、テレビメーカーのVizioがユーザーに無断で、個人の視聴データを収集していたとして同社を告発。Vizio側に230万ドル(約2億6,000万円)の罰金の支払いを求めた。テレビメーカーらには今後、個人のデータ収集に関し慎重を期することが求められるが、一方で警察は個人の ...

  • グーグルの「超格安」通勤サービス Wazeカープールが全米展開へ

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    グーグルが2013年に買収したナビゲーションアプリWazeは、格安の乗り合いサービス「Wazeカープール」を提供している。同社は乗り合いサービスを昨年からテスト導入し、サンフランシスコの9つの郡で展開中だが、さらにこの試みを拡大することを発表した。サンフランシスコの交通計画策定組織(MTC)との提携 ...

  • 「アニメ映画ナイト」が米国で開催 オタク特化の配信業者が企画

    Lauren Orsini , CONTRIBUTOR

    米国でアニメ人気が高まっている。アマゾンはアメリカで今年1月、月額5ドルでアニメが見放題になる「Anime Strike」を始動。「クズの本懐」や「青の祓魔師 京都不浄王編」「パプリカ」「東京ゴッドファーザーズ」「魔法少女リリカルなのはStrikerS」等の人気作品が配信され、1,000話以上のアニ ...

  • 車のトランクを「宅配ボックス」にする試み 英国で始動

    Rachel Arthur , CONTRIBUTOR

    英国の百貨店チェーン、ジョン・ルイスは、ジャガー・ランドローバー傘下のテクノロジースタートアップ「インモーション(InMotion)」と提携し、買い物客の車のトランクに荷物を配達する試みを開始した。技術を提供する「toBoot」は、インモーションが支援するスタートアップ企業。社名は、車のトランクを意 ...

  • アップル、中国で12.8%のマイナス成長 iPhone 8で復権期待

    Ewan Spence , CONTRIBUTOR

    2月5日、調査会社IDCは中国のスマホ市場に関するリポートを発表。「OPPOやファーウェイ、VIVO等の現地メーカー3社が急進し、中国のスマホシェアの半分を握ろうとしている」と述べた。2016年第4四半期の市場シェアを見ると、1位のOPPOが18.1%、2位のファーウェイが16.9%、続いてVIVO ...

  • アプリで体重を管理する「スマート体重計」YUNMAI 2 購入受付開始 

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    アプリで体重管理が出来る「スマート体重計」としてカルト的人気を誇るのが、中国深センのテクノロジー企業が生んだYUNMAI(ユンマイ)。既に第1弾の製品がアマゾン等で5,000円以下で購入可能だが、このほど最新バージョンのYUNMAI 2が登場。クラウドファンディングサイトのIndiegogoで購入受 ...

  • レディー・ガガ「ドローン300機」と共演 米スーパーボウルで

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    レディー・ガガのハーフタイムショーでの熱演が話題となった今年の米スーパーボウルだが、その演出に数百機のドローンが使用されていたことが明らかになった。2月5日、テキサス州ヒューストンの会場でガガは約13分間にわたりヒット曲をメドレー形式で熱唱。オープニングの「God Bless America」では、 ...

  • イスラエル、中国、米国の「3国連合」で進むスタートアップ育成

    Rebecca Fannin , CONTRIBUTOR

    イスラエル工科大学の学長、ペレツ・ラビエと同大学がコーネル大学と共同で設立したテックキャンパス「コーネル・テック」の責任者ダン・フッテンロッハーは、テクノロジー教育の拠点をイスラエルからニューヨークに移転すると表明した。イスラエル工科大学は応用科学の大学院をニューヨークに設置すると同時に、中国の広東 ...

  • シェアリングエコノミーに関する画期的書籍、ブルームバーグ編集者が執筆

    George Anders , CONTRIBUTOR

    ウーバーやエアビーアンドビーの勃興により、便利で安く快適な旅を満喫できるようになった一方、職を失ったドライバーやホテルの従業員もいる。シェアリングエコノミーは人の暮らしをどう変えようとしているのだろうか。その疑問を解き明かす書籍が発売された。その書籍とはブルームバーグの編集者のブラッド・ストーンが執 ...

