• 世界を変える「慈善事業的投資」とは何か

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医療機器開発のパイオニアとして知られ、富豪ランキングの常連でもあったジョン・アベル。 そんな彼が、慈善活動やベンチャー投資に情熱を傾け、第2の人生を歩んでいる。再生可能エネルギーの普及にも力を入れ、自身が暮らす村の電力まで供給するようになった彼はなぜ、「他人のため」に生きることに決めたのか。 (中略 ...

  • 人間の本能に逆張りせよ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    人間は感情に流されやすい生き物だ。そして、その行動は本能によっても支配される。 「多くの投資家は、少なからずこうしたものの影響を受けミスをしている」と、行動経済学者のリチャード・セイラーは考える。では、市場の株価とは“誤った価値”なのだろうか? そして、それを見越したうえで、 ...

  • 私をベンチャー「150億円投資」に駆り立てた言葉

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ウォーレン・バフェットは伝説的投資家であるとともに、バークシャー・ハサウェイの優れた経営者でもある。そんな彼の“経営者の哲学”に影響を受けている経営者も多い。そのひとりがインターネット広告代理店のオプト・鉢嶺登社長だ。 ―バフェットとの出会いはいつですか。 鉢嶺:2000年代 ...

  • ここが違う!「オマハの賢人」と「ハゲタカ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    本質を見抜く」「原則がぶれない」―。世界一の投資家ウォーレン・バフェットへの評価は、半世紀にわたる年平均リターン+19.7%という驚異的な結果だけでなく、その“投資哲学”にある。コモンズ投信の渋澤健会長に投資家の視点からその「手法」と「哲学」をひもといてもらう。 ...

  • 宝の山の成長戦略「100本の針」に目を凝らせ!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    3 本目の矢が放たれた。アベノミクスの3 本目の矢、成長戦略のことである。しかし、それほど評判がよくない。 私は違う見方をしている。今回放たれたのは1 本の矢ではなく100 本の針だったのだ。放たれた小さな針に目を凝らしてみよう。なぜならば、そこにはビジネスや投資向けの数多くのネタが隠されており、私 ...

  • 野望、結束、挑発! 「世界最強の投資会社」の全貌

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アップルにはじまり、オラクル、シスコ、ヤフー、グーグルは、「セコイアの子どもたち」と呼ばれる。世界に名だたるグローバル企業を無名時代から支え、投資してきたのが、世界最大級のベンチャー投資会社「セコイア・キャピタル」だ。知られざる全貌に肉薄する本邦初のレポート。 「勝ちたい」。スタートアップに最も重要 ...