• 伝説の投資家に学ぶ「今に活きる哲学」03カール・アイカーン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    伝説の投資家は、もちろんウォーレン・バフェットだけではない。 ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズ、ピーター・リンチ……など、これまで“伝説”を残した投資家を挙げればきりがない。 フォーブス ジャパン2014年10月号では、「投資は哲学だ!」という特集テーマに適した投資家を9人選び、その投資実績や投資 ...

  • 米国で拡大「ロボ・アドバイザー」投資の代表的企業

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    ここ数年、ロボ・アドバイザーと呼ばれる、アプリやウェブを活用した少額投資を支援するビジネスが活性化している。 例えば「Acorns」というアプリの場合、ユーザーのクレジットカードや銀行口座とリンクし、数ドル程度の残高をインデックスファンドなどの投資信託に投資する。ユーザーはあらかじめ、投資にあたって ...

  • 伝説の投資家に学ぶ「今に活きる哲学」02ピーター・リンチ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    伝説の投資家は、もちろんウォーレン・バフェットだけではない。 ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズ、ピーター・リンチ……など、これまで“伝説”を残した投資家を挙げればきりがない。 フォーブス ジャパン2014年10月号では、「投資は哲学だ!」という特集テーマに適した投資家を9人選び、その投資実績や投資 ...

  • 伝説の投資家に学ぶ「今に活きる哲学」01ジョージ・ソロス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    伝説の投資家は、もちろんウォーレン・バフェットだけではない。 ジョージ・ソロス、ジム・ロジャーズ、ピーター・リンチ……など、これまで“伝説”を残した投資家を挙げればきりがない。 フォーブス ジャパン2014年10月号では、「投資は哲学だ!」という特集テーマに適した投資家を9人選び、その投資実績や投資 ...

  • ゴールドマンサックス推奨「ミレニアル関連株式」11社リスト

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    ミレニアル世代――“デジタル・ネイティブ”とも呼ばれる彼らは現在18歳から35歳。米国の7,500万人がこれに当てはまり、インターネット中心の暮らしをしている。彼らは常にiPhoneやiPad、そしてKindleを身のそばに置き、あらゆるエンターテインメントをネット経由で楽し ...

  • 私がこの起業家に投資した理由:倉林 陽(Draper Nexus Venture Partners)⇒平尾喜昭(XICA)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ぶれない“ストーリー”を持ち続ける起業家 私がこの起業家に投資した理由 倉林 陽(Draper Nexus Venture Partners)⇒ 平尾喜昭(XICA) 平尾喜昭が創業したサイカ(XICA)は誰でも簡単に使用できる統計分析ツール「adelie(アデリー ...

  • 米「ミレニアル世代」はディズニーとテスラ株に投資する

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    80年代以降に生まれたミレニアル世代の成長期は、ディズニー黄金時代と重なる。『リトル・マーメイド』が全米公開されたのは1989年、『美女と野獣』は1991年、『アラジンと魔法のランプ』が1992年で『ライオン・キング』が1994年だ。 ミレニアル世代のフォーブス記者たちのなかには自分たちを「ライオン ...

  • ソフトバンク 韓国ECサイトに10億ドル出資

    Ryan Mac , Forbes Staff

    韓国で急成長を遂げるEコマースサイト「クーパン(coupang)」は日本のソフトバンクから10億ドル(約1240億円)の資金調達を行うことを発表した。 今回の取引は7月に完了する見込み。10億ドルという巨額な資金は韓国最大のオンラインストアを展開するクーパンに多大な力をもたらすと見られる。 クーパン ...

  • 中国で「ドローン関連投資」活発化 “株価5倍”高騰企業も

    Russell Flannery , Forbes Staff

    中国のかつて目立たなかったブランドがこの数年間で世界中に広まってきた。パソコンではレノボ。スマートフォンではファーウェイ、アジアに住む人にとってはシャオミだ。 そして新たな急成長を遂げるのがドローンの分野。この分野の覇者、中国のDJIは民生用ドローンの世界的メーカーだ。今年1月、同社製のドローンがホ ...

