• AIは「プラスになる」と考えるも「理解している」のは3割未満

    Steve Olenski , CONTRIBUTOR

    マーケティングソリューションを提供するデマンドベースと調査会社ウェークフィールド・リサーチが合同で実施した調査によれば、マーケティングリーダーの80%は、2020年までにAI(人工知能)がマーケティングに革命を起こすと考えている。回答者のほぼ全員(98%)は、AIが総合的なマーケティングにとって何ら ...

  • 職場でカッとなるその前に… ストレス環境で感情を操る秘訣

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    大きなストレスを感じる時、人は往々にしてその場の感情に流され、後で後悔するような行動を取ってしまいがちだ。ハーバード大学医学大学院で講師を務める著名な心理学者スーザン・デービッドは新著『Emotional Agility(感情の敏捷性)』の中で、思考という内面的世界をコントロールするための貴重なアド ...

  • 社会への貢献を実感できる仕事、米では「整形外科医」が1位

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    新年を前に、個人としても仕事の上でも生活を向上させたいとの考えが頭に浮かぶ時期だ。より良い世界のために貢献したいという気持ちが高まっている人もいるかもしれない。企業の給与などに関する情報を収集・提供するペイスケール・ドットコムは先ごろ、約46万6,000人を対象に米国で実施した「あなたの仕事はより良 ...

  • キャリアの破滅を招く7つの行動 悲劇を避ける秘訣は「自覚」

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    優秀で勤勉な労働者のキャリアを破滅させる原因は数多くある。単なるミスが容赦ない結末を導く可能性もある。そして、築いたキャリアを失う人たちの大半は気付かないうちに自分で、そうした結果を招いている。企業の研修やリーダーシップ育成などを支援する米バイタルスマーツの調査結果によると、調査対象とした労働者の8 ...

  • 「成功者に共通する8つの習慣」 自分を大切にすることも

    Jennifer Cohen , CONTRIBUTOR

    誰からも例外なく、「成功者」とみられる人たちがいる。その業績は私たちに強い印象を与え、私たちはその経験から学びたいと思う。こうした人たちが共通して自らの成功の理由として挙げることには、次の8つがある。1. 継続する成功と機会は懸命の努力とよく似ている。自分が進めているプロジェクトに情熱を注いでいるな ...

  • リーダーたちが2017年に使ってはいけない「5つの言葉」

    Glenn Llopis , CONTRIBUTOR

    言葉には力がある。私たちの誰もがそのことを知っている。そして、リーダーたちには2017年、特に避けた方が良い言葉が5つある。いずれも否定的な意味を持つものではないが、彼らが好機を見出す力を制限し、真に開かれた心を持つ力を抑え込んでしまう言葉だ。1. 変化2016年の米大統領選を通じて筆者が改めて認識 ...

  • あなたにはいくつある? 成功のために「捨てるべき5つの癖」

    Travis Bradberry , CONTRIBUTOR

    成功するためには粘り強さが必要だ。それは確かにそうだ。だが、やめることが最も効果的な行動だという場合もある。失敗に終わったプロジェクト、報われない仕事、絶望的な人間関係──断ち切ることが正しい場合もある。私たちの中にはやめ時を知ることに長けた人と、そうでない人がいる。何であれ、何かを“手 ...

  • 宅急便は単なる運送業にあらず! ヤマトホールディングス 山内社長

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    「クロネコヤマトの宅急便」が誕生して、今年で40周年。今秋発表された日経リサーチによる2016年版企業ブランド調査で、ヤマトHD傘下のヤマト運輸は初の首位を獲得した。過去の首位は日本マイクロソフト、グーグル、ソニー、アップルジャパンなどいずれも家電・IT系の企業で、サービス系の企業では初の快挙となる ...

  • 米女性セレブの豪華な休暇 滞在先は世界各地の島や古城

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    フォーブスが12月14日に初めて発表した「米国人セレブの保有資産ランキング」で上位に入った女性たちは、どのような場所で休暇を過ごしているのだろうか?このランキングで女性の20位までに入った有名人のうち、旅が大好きな筆者が特に注目した6人と、その旅先や滞在先を紹介する。オプラ・ウィンフリー(推定保有資 ...

  • 転職活動で自分を安売りしてはいけない10の理由

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    早く新しい職に就きたいと焦るあまり、希望年収を下げてしまう気持ちはよくわかるが、それは得策ではない。希望給与額を不自然に低く設定すると、採用担当者の不信感を買うことになる。相手が最初に考えることは「まあ! 有能な人材がこんなに安く雇えるなんて、何という掘り出し物かしら!」──ではない。採用担当の頭を ...

