• 年上の部下、どう扱えば... 若手管理職・経営者がすべきこと

    Ian Altman , CONTRIBUTOR

    自分より若い部下を指導する方法についての手本は多いが、26歳で最初の会社を起業した私は、事業の急成長により、すぐに自分より年上の社員を雇うようになった。それから数え切れないほどの間違いを経て、ようやく年下の上司が年上の部下を統率する方法を見出した。自分の立場を明確にCEOであれ、管理職への昇格であれ ...

  • 凄いスタートアップ、メルカリの「働き方」はここが違う!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「ルールを増やすと、つまらない会社になってしまう。ずっとそう言い続けてきた」組織の設計思想として、「性善説」を掲げるメルカリ。取締役の小泉文明は、働き方の自由を縛るルールをなるべく作らずに、組織を運営することを強く意識する。社員への情報のオープン化も、そうした理念を反映した施策の一つ。給与やストック ...

  • あなたを操るために「サイコパス上司」が取る7つの行動

    Keld Jensen , Contributor

    これまでの複数の調査から、管理職の5~10人に1人がサイコパス(精神病質者)であるとの結果が示されている。つまり、全ての管理職の10%以上にサイコパスの可能性があるということだ。何と恐ろしいことだろう──。私たちは交渉の場において、サイコパスに分類されそうな多くの人たちに出会う。少なくとも、サイコパ ...

  • あなたの上司はリーダー失格? 無能管理職が持つ5つの特徴

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    優れた企業や組織は、昇格したからといって誰しもがリーダーになれるわけではないと心得ており、リーダーシップ開発に真剣に取り組むものだ。だが実際には多くの企業が、新任管理職は指導や指示を受けなくてもおのずと社員の統率法を身に付けていくと勘違いしている。力不足の上司が多い理由の一つに、若いリーダーを育てる ...

  • 韓国IT大手で初、ネイバーに女性CEO 「仕事と結婚」の元記者

    Elaine Ramirez , CONTRIBUTOR

    韓国のIT最大手ネイバー(NAVER)は、ハン・ソンスク副社長(50)が同社初の女性最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。韓国IT大手トップへの女性就任は初めて。同社が向かう方向性、そして韓国IT業界における大きな変化を示す人事だ。CEO交代人事は、17日の株主総会で承認された。8年間にわた ...

  • 従業員の「精神的健康」について企業が取るべき7つの対応

    Amy Morin , CONTRIBUTOR

    心理療法士である筆者はしばしば、従業員の精神的健康の促進に関する企業の態度を、患者たちの言葉から感じ取る。「ワーカホリック」を称賛する企業、リーダーが人を罵倒するような企業などには、精神的健康に問題を抱え、治療が必要な従業員が複数いる。心理療法士たちは、従業員の精神的な健康と職場環境との明確な関連性 ...

  • 医療xテクノロジーで近づく「患者が主導権を握る」時代

    Daniel Newman , Contributor

    テクノロジーは医療業界に大きな変化をもたらしている。実際に、手術ロボットや「スマートホスピタル」の登場は患者へのケアに革命を起こしている。アメリカでは、最新技術の導入によって医療への支出を3000億ドル(約34兆円)節減できると予想されている。医療市場への新たなテクノロジーの導入には、ケアの面でも経 ...

  • 心をつかむプレゼンのコツ6選

    Lisa Rabasca Roepe , CONTRIBUTOR

    プレゼンテーションの際、内容を急ぎ足で伝えてしまい、聴衆の心をつかめなかったと感じる人は多い。プレゼンの講習やコンサルティングを提供する米企業ポーティコPR(Portico PR)の創業者メーガン・ドッターいわく、会議室での事業部内ミーティングであれ、講堂で大勢を前にした講演であれ、合格ラインを超え ...

  • Slackなどテック企業が採用 働く母親サービス「Lucy」が事業拡大

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    言うまでもないことだが、米国の企業社会は女性の活躍を想定して築かれていない。女性が男性の補佐以上の地位を獲得するようになったのは、ほんの一昔前だ。それまでは、女性は妊娠したり、太ったりしただけで解雇されてもおかしくない存在だった。あらゆる業界で女性リーダーが躍進する現在においても、女性の平均収入は男 ...

  • 制度変更で離職率が低下、米企業で進む「勤務評価システム」改革

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    年に一度のパフォーマンスレビューを楽しみにしている人はほとんどいない。マネージャーであれば長ったらしい評価表を作らなければならないし、従業員にしたら、たまにしか行われない一方的な評価は不安の種になる。しかし新たなデータによれば、より短く継続的なフィードバックを提供する企業が増えており、それがビジネス ...

