• IoTが革新する「ものづくり」の現場

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    あらゆる「モノ」と「インターネット」がつながる IoTが革新する「ものづくり」の現場 IoT(Internet of Things)とは、あらゆるものがインターネットに接続され、従来は考えられなかった新たなサービスを実現する仕組みである。このIoTは、これまで浮かんでは消えていった流行言葉の一つなの ...

  • 米大統領選を支えるテクノロジー 決済サービス「Stripe」の実力

    Ryan Mac , Forbes Staff

    2016年秋の米国大統領選挙までは、まだ一年以上の時間がある。しかし、ホワイトハウスを目指すスタートアップ業界では既に圧倒的な勝者が誕生している。 その勝者とは決済サービスのStripeだ。サンフランシスコを拠点とする同社は、寄付金集めのプラットフォームとして、大統領候補 の約半数に利用されている。 ...

  • 地図サービスHEREの買収額 「31億ドル」は高いか、安いか?

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    何ヶ月にも及ぶ交渉の末、ドイツの自動車メーカー連合(アウディ、ダイムラー、BMW)が31億ドル(約3850億円)でノキアの地図サービス「HERE」を買収した。HEREはかつて米国の地図企業Navteqが所有し、ノキアが8年前に81億ドル(約1兆50億円)で買収していた。 ノキアはHEREを購入金額の ...

  • “現金大国”アメリカ 「モバイル決済」利用率はまだ14%

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    オンライン決済が普及を遂げる中、現金や小切手を用いた支払いはもはや過去の遺物だと考える人も多いかもしれない。しかし、最新のデータによると米国人の決済に関する行動はまだまだ保守的であることが分かった。 「現金と小切手が依然としてレジでは支配的だ」と調査会社のBlackhawk Network社は結論づ ...

  • IT業界の新流行語「ギグ・エコノミー」とは何か?

    Ellen Huet , FORBES STAFF

    このところ米国のメディアで頻繁に使われるようになったのが「ギグ・エコノミー(gig economy)」という言葉。バンドの単発のライブを「ギグ」と呼ぶが、ネットを通じて入ってくる単発の仕事を請け負うことを総称して「ギグ・エコノミー」という用語が使われている。 現在、米国で普及しているサービスとしては ...

  • アマゾンが推進する「ドローン・ハイウェイ」構想の全貌

    Ryan Mac , Forbes Staff

    AmazonのCEO、ジェフ・ベゾスがPrime Airをアナウンスしてから1年以上が経過した。Prime Airはドローンによる配達サービスだ。同社は7月28日のカンファレンスで、ドローン配達の具体的な計画を発表し、その実現に向けて歩み出した。 マウンテンビューにあるNASAのエームズ研究センター ...

  • 動画SNS「Flipagram」が86億円の資金調達 ソニー・ミュージックらが参加

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    3000万人を超えるユーザーを獲得した動画SNSアプリ「Flipagram」の大型資金調達が話題になっている。写真や動画を組み合わせ、ミュージックビデオ風のクリップが作れるこのサービスは、日本で言えば「女子中高生らが熱狂する」と伝えられる「ミックスチャンネル」を想起させる。その詳細についてフォーブス ...

  • アップル 「スマート・ホーム」で競合のNest社を追放

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    アップルはスマート・ホームデバイスのNest社の製品の販売を停止した。現在、アップルストアのウェブサイトで“Nest”という単語を入力すると、検索候補として同社の2つの製品が表示されるが、サーチボタンを押すと製品は表示されない。筆者がサンフランシスコのアップルストアの店員に尋 ...

  • ウーバーがシャオミと連携 商品の「即日配達サービス」を実施

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    ウーバーはシャオミの携帯端末の「即日配達サービス」を東南アジアで開始する。世界で最も市場価値の高いスタートアップ2社が手を組み、オンデマンド・ショッピングの分野に乗り出すという興味深い試みだ。 ウーバーは既に米国内で商品の配達サービスを計画中だが、それに先駆け7月27日から、シンガポールとクアラルン ...

  • アップルのHomeKitが「停滞」している理由

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    アップルがスマート・ホーム規格「HomeKit」をアナウンスしてから1年以上が過ぎた。アップルの全てのプロダクトと同様に、HomeKitに対する期待は高い。いや、高過ぎるのかもしれない。 今の所、たった5つの企業だけがHomeKit認定デバイスを立ち上げた。この停滞の原因は何なのだろう。アップルはハ ...

