• 卑劣な上司の10の言動に学ぶ健全な職場の選び方

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    賢い組織はチームのメンバーを尊重し、称賛する。旧態依然としたトップダウン型の官僚制組織は、従業員たちをあえて尊重しない。そうすれば、「従業員は全て簡単に交換可能な機械の歯車の歯の一つだ」という考えを支持しないとのメッセージを送ることになり得るからだ。世の中には強い上司と大勢の弱い上司たちがいる。弱い ...

  • 転職が多い「ジョブホッパー」こそ採用すべき5つの理由とは

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    人事に関する問題を専門としてきた筆者は以前から、採用担当者が何度も転職している人たちの採用に二の足を踏むことを不思議に思ってきた。私たちは新たな領域に足を踏み入れることで初めて、成長することができる。繰り返し試されることで、私たちは自分の五感を信じることを学び、それまでの仕事の経験以上に進化すること ...

  • 職場におけるジェンダー平等への道、解決に走る前に「問題の認識」を

    Georgene Huang , CONTRIBUTOR

    2年前、国連のジェンダーの平等に対する取り組み「HeforShe(ヒーフォーシー)」キャンペーンが立ち上がり、女優のエマ・ワトソンが演説を行った際、100万人以上の男性がこの運動に賛同した。参加を表明した男性たちは確かに見識があるが、職場にいる男性たちと何が違うのだろうか。多くの男性は、職場にジェン ...

  • IBM「デザイン思考の定着」への挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    IBMは2017年までにデザイナーを1500人に増員すると発表し、デザイン思考の実践へ大きく舵を切った。自社の組織に理想的なデザイナーの人数を算出し、大量の新規採用をするという大胆な策に出たのだ。全く異なる仕事の仕方や思考方法を組織に定着させるにはどうすればよいのか。IBMでDistinguishe ...

  • 最も存続が危ぶまれる10の職種 米ではプログラマーの採用も減少

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    テクノロジーが労働力に影響を与えるという現象は、新しいものではない。実際のところ、何世代にもわたってさまざまな業界を変化させてきた原動力は、新しい技術だ。米求人情報サイト、キャリアキャスト(CareerCast.com)に採用情報を掲載する企業の間にも、そうした変化の影響が見て取れる。テクノロジーの ...

  • 日銀とGPIFの政策に見る、格差是正のヒント

    藤野 英人 , CONTRIBUTOR

    人によって、育った環境や能力などは千差万別だ。そして、所得格差はますます広がっている。筆者は、「日銀やGPIFの政策に、格差を是正するヒントがあるかもしれない」と指摘する。仕事をする時の指標として、どうしても「時間」という要素が出てくる。「成果=方法(質)×時間 」という方程式で表すなら ...

  • 働く人の満足度が高い職種、米国の1位は「シェフ」



    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    「最も満足感が得られる仕事とは何だろう」と考えたことがあるだろうか?その疑問に対する完璧な答えが得られたわけではないが、求人情報検索サービスのインディード(Indeed)が12月7日に公開したデータは、その答えを見つけるためのヒントになるかもしれない。 同社は調査会社センサスワイドの協力を得てこの夏 ...

  • 優れたリーダーがデジタル化に乗り遅れる理由

    Barry Libert , CONTRIBUTOR

    テクノロジーは変化している。市場も、ビジネスモデルも、顧客も、従業員もだ。世の中のあらゆるものは常に変化しているのに、多くのリーダーたちは変わっていないように思える。彼らは、フェイスブックやマイクロソフトなどで働くデジタルエリートたちに後れを取り続けているのだ。今、リーダーたちには新しい戦略が必要だ ...

  • 「男女の賃金格差が大きい」米国の10業界、トップは金融・保険

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    男女の賃金に格差があることは、すでによく知られている。企業の給与などに関する情報を収集・提供するペイスケール(Payscale)はこのほど、業界別、州別の賃金格差に関する調査結果と、この問題に対する学歴別の意識調査の結果を発表した。調査の結果、男性の平均賃金の中央値は、女性より約24%高いことが分か ...

  • 従業員が評価する「転職先としてお勧めの米企業」、フェイスブックが2位に

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    米求人・キャリア情報サイトのグラスドアは先ごろ、2017年の転職先として最もお勧めの米企業50社のリストを発表した。同社が毎年末に公表するこのリストは、今回が9回目の発表。今年は2015年11月以降に同社に寄せられたレビューを基に、順位を決定した。従業員からのレビューが75件以上あった企業を対象に作 ...