  • あなたの賢さを証明? 知能指数の高さを示す5つの科学的証拠

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    知能指数(IQ)は決して、あなたの人生の成功を決定付ける唯一のものではない。これまでの研究から、成功のための最重要の要素でもないことが、すでに明らかになっている。だが、それでもIQが高いことは悪いことではない。私たちの大半は、自分が実際にどれだけ「賢いのか」を知ることなく人生を送る。IQは測定が難し ...

  • 女性が最も稼げる仕事トップ10 米では医療関係が多数

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    米国で働く女性の中で、2016年に最も高額の収入を得たのは企業の最高経営責任者(CEO)たちだった。年収の中央値は9万7552ドル(約1106万円)。だが、男性CEOは女性たちより22%多い12万5788ドルを稼いでいた。米国で最も高賃金の仕事は、数え切れないほど数多く理由で、性別によって異なる。フ ...

  • 内容より伝え方! スピーチが「うまく見える」シンプルな方法

    中井 信之 , CONTRIBUTOR

    もしあなたが突然、「今日の夕刻に大勢の前でスピーチをしてくれないか」と頼まれたらどうするだろう?たいていの人は“感動するような内容”を考えることに時間を使うだろう。しかし、あなたにとって長期的に有利になる結果を考えると、内容よりも“伝え方”を工夫をした ...

  • 香港在住の構造家に聞く「海外で仕事を続けるメリット」

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    国内外の建築構造設計を担う香港在住の構造家・金田泰裕氏。新国立競技場コンペも経験した氏に、パリで独立するまでの歩み、海外在住のメリットなどクリエイティブな生活スタイルを聞いた。日本、パリ、香港と場所を移しながら、構造設計者として活動しています。建築の構造設計とは、建築物を形成する方法、および全体的構 ...

  • 米従業員調査でわかった「最も憂鬱な仕事」トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    気分を沈ませる仕事を続けるのは嫌なものだ。毎朝、目が覚めると、もう慣れっことはいえ気がめいるような仕事が待っている。そして仕事を終えると、困惑や退屈、ストレス、恐怖や疲労を組み合わせたような気持ちになる。そうした憂鬱な気分からは、抜け出すのが難しいものだ。だが最も憂鬱な気分にさせる仕事とは、どのよう ...

  • 英ヘンリー王子と交際の女優マークル、「プリンセス」にはならない?

    Cecilia Rodriguez , CONTRIBUTOR

    英国のヘンリー王子が交際中の米女優メーガン・マークルと結婚すれば、マークルは「プリンセス」になるのだろうか?厳密にいえば、その答えは「ノー」だ。そして、それはケンブリッジ公爵夫人キャサリン(ケイト・ミドルトン)も同じだ。ここ数週間、昨年から交際中のヘンリー王子とマークルがともに公の場に姿を見せたこと ...

  • インスタグラムが広報活動の「必須ツール」である3つの理由

    AJ Agrawal , CONTRIBUTOR

    インスタグラムは最近、「ストーリー」内でフルスクリーンの広告を打てるサービスを開始した。企業がキャンペーン専用のストーリーを作れるようになったことは、今後のSNSでのプロモーションに大きな変化をもたらすことになる。2017年はビジュアルコンテンツの年になることは間違いない。ニュースサイトSearch ...

  • スタートアップ企業がメディアの取材で注意すべき3カ条

    AJ Agrawal , CONTRIBUTOR

    どんな経営者もニュースを読むのが好きだが、自分が取材を受けるとなったらどうだろう。好意的な取材であっても、インタビューを受ける側は緊張するものだ。取材者によっては秘密を暴露する狙いを持っている場合や、悪いイメージを与える編集をされる危険もある。多くの取材者が悪意を持っているわけではないが、特に初めて ...

  • スキャンダル漬けの製薬大手を「治療」したCEOの静かなる退出

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今年の3月に製薬大手GSKを退任するアンドリュー・ウィティーCEOは、こんなふうに人々の記憶に残りたい、と考えている。マラリアやエボラウイルスに対するワクチンの開発に取り組み、経営を安定させ、医薬品の販売促進を目的とした医師への支払いを止めさせた倫理的なCEOー。だが彼がCEOに就任した2008年以 ...

  • 「世界で最も倫理的な企業」、今年は124社に 日本は花王のみ選出

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    米FOXニュースに対するセクハラ訴訟から同国の大手銀行ウェルズ・ファーゴの大規模な不正問題まで、2016年もさまざまな企業の不祥事が報じられた。だが、倫理基準を厳格化する企業は年々、増加している。米シンクタンク、エシスフィア・インスティテュート(Ethisphere Institute)は3月13日 ...