• 韓国モバイル送金「Toss」が55億円を調達 評価額は290億円以上

    Ryan Mac , Forbes Staff

    米ペイパル傘下の個人間送金サービス「Venmo」は、米国で若者を中心に人気を博し、2016年の取引額は180億ドルに達した。米国外でも同様の成功を狙うペイパルは、このほど韓国版Venmoとも言える「Toss」の運営会社に対する出資を実施した。Tossを運営する韓国のスタートアップViva Repub ...

  • テクノロジー分野で注目のイスラエル ホンダもスタートアップと提携

    Deborah Weinswig , CONTRIBUTOR

    イスラエル・エルサレムで2月16日から4日間にわたって開催された「OurCrowd Global Investor Summit(アワクラウド・グローバル・インベスター・サミット)」には、世界各国の大企業とイスラエルのスタートアップ多数が参加した。参加した小売業界アナリストの筆者は、イスラエルで進む ...

  • 爆発的増加の「身代金ウイルス」 昨年は6億件以上の被害発生

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    「身代金要求型ウイルス」(ランサムウェア)は、サイバー犯罪者にとって金のなる木だ。このウイルスに感染すると、ファイルが勝手に暗号化されて「身代金」を要求される。数年前の誕生以来、ランサムウェアの被害は猛烈な勢いで拡大している。セキュリティ企業「SonicWall」の最新レポートによると、ランサムウェ ...

  • 中国深センに対抗、香港で進化する次世代「医療テクノロジー」

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    今年1月に香港で開催されたスタートアップイベント「スタート・ミー・アップ・イノベーション・フェスティバル」では、1週間にわたり様々なテーマが話し合われた。一般的に香港は金融都市として有名で、近年は北京の中国政府からの規制圧力が高まってはいるものの、フィンテック分野のイノベーションは盛んだ。しかし、香 ...

  • 中国で「パクられずに」スタートアップ企業が成功する方法

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    中国では発売前のガジェットがコピーされ、市場に出回ることが珍しくない。フェイスブックがスナップチャットを模倣した機能を傘下のインスタグラムに投入したことは有名だが、中国人たちのやり方はもっと大胆だ。アップルを筆頭に大手テック企業の多くが中国の深センに製造拠点を置いているが、西側のスタートアップが心血 ...

  • 「買うべきではない車」新型10モデル、今年も複数調査から決定

    Jim Gorzelany , CONTRIBUTOR

    最近の新車の中から、機械的な面で評価が低いものを見つけることはますます難しくなっている。消費者のレビューなどで問題視されるのは、車そのものではなく使いづらくて混乱するインフォテインメント・システムや、難しいスマートフォンとのペアリングなどだ。最も平凡で人気のない車でも、10~20年前のモデルに比べれ ...

  • 「芸術は右脳」説はウソ 米国の脳機能の専門家が指摘 

    Seth Porges , CONTRIBUTOR

    人間はなぜ、本能的に美しいものに惹かれてしまうのだろうか。脳のどの部分がアートを生み出し、アートを愛する気持ちを生んでいるのだろうか。その答えを追い求める学問が神経美学だ。ペンシルベニア病院で神経学の責任者を務める神経美学のパイオニアAnjan Chatterjee教授に話を聞いた。下記は教授の発言 ...

  • FBの「写真のタグづけ」の秘密が分かる面白プラグインが登場

    Paul Monckton , CONTRIBUTOR

    グーグルはアップロードされた写真に自動的にキャプションを付けるAI技術を導入している。フェイスブックも同じような技術を使っているが、現状では写真からどのような情報を取り出しているのかが明確に分からない。しかしChromeのプラグイン「Show Facebook Computer Vision Tag ...

  • 圧倒的な仮想体験! 謎の企業「マジック・リープ」が創る魔法の世界

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    圧倒的な仮想体験が注目されつつも、事業内容のほとんどが謎に包まれたマジック・リープ。グーグルやアリババなど大手企業がこぞって出資し、昨春には約8億ドルを調達した。次世代コンピューティングの旗手と目される話題のスタートアップを、本誌が独占取材。フロリダ南部のビジネス街にある、一見何の変哲もない平凡な外 ...

  • 究極のプライバシー保護手段「VPN」に関する基本的知識

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    匿名化されたWebサイトの閲覧履歴から、個人を簡単に特定できることが最新の研究で明らかになっている。プライバシー保護を強化するためには「トーア(TOR)」というツールやVPNを利用することが望ましい。今回は、VPNについて説明をしたい。VPNは「Virtual Private Network」の略で ...

