• イネステーラー笠章子 仕事を続けたいなら結婚しなさい! 「グローバル企業広報」の伝道師

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「最近の若い女性社員は地味な子が多い」と嘆く彼女が見せてきた「悪目立ちたがる生き方」とは何か「ファイブミニ」「ポカリスエット」を大ヒットさせながら、大塚製薬を辞めて、外資系の異なる職種を渡り歩いた彼女の成功と挫折からは、多くのヒントが見えるはずだ。 (中略)彼女の最初の成功は、大塚 ...

  • 新井紀子 人工知能のスペシャリストが観る 「人類×機械」の創造的未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    掃除機からネット上の広告まで、人間の痒いところに手を伸ばすように、 いまや生活に人工知能があふれている。 この学習する機械は、いずれ多くの職業を奪うだろう。 そんな危機感の中、新たな未来社会を紡ぎ出そうとするのが、新井紀子教授だ。 優しさにあふれた未来社会を創る数学者― 。そんなキャ ...

  • 茅野みつる 総合商社初! 女性執行役員の女神型リーダーシップ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2003 年茅野は「次世代のグローバルリーダー100人」に選出された。ダボスの世界経済フォーラムに出席し、主催者であるクラウス・シュワブに「なぜ選ばれたと思いますか?」と問われて自分にできることは何なのかを随分考えたという。帰国後、丹羽宇一郎社長(当時)に会議の報告を行ったことがきっかけで、人材多様 ...

  • 土井香苗 私の信念「どんな人にも正義感や倫理性がある」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    土井香苗が涙ぐんだことがあった。2014 年、世界的な人権調査組織ヒューマンライツ・ウォッチ(HRW)の東京事務所が、創設以来、初めて独自の調査報告書「夢がもてない 日本における社会的養護下の子どもたち」を発表したときのことだ。虐待や親の事情により保護者を欠いた子どもを、日本は安易に施設に収容してい ...

  • 柴山由理子・女性活躍先進国、フィンランドで私が体験したこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップ指数ランキングで常に上位を占め、企業内の女性役員比率が3割に迫る女性社会進出先進国、フィンランド。福祉国家としても名高いこの北欧の国で社会政策を研究する傍ら、 現地グローバル企業のNo.2として働く日本人女性が語る、女性活躍のヒントとは ...

  • 南場智子・私流「壁を突破する方法」教えます

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    実業家として最も知名度が高い女性といったら真っ先に名前が挙がる彼女が、幾多の壁を突破してディー・エヌ・エー(DeNA)を起業・成長させてきた原動力は、「熱病に取り憑かれたかのように」事業に取り組んだからだった。 いま初めて語られる、女性起業者としての半生と今後の展望。 (中略)南場の体 ...

  • アメリカ出世事情・女性CEOが誕生する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカの全企業の23%、実に780万社が女性が経営する企業である。特に、ヘルスケア・教育サービス分野では、61%の企業が女性CEOだ。管理職でも、アップルの小売り部門責任者、アンジェラ・アーレンツは、6,800万ドル相当の制限付き株式を含む報酬を得ている。 なぜアメリカでは女性がこんなに出世できる ...

  • 堀 義人 日本を変える「100の行動」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「批判より提案を」「思想から行動へ」「リーダーとしての自覚を醸成する」─。 政界、財界、学界、文化人などが、毎年冬に集まる会合がある。日本版ダボス会議と呼ばれる「G1サミット」だ。討論に終わらず、変革のために「100の行動」を始めるという。 「G1サミット」をご存じだろうか。2009年、冬景色の福島 ...

  • 格言に学ぶ「ドラッカー流経営」のすべて

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人間の本質を考え抜いたドラッカーの結論は、単純明解だ。長い歴史を通じて「人間は賢くならない」というものだ。だから人は同じ間違いを繰り返し、歴史は繰り返す―。 ドラッカーの思想は時代を選ばない。それはドラッカーが人間を見つめ、考えつくした人間通だからできたことだ。この変革の時代でも変わることなく、その ...

  • 「強い経営チームのつくり方」3つのアドバイス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「多様性」のあるチームにする シリコンバレーで急成長し、“Billion Dollar Club”の仲間入りをした企業のひとつにクラウドフレア(CloudFlare)がある。ミシェル・ザトリンとマシュー・プリンス、リー・ホロウェイの3人が創業したインターネット・セキュリティ企 ...

