• 睡眠専門家が教える「パーフェクトな昼寝」のための6カ条

    Quora . , CONTRIBUTOR

    パーフェクトな昼寝をするための条件とは、どういうものなのだろうか。創業50年の歴史を誇り、世界30ヶ国以上で商品を展開する寝具メーカーVita Talalayの睡眠専門家、リンダ・バウムガルトナーは次のように答えた。1.眠る前にまず「起きた後に仕事の生産性を上げるために昼寝をするのだ」と自分に言い聞 ...

  • チョコレートを食べて育った「豪産」和牛ビーフが大人気

    Eustacia Huen , CONTRIBUTOR

    最高品質のビーフといえば“オーガニック”や“グラスフェッド(牧草飼育)”というステーキ愛好家は多い。だがオーストラリアの牧場「マユラステーション」の酪農家よれば、新しい高級ビーフは、チョコレートを与えた純血種の和牛だという。最初にこれを考案したのは、同 ...

  • 今年も忙しかったあなたへ贈るオススメ映画7選[映画界のテスラが語る 第4回]

    木ノ内 輝 , CONTRIBUTOR

    社会人にとって映画を劇場で観るハードルは高い。今年は素晴らしい作品が多かったが、劇場に行く暇が無かった方も多いかもしれない。そこで本記事は忙しい社会人にもオススメできる、近所で手軽にレンタルできる2015年〜2016年度の新作映画をネタバレなしでジャンル別に紹介する。経済映画:『マネー・ショート 華 ...

  • 人や企業の成長に必要な「真っすぐさ」を問い直せ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、モバイルファクトリーの宮嶌裕二代表取締役が、努力と成長を描いた青春漫画「BLUE GIANT」を紹介する。「絶対に世界一のジャズプレーヤーになる!」主人公の大(ダイ)は高校生で、まだサックスを始めた ...

  • 20代女子が高級ホテルのアフタヌーンティーに集える謎

    「女子学」研究家 山田茜 , CONTRIBUTOR

    アフタヌーンティー。元々イギリスの上流階級の社交の場として広まった慣習ですが、今、日本で主に楽しんでいるのは若い女子たち。土日の高級ホテルのラウンジには、各ホテルのオリジナリティが詰まったアフタヌーンティーを目当てにした20代女子たちが大勢集っています。例えば大手町に位置するラグジュアリーホテル、ア ...

  • 最新のポルシェが生まれる最新鋭のファクトリー

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    ライプツィヒという地名を聞いて、たいていの人はゲーテの代表作である『ファウスト』を思い出すだろう。若き日の文豪が足繁く通っていた酒場、アウアーバッハス・ケラーは、小説の中だけではなく、旧市街に今でも実在する。古き良き中世の趣を残す町並みではあるが、旧東ドイツに属するエリアならではの高い失業率につい最 ...

  • 7つのキーワードでヒモ解く「アメリカズカップ」のすべて

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「スポーツ」というカテゴリーだけでは語りきれないアメリカズカップ。歴史、政治、国家の威信…いろいろな背景を知れば最高の楽しみ方ができる! 今回は7つのキーワードでその魅力を紹介する(観戦レポートはこちら)。1. 世界最古の国際スポーツトロフィーサッカーのワールドカップより79年、近代オ ...

  • ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ福岡 「海のF1レース」観戦記!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界最高峰の国際ヨットレース「アメリカズカップ」。その前哨戦となる「ルイ・ヴィトン アメリカズカップ・ワールドシリーズ 福岡大会」が、2016年11月19、20日の2日間、念願の日本開催を果たした!165年にも及ぶ伝統あるレースが、アジア地域で開催されるのは史上初のことだ。今回は、2017年5~6月 ...

  • 飛行機に乗るときに多い15の失敗 旅慣れた人に聞く対策のヒントとは

    Laura Begley Bloom , CONTRIBUTOR

    何かで失敗して、「もう二度とこんなことはしない!」と思うことがある。それなのに、また同じ失敗を繰り返してしまうこともある。飛行機に乗るときにも、何度も犯してしまう間違いがある。そうした行動の15の例と、出張が多く旅慣れている“賢い”トラベラーたちから聞いた対策のためのヒントを ...

  • 同居人募集アプリ「Roomi」創業者が語る、ルームメイトが起業家に与える力  

    Ajay Yadav , U30 contributor

    ガレージで起業する人もいれば、空いているベッドルームを拠点にする人もいる。筆者の場合はベッド代わりにしていた友人のソファの上で起業した。当時は家賃が払えないほど貧乏だったが、友人のAnupとクリスは何も聞かずに居候を許してくれた。シェフとして働くAnupが作ってくれる料理を食べながら、3人で人生や政 ...