  • 「忙しすぎる」が口癖のあなたが知るべき12のこと

    Ann Latham , CONTRIBUTOR

    目が回るほど忙しい?やるべきことがあまりに多すぎる?──そう思うなら、今の状況を変えなくてはならない。そして、そうすべき理由は1ダース分ある。1. 1日は24時間しかない。それは誰にも変えられない。2. あなたの「やることリスト」に書かれていることの大半は、実現されないことだ。自分をからかうのはやめ ...

  • 目標達成のプロセスを変える「ゲーミフィケーション」活用法

    Christine Comaford , CONTRIBUTOR

    あなたはチームが目標を達成するのを手助けするために“ゲーム”を利用しているだろうか。ゲーミフィケーション(ゲームではない状況でゲームのデザイン手法を利用すること)は健全な競争や学習、コミュニケーションやインセンティブをもたらす。適切に利用すれば目標達成方法を一変させ得るのだ。 ...

  • 「繊細」な男性経営者を支える敏腕女子、エウレカ副社長 西川順

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「会社を始めて、失敗するイメージがなかったんですよね」「アメリカの会社に買収され、言うことを聞かされているのだろう、と思われがちですが、そんなことはない」発する言葉に、一切の迷いがない。「ついていけば大丈夫」と思わせる、説得力がこの人にはある。恋愛・婚活マッチングサービス「pairs」を提供するエウ ...

  • 2017年の就職に有利な学士号・修士号ランキング

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    ビジネスでの成功に必要なテクノロジーやスキルが進化するのにつれて、求められる労働力も時にゆっくり、特に急激に変化している。そんな流れの中において、大学に入学する若者たちは、自分が取得する学位は雇用市場でどのように役立てることができるのかと考えずにはいられない。自分が関心を持っている専攻分野は、卒業後 ...

  • 「コンフォートゾーン」を広げるために試してみるべき10のこと

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    「ぬるま湯に浸かっていないで外へ出ろ」「あの経験のおかげでコンフォートゾーンから踏み出せた」という表現は、誰でも耳にしたことがあるだろう。私たちは、人生の90%以上を居心地のいい「コンフォートゾーン」で過ごす。そこを出るということは、未知なる領域へ踏み出すということだ。新しい環境で失敗し、恥をかくの ...

  • 4人の創業者が語る「僕らのクリエイティビティ論」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アイデアはどのようにして生まれるのか? どうすれば、クリエイティブな組織文化を築けるのだろうか? 小さなアイデアを世界的な企業に育て上げた創業者たちに、彼らの創造論を訊いた。ジョー・ゲビア/Airbnb共同創業者兼CPO「好奇心」からイノベーションは始まる。何ごとも不思議がる文化をつくるとよい。エア ...

  • テクノロジーの進化の一方で重要度を増す「人間味」とは

    Ashley Stahl , 寄稿者

    11月上旬、実業界のリーダーらが集まるセミナー「サミット・アット・シー2016」が開催され、グーグルのエリック・シュミットCEOやベイナーメディア創業者のゲアリー・ベナチャックらが登壇。人工知能(AI)やバーチャル・リアリティー(VR)などのテーマで展開され、これらのテクノロジーが今後どのように時代 ...

  • 従業員が辞めていく? 働く人を追い込む10の有害な職場環境

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    嫌な感じの管理職たちが、やる気のない従業員について不満を言っている──だが、やる気をなくそうと思って出勤する人はいない。従業員たちのやる気は、彼らではなく職場環境の特徴を表すものなのだ。仕事に関して自分が置かれた状況を改善するための最初の一歩は、まず自分が今の仕事に就いていることに幸せを感じていない ...

  • 裏目に出る「やってはいけない自己アピール」5選

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    仕事の面接であれ毎年恒例の業績評価であれ、相手にいい印象を与えることは大事なことだ。だが自分が名誉と思っていることが、自分を良く見せる上で役に立つとは限らない。間違った自己アピールをして、それが裏目に出る可能性もある。そこで今回は、「実は自分の印象を悪くしている」よくありがちな自己アピールを5つ、紹 ...

  • FIを「NTTの技術」のショーケースに/庄司哲也社長

    藤吉 雅春 , Forbes JAPAN 編集部

    7月、F1のマクラーレン・ホンダとNTTコミュニケーションズはテクノロジー・パートナーシップ契約を締結した。左の写真は、ロンドン郊外のマクラーレン本社で社長の庄司哲也を撮影したものだ。ーーと言っても、F1に興味がない人にとっては気にも留まらぬニュースかもしれない。しかし、ニュースの核心は、むしろサー ...