  • 「CEOの時間管理」5つのヒント

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ヒューレット・パッカード(HP)再建中のメグ・ホイットマンCEOは、時間に追われる毎日だ。時間のない、そして時間管理に慣れていない経営者に向けた彼女の実践的アドバイスを紹介する。 (中略) 毎週、優先事項を調整する 私は、何をやり遂げなければならないか、という「TO DO」リストを定期的に見直してい ...

  • 「当たり前を着実に」バンカメ再建の真実

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    (中略) そんな猛烈な逆風が吹き荒れるなか、モイニハンと最高財務責任者のブルース・トンプソンは、果敢にも、バーコウィッツの電話会議に参加し、怒りに震える機関投資家とリテール投資家に正面から向き合った。だが、90分間に及んだこの会議で、モイニハンが投資家に示したのは、“特効薬” ...

  • ザッポスCEOトニー・シェイ「21世紀型組織」の作り方

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    (中略) 例えば、ジョーク好きな顧客係はジョークで顧客を楽しませる。電話先の顧客の背後から犬の声が聞こえてきたら、犬の話題をして顧客とのつながりをつくる。家族が亡くなった顧客には花を贈る。サイト上では商品の翌日配達を約束してはいないが、翌日に届けてサプライズを与える。事務的になりがちな顧客サービスに ...

  • 千元倖生「世界に通用する経営者」5つの条件

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    (中略) イー・アクセスは2000年10月、実質的に日本で初めてADSLの定額サービスを開始した。(中略)順調すぎるスタートを切ったように思えた矢先、社員たちが「もはやこれまで」と絶望するほどの衝撃が走った。01年6月、孫正義氏が率いるソフトバンクグループとヤフージャパンが業界平均の半額以下で同じサ ...

  • THIS IS THE PROFESSIONAL CEO 米国流に学ぶ「プロ経営者」の神髄

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    WE LIKE OUR BOSS! RANKING BY EMPLOYEES いま、全米で注目を集める経営者とはどんな人々だろうかまず、ここに並んだ有名なCEO18人は、従業員と元従業員が自分のボスを支持しているか、その理由とともに集計したランキングだ。上位に並んだ彼らには共通点 ...

  • アマゾン・ベゾス流「勝ち続けるリーダーシップ」とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    莫大な赤字を積み上げながらも、苛烈なまでの価格・サービス志向で、顧客と市場からの絶大な信頼を得る、アマゾン創業者、ジェフ・ベゾス。夢想家でありながらデータ至上主義、ビジョナリーでありながらギークな技術系創業者の、「勝ち続けるリーダーシップ」を追う。 ジェフ・ベソスの給与が8万ドルだということを知って ...

  • 藤森義明 「 新日本的経営」のデザイン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「トイレのスティーブ・ジョブス」。 ウォール・ストリート・ジャーナルに書かれた男は、おそらく日本の起業しに名を残すだろう。アメリカの名門企業ゼネラル・エレクトリックからやってきた藤森義明。ゲームに勝ち続けるために、つねに強いリーダーを演じきる彼は、たった3年でグローバルカンパニーを築き上げた! 米G ...

  • 始動した「スーパーハイスクール」 未来のチェンジメーカーは軽井沢で育つ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    誰もが想像できない未来。それを築くスキルとは何か。この8月に開校した「ISAK」は、新しい価値観を世界に打ち出すリーダーたちを、日本から育てようという挑戦の場だ。 世界から集まった教師、生徒、支援者が共感したものとは何か─。 ついに日本のリーダー教育が変わる日が来た。軽井沢・フロンティア・リーダーシ ...

  • 野々上 仁×出井 伸之 新旧融合 日本をリードしてきた人、これからリードする人

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    古今東西、成功した企業には共通点がある。それはひとりで起業した会社などないことだ。 社会の課題を解決したいという情熱とアイデアをもった若者に必要なのは、戦後の日本を築いたビジネスマンの経験値である。世代間のレバレッジこそ、停滞から飛躍への転換を可能にする。 チームを大切にし、長年最先端テクノロジーと ...