  • 生活習慣を変える「スイッチ」を入れるために必要なこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    生活習慣が病気をもたらしたのなら、まずは生活習慣を大きく変えるのが重要だ。では、習慣を変えるにはどうしたらよいか。筆者の体験を紹介する。「人が変わったように」という言い方がある。突然スイッチが入って急に行動が大きく変わってしまうことだが、それはどういう瞬間に現れるのだろうか。例えば、スイッチを入れて ...

  • バウハウスの時代の精神を受け継ぐ、ドイツ・トップブランドの哲学

    HUGO BOSS , ヒューゴ ボス

    19世紀のヘーゲル哲学、ドイツ・ロマン主義に端を発し、近代ドイツの芸術・デザイン史のひとつの頂点となり、また以降のドイツ・デザインの出発点ともなったバウハウス。この芸術総合アカデミーが、機械生産の時代にふさわしい新しいデザインを求め、より合理主義的傾向を強めつつあった1924年、ドイツ・メッツィンゲ ...

  • ニューヨークとロンドンの若者 ワインの好みに多くの共通点

    Per and Britt Karlsson , CONTRIBUTOR

    20年後、私たちはどんなワインを飲んでいるのだろうか。ワイン産業はどうなっているのだろうか。今の若者の飲酒事情から、それがうかがえるかもしれない。そもそも、21歳から35歳の若者はワインを飲むのだろうか?頻度、銘柄、選ぶ基準は何だろうか?フランスのマーケティング・コンサルティング会社のSOWINES ...

  • ティファニーだけが語ることのできる「サステイナブルなストーリー」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    企業はその調達活動において、人権や自然環境におけるサステイナビリティへの責任をもつ――これが社会の共通認識となって久しい。この観点において、ハイエンド・ジュエリー界をリードしてきた企業がある。ティファニーだ。ティファニーはほかのどのジュエラーよりも、「トレーサビリティ」と「透明性」に真摯に向き合って ...

  • 「想いが届く」ラジオの可能性[小山薫堂の妄想浪費 vol.17]

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第17回。薫堂少年をメディアの世界へと誘いざなったのは、熊本は鶴屋百貨店のラジオ番組。世界の隅々まで声と想いが届く“ラジオ”の魅力をあらためて考えてみた。前号で百貨店の魅力について書いたのだが、ちょっとだけその ...

  • 2017年に「注目すべき食のトレンド」5選

    Eustacia Huen , CONTRIBUTOR

    食に特化したコンサルティング会社バウム+ホワイトマン(Baum + Whiteman)がこのほど、2017年に注目すべき13の食のトレンドを発表した。食品価格の下落がレストラン業界に与える影響やデリバリー系スタートアップ企業の台頭など、外食産業の動向を包括的に検証した内容だ。同社の社長で有名なフード ...

  • 潜入! 「世界で最も美しい」ロールス・ロイスのビスポーク工場

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “ずば抜けた富裕層(=Super Wealthy)”に向け、究極の高級車ブランドらしい“最高級の体験”を提供。顧客が想像しうる全てを叶えるビスポーク工場、夏限定の“サマー・ストゥディオ”はその一端をなす取り組みだ。究極の高級車。 ...

  • クリスマスギフトにもおすすめ、高級ウイスキー厳選6種

    Felipe Schrieberg , CONTRIBUTOR

    このタイトルに惹かれたあなたは、愛する家族や友人はもちろん、しぶしぶ付き合わざるを得ない人々にまで、クリスマスに何を贈ろうかと頭を痛めている最中かとお察しする。それが、頭のいかれた上司にゴマをするためであったとしても、だ。ここでお勧めするウイスキーは、どれも堂々たる風格をたたえ、長い歳月を経て熟成さ ...

  • 「一緒に過ごせる」チャットアプリ、米Z世代に大人気 1日100万人が利用

    Vivienne Decker , Contributor

    シーマ・シスターニは、ソーシャルネットワーク・アプリ「ハウスパーティー(Houseparty)」の共同創業者だ。最大8人までの仲間とグループビデオチャットができるこのアプリを、ライブストリーミングサービス「ミーアキャット」の最高経営者責任者(CEO)だったベン・ルービンと共に開発した。2016年2月 ...

  • マイホーム購入前に知っておきたい「最低限のこと」[日本の不動産最前線 第8回]

    長嶋 修 , CONTRIBUTOR

    本コラムをご覧になる方のなかには、年明けあたりからマイホーム探しをしようとしている方も多いのではないだろうか。待望のマイホームには胸が高鳴るが、注意したいのは、物件見学から契約までの購入者と宅地建物取引業者(以下、宅建業者)とのやり取りには認識に違いがあったり、その認識のズレや購入者側の無知を業者が ...