  • スマホに組み込める「分子スキャナー」 エジプト企業が開発中

    Jennifer Hicks , CONTRIBUTOR

    2017年に米国のスマートフォン人口は2億2,290万人に達し、世界では20億人を突破すると見られている。スマホのアプリやウェアラブル機器を用い、人々は運動量や睡眠行動、生理周期や心拍数等のデータを取得している。テクノロジーの進化によりモバイル端末を用い、食べ物を分子レベルで分析したり、土壌の健康状 ...

  • グーグルが「オープニングセレモニー」とコラボ Pixel用ケースを発表

    Katheryn Thayer , CONTRIBUTOR

    2月9日から開催のニューヨーク・ファッションウイークに先駆け、セレクトショップの「オープニングセレモニー」がオリジナルアイテムの新作を披露した。その舞台に選ばれたのはニューヨーク・シティ・バレエ団によるショーだ。同バレエ団の最新作「The Times Are Racing」の演出は振付師のジャスティ ...

  • わずか200ドルの卓上ロボットアーム 深センのスタートアップが開発

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    1975年にビル・ゲイツとポール・アレンは、「全ての家庭にコンピュータを届ける」という目標を掲げマイクロソフトを創業した。それから約40年後、中国のスタートアップが同じことを、ロボットアームで達成しようと目論んでいる。そのスタートアップは、中国の深圳に本拠を置くuFactory社だ。同社は「uArm ...

  • グーグルの「バグ発見コンテスト」 賞金総額が3億円突破

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    テクノロジー企業にとって複雑なソフトウェアからバグを追放するのは非常に重大な任務だ。近年は多くの企業らが懸賞金を用意してバグ発見コンテストを開催し、ハッカーたちに参加を呼びかけている。グーグルも同様の試みを行っており、昨年の懸賞金支払額は総額で300万ドル(約3億4,000万円)を突破したことが明ら ...

  • 人材不足に悩むIT業界を救う、カンボジアのエリート養成大学

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    国立公園の土地を利用したリゾート学園都市を作るー。連続起業家・猪塚武が打ち立てる「vKirirom」構想は、人材不足に直面する日本企業に突破口を提供する。ITコンサルティングファーム勤務後に起業し、ウェブアクセス解析ツールのリーディングカンパニーに育て上げた実績を持つ猪塚武。彼が新たな拠点として選ん ...

  • 「動画ファースト」で絶好調のフェイスブック 売上3兆円突破へ

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    フェイスブックは2月1日、第4四半期決算を発表した。モバイル広告の好調を受け、総売上高は前年度比51%増の88億1,000万ドル(約9,960億円)で1兆円に迫る形になった。売上は7四半期連続で伸びており、伸び幅は過去最高を記録した。売上増にはインスタグラム等のモバイル動画広告が大きく貢献した。モバ ...

  • 三菱製ロボットがコーヒーを淹れる「Cafe X」 世界展開を開始

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    大きなガラスの向こうで、6軸アームのロボットがコーヒーの入ったカップを前後に動かしている。後ろに置かれた2つのコーヒーマシンが、豆をひき、エスプレッソとミルクを注ぐ――。三菱電機が産業用途向けに設計したロボットアームは、カップをガラスの近くに置き、客を待つ。客がスマホに送られた4桁のコードを入力する ...

  • 詐欺容疑のドローン企業、Lilyに家宅捜索 代金持ち逃げ疑惑も

    Ryan Mac , Forbes Staff

    先日、虚偽広告の疑いでサンフランシスコ地方検事から起訴されたドローンメーカー、「Lilyロボティックス」社が当局から家宅捜索を受けた模様だ。匿名の関係者の証言で明らかになった。この件に関しフォーブスは同社の共同創業者でCTOのHenry Bradlowに電話でコメントを求めたが、「噂や憶測にはコメン ...

  • 人工知能で「出遅れ」のアップル アマゾンらのAI連合に加入

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    これまで秘密主義を貫いてきたアップルが、AIの開発でついに方針を転換した。同社は、昨年12月のAI(人工知能)に関する論文の公開に続き、1月27日にAIの研究を行う非営利団体「Partnership on AI」に参画することを明らかにした。Partnership on AIは、昨年9月にマイクロソ ...