  • 消えるコンテンツやダークソーシャルも 2017年に注目すべき15のトレンド

    AJ Agrawal , CONTRIBUTOR

    ビジネス上の戦略を立てる人たちにとって、毎年12月はその年のパフォーマンスを見直してみるべき時期だ。それがなければ、翌年に向けて必要な調整を行うこともできない。今後、特に注目すべき15のトレンドを紹介する。1. インタラクティブ・コンテンツインタラクティブ・コンテンツには、評価や調査、投票を行うサイ ...

  • 「自分は絶対に正しい」人が間違っている理由

    David Sturt and Todd Nordstrom , CONTRIBUTOR

    小学生だった頃、どんな問題でも自分なら解けると思っていたクラスメートが一人や二人はいたはずだ。そういう子は、他人の発言中にも割り込み、いつも最後に一言意見を言わないと気が済まない。皆で遊んでいる時でさえも、一番正しいのは自分だと主張する。残念ながら大人になっても、職場で似たような同僚を目にする。小さ ...

  • いじめられっ子から起業家へ、好転のきっかけは「認められたこと」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「途上国から世界に通用するブランドをつくる」という理念をもと、山口絵理子は2006年にマザーハウスを設立した。自らバングラデシュ、ネパール、インドネシアなど現地へ赴き、職人と交渉をしながら、レザーのバッグやストールなどのデザイン・生産を行い、2015年からインドネシア、2016年からはスリランカの資 ...

  • 村づくりという100年越しの夢/池の平ホテル・矢島義拡社長

    堀 香織 , CONTRIBUTOR

    中学生で訪れたスイスの小さな街の風景が忘れられず、祖父の事業を引き継いだホテル経営者の矢島義拡氏。と地域活性、人材育成のためのアイデアを聞いた。長野県の白樺湖周辺でホテルを中心に高原リゾートを経営しています。終戦後、私の祖父は開拓者としてこの地に入植し、農業・酪農を経て、登山客を泊める民宿を始めまし ...

  • 信頼されるから仕事ができるのか、その逆か 報酬や人種によって実感に差

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    職場で何よりも重要なのは信頼だ。マネージャーに信用されていないと感じている従業員は、自分の下した判断について悩んだり、先行きに不安を感じたり、転職を考えたりする。また、ストレスを感じやすくなり、信頼されていないことに対して怒りを感じることさえある。しかし、高収入の従業員を筆頭に大半の労働者は、好意的 ...

  • 職場で女性に求められる5つの役割、最悪は「母親」

    Falon Fatemi , CONTRIBUTOR

    米国の女性たちは、この数十年で大きな進歩を遂げてきた。だが、それでもまだ平等が実現されない場がある──職場だ。S&P500構成企業の従業員のうち、およそ半数は女性だ。一方で、これら企業の上級管理職に女性が占める割合は25%。取締役では19%に過ぎない。さらに、最高経営責任者(CEO)ではわず ...

  • 米大卒者に人気の職業トップ10、1位はアカウント・マネージャー

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    ビジネス向けSNSのリンクトインは、数百万人にのぼるユーザーのプロフィールを分析し、2016年に大学を卒業した者たちがどのような職業に就いたのかと、その給与の平均を割り出した。給与データはリンクトインの年収検索ツール「リンクトイン・サラリー」から提供されたもので、経験1年未満のアメリカの労働者の給与 ...

  • 米国の「最も給与の高い職種」 2016年トップ10

    Karsten Strauss , FORBES STAFF

    米求人情報サイトのキャリアキャストが、2016年の「最も給与の高い職種」ランキングを発表した。その上位には、厳しいトレーニングや教育、経験を必要とする仕事が多くランクイン。大金を稼ぐには、それらが必要だということを示す結果となった。同ランキングは、キャリアキャスト毎年恒例の職業関連報告書(米労働統計 ...

  • もうすぐ解雇? 見極めるための10の兆候

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    現在の仕事を今後も続けられるかどうかについて、心配せずにいられる人などいられるだろうか──?レイオフ(一時解雇)を言い渡されたり、突然解雇されたりする人は大勢いる。ただ、こうした人たちのほとんどは、「言われたときはショックだった。でもそれから数日たって、問題があることを示す兆候はあったのだと気が付い ...

  • 発想法に効く! 創造力を刺激する名著12選

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    クリエイティビティを育てる環境や方法論は十人十色。そこで、発想法やイノベーションに効く名著 12選をご紹介しよう。METHOD メゾッド1.『アイデアのちから』チップ・ハース(著)ダン・ハース(著) 飯岡美紀(翻訳)日経BP社刊 ¥1,728強烈なアイデアは人を動かし、歴史すら変えるー。ソニ ...