  • 中国「滴滴」がシリコンバレー進出 AIエンジニア採用強化

    Alan Ohnsman , FORBES STAFF

    昨年アップルらから合計70億ドル(約8000億円)以上の出資を受けた中国のライドシェア企業「滴滴出行(Didi Chuxing)」がシリコンバレーにR&Dセンターを開設した。中国市場でライドシェア市場の覇権をウーバーから奪った滴滴が、カリフォルニアに拠点を構えることは、同社のイノベーションへ ...

  • テクノロジーの「ファストファッション化」進む中国、5大潮流

    Benjamin Joffe , CONTRIBUTOR

    中国の深センは今や「ハードウェア部門のシリコンバレー」と呼ばれ、世界のスマートフォンの約70%、家庭用エアコンの約80%、パーソナルコンピューターに関しては約90%を作っている。近年は人件費が高騰し、新興国との競争も激化しているが、深センに蓄積された製造業の知見やスキル、サプライチェーンのネットワー ...

  • ニッポンも危ない!世界の「サイバー犯罪」事件簿

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    サイバー犯罪者の手口は日々高度化し、今や並のセキュリティ対策では追いつかないところまできている。今世界で起きているサイバー犯罪の事例を、専門家集団「スプラウト」による特別寄稿でお送りする。海外のサイバー犯罪者にとって、日本は攻撃しにくい場所であった。サイバー攻撃を企む国外の犯罪者が送ってくるのは、明 ...

  • 「匿名ブラウザ履歴」でも個人特定が可能 米大学の最新調査

    Lee Mathews , CONTRIBUTOR

    あなたがブラウザを介してWebサイトを閲覧した場合、その履歴はサードパーティにより記録されている。広告主やコンテンツ提供者は、この閲覧履歴を利用して追跡型広告を配信したり、あなたの興味に関連した動画や記事を表示している。ユーザーのプライバシーを保護するため、閲覧履歴は匿名化されている。しかし、プリン ...

  • 脳波で操作するロボット 米MITの研究チームらが開発

    Janet Burns , CONTRIBUTOR

    マサチューセッツ工科大学(MIT)の研究チームは、人間の脳で操作するロボットの開発を進めている。同大学のコンピューターサイエンスと人工知能を研究するグループ(CSAIL)は、人間が言語を用いずにロボットを操作できるフィードバックシステムを開発した。これは頭にかぶる特殊な脳造影ネット(EEG)で検知し ...

  • ビットコインに次ぐ仮想通貨「イーサ」生みの親が語る、ブロックチェーンの理想

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    “インターネット”と同様に社会的に大きなインパクトを与える新技術・ブロックチェーン。その旗手たちが描く「革命後の世界」の姿とは。イーサリアムの生みの親にして天才ハッカー、ヴィタリック・ブテリンが語る。「ブロックチェーンが実現する“分散している世界”は、 ...

  • グーグルプレイ5周年、最も人気のゲーム等「ベスト5」を発表

    Kevin Murnane , CONTRIBUTOR

    グーグルがコンテンツ配信プラットフォームのグーグルプレイ(Google Play)を開設してから5年が経過した。グーグルプレイは現在190ヶ国で10億人以上のアクティブユーザーを抱え、世界人口の約14%が使っていることになる。グーグルプレイストアには4000万曲の音楽や、500万冊の書籍、数百万のア ...

  • 「世界の工場」で復権目指す中国 ベトナムの追撃に対抗姿勢

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    中国はかつて世界の工場だった。2011年には米国を抜き、世界最大の製造品生産国になった。工場は所得水準を上げるエンジンになり、中国の国民1人当たりのGDPは2013年までの10年間で倍増した。だが、中国は経済成長や環境のサステナビリティを確保するため、2011年ごろから国内消費やサービスセクターへの ...

  • フェイスブック、投稿の「リアクション」を広告利用の可能性

    Amit Chowdhry , CONTRIBUTOR

    フェイスブックは2016年2月、投稿に対し絵文字や顔文字で反応できる「リアクション」機能を追加したが、最近になってリアクションがニュースフィードに与える影響を明らかにした。フェイスブックはニュースフィードの並び順を決める際に、通常のいいね!よりも絵文字のリアクションのほうを重要視している。フェイスブ ...

  • VRが直面する「成長の壁」 業界最大のイベントで見えてきた事実

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    ここ数年、VRがテクノロジーの新時代を切り開くと喧伝され、オキュラスやHTCの動きが注目を集めてきた。しかし、バルセロナで開催された今年のモバイル・ワールド・コングレス(MWC)の状況を見ると、VRへの注目度は昨年から低下した。「今年のMWCの会場で展示されたVR製品の数は、去年と比べると大幅に減少 ...