  • ウーバー型の「医師派遣サービス」 Pagerが17億円の資金調達

    Alex Konrad , Forbes Staff

    「Uberのヘルスケア版」とも言える事業を展開する企業に注目が集まっている。その企業の名は「Pager」。共同創業者のOscar SalazarはUberの最初のプロトタイプを作った人物として知られる。 Pagerは7月14日、総額1,400万ドル(約16億8,000万円)の資金を調達したと発表。現 ...

  • 市場価値1200億円の「仮想スポーツサイト」FanDuel グーグルから大型資金調達

    Steven Bertoni , FORBES STAFF

    ファンタジー・スポーツサイトのFanDuelがグーグルキャピタルやタイムワーナ社から2億7,500億ドル(約334億円)を調達した。情報筋によると、FanDuelの評価額は、10億ドル(約1250億円)を超えたという。 「ファンタジー・スポーツ」とは実在のスポーツ選手を組み合わせて架空のチームを編成 ...

  • マイクロソフト 児童ポルノ摘発ツールを無償提供開始

    Abigail Tracy , Forbes Staff

    マイクロソフトはPhotoDNAのクラウド版を立ち上げた。これはウェブ上の児童ポルノイメージの発見と削除を手助けする無料のサービスだ。 PhotoDNAサービスは数年前から存在してきたが、以前のバージョンは企業のサーバに直接インストールし、専門の技術者や更新を続けるための費用が必要だった。今回のクラ ...

  • 世界で「最も稼ぐサッカー選手」20名 年俸&広告契約料の詳細データ

    Agustino Fontevecchia , 寄稿者

    フォーブスは世界で最も収入の多いサッカー選手のランキングを発表した。今回のリスト作成にあたっては2014年の各チームの記録を綿密に調べ、選手の代理人や所属するタレントエージェントからの収入も考慮に入れた。さらにCMなどのスポンサー契約料に関しても、ヨーロッパや全米の専門家に対する取材から明らかにした ...

  • ドローン事業進出のGoPro 株式市場からも高評価

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    GoPro株に対する市場の評価は再び高まっている。7月14日、バークレイズのアナリスト、ジョセフ・ウルフはクライアントへの報告書でGoProの株価に対し楽観的な見方を示した。昨年夏にIPOを果たしたウェアラブル・カメラメーカに対し、彼が抱いていた懸念は消え去ったと述べたのだ。GoPro社の株価はその ...

  • 「グロースハッカー」が地方を変える 福岡で400名のクリエイターが参加 

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「グロースハッカー」――そんな聞きなれない言葉が今、これからのウェブマーケティングにおける重要なキーワードとして浮上している。グロースハッカー(Growth Hacker)とは成長を意味するグロースと“改善を加える人”という意味のハッカーを組み合わせた新語。 米国ではオプティ ...

  • 音楽を変える“耳栓型ウェアラブル”「Doppler」が20億円の資金調達  

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    耳栓型のウェアラブルデバイスDoppler(ドップラー)を開発したDoppler Labsが、シリーズBラウンドで1,700万ドル(約20億円)を調達したことを7月7日発表した。Doppler Labsは、身の回りの環境音を自由に操作できるイヤホン型デバイス「Here Active Listenin ...

  • 「リモートで働くのは当たり前」 異端のテック企業・ヌーラボの挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「インターネットってそもそも、会ったことも無い誰かとつながる道具じゃないですか。離れた場所にいる仲間と一緒に働くのはすごく自然なことだと思うんですよ」 テレークやリモートワークという言葉が登場する以前から、ごく当たり前にそれを実践してきた企業が九州にある。福岡を代表するテクノロジー企業、ヌーラボの代 ...

  • 「年間1億台」を目指すシャオミのグローバル戦略

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    シャオミのこれまでの歩みを振り返るとき、並はずれた成長力と、他社がねたむような人気が、そのストーリーの全てと言えよう。しかし、短期間でのし上がったシャオミも、中国スマホ市場が減速する中、創業者レイ・ジュンが設定した非常に高い目標を達成するのに苦戦しそうだ。また、アジア圏外の新市場への挑戦が成長の足か ...

  • アップルウォッチが売れない理由

    Aaron Tilley , Forbes Staff

    iPhoneはこのところ順調に売れている。2015年の第二四半期は7450万台が売れた。しかし、Apple Watchはその状態にはかなり遠いことが明らかになった。 パシフィック・クレスト証券アナリストのアンディ・ハーグリーブスは6月24日にApple Watchの売上予測を下げると述べた。2015 ...