  • 「アップルの株価は安すぎ」投資家・アイカーンが主張する理由

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    物言う投資家のカール・アイカーンは、アップルの株価は「著しく過小評価されている」と今でも考えており、5月18日に目標株価を再び引き上げた。 アイカーンはアップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)に宛てた公開書簡で、なぜ同社が誤って評価されていると考えるのかを詳しく記し、さらなる自社株買いを促し ...

  • 「強気の予想数字」と「予想の粉飾」の違い

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    筆者は、ベンチャー企業への大型投資が増えていることを歓迎するものの、予想数字を過大に挙げる起業家が出ている風潮に警鐘を鳴らしている。 最近、ベンチャー投資市場で大型の資金調達が目立っている。売り上げ数億円規模の会社が10億円以上の調達をすることも珍しくない。そして、それらの会社が挙げる予想数字が非常 ...

  • 明治時代の離婚事情から占う「アベノミクス」の未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本の経済政策への期待感から株式市場は活性化したものの、投資家はまだ懐疑的だ。 だが、筆者は意外な歴史的事実を引き合いに、今後の見通しは明るいと予想する。 安倍晋三政権は、日本の株式市場に投資家を呼び込むことに熱心に取り組んできた。ここまでの取り組みは評価できる。しかし、まだ日本株の資本コストを下げ ...

  • GoPro 世界的人気で売上58%増

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    超小型軽量カメラGoProの第1四半期の売上は、米国外からの需要の増加を受け、54%増となった。同社の売上高と純利益はいずれも予測値を上回ったが、株価の方は時間外取引で4%下げた後、プラスの域まで回復した。 全体として、当四半期の純利益は1680万ドル。1株あたり11セントとなり、昨年同期の850万 ...

  • グーグルの社屋リフォーム費「5億ドル」の使い道

    Erin Carlyle , FORBES STAFF

    時価総額3,567億ドルを誇るグーグルは、2004年から2014年までの10年間に、社屋建設とリフォーム費用に5億ドルの費用を投じたことが判明した。これは建築業者検索サイトBuildZoomの調査によるもの。 グーグルの広報担当によれば、53,600名の同社従業員の内、20,000人がマウンテンビュ ...

  • フォーブス アーカイブ / 「過去に学び先を読む」ウォーレン・バフェット流投資術

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「世界最高の投資家は誰か?」と聞かれて、まず思い浮かぶのが、おそらくこの人ではないだろうか。 「オマハの賢人」こと、ウォーレン・バフェット(84)だ。彼は、長期にわたって驚異的な運用実績を誇ってきた。バフェットは、企業の価値を見極めたうえで、それを大きく下回る価格で株式を買う、いわゆる「バリュー投資 ...

  • GE、アップル 大企業が巨額の「自社株買い」連発の理由

    Steve Schaefer , FORBES STAFF

    米ゼネラル・エレクトリックは先日、500億ドルという巨額の自社株買い戻しを決定した。このところの米国企業による自社株買い戻しへの欲求はすさまじい。 フォーブスが最近入手した資料によると、過去10年の間にS&P500指数構成企業は4兆ドル近い自社株の買い戻しを実施している。その一方、投資家らがミューチ ...

  • 動画配信のネットフリックス 株価急騰の理由

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    通常、ある企業の一株当たり利益が1年前より50セント近く減少し、ウォール街の予想を31セント下回ったというニュースが流れれば、株価は下落する。しかし、ネットフリックスの場合はそうならなかった。予想を上回る会員数の伸びにより、4月15日の時間外取引で株価は急騰。同社は2004年以来初となる株式分割の計 ...

  • 高級ブランド限定「リセール」企業 RealReal社が48億円の資金調達

    Ryan Mac , Forbes Staff

    ハイファッションに特化した中古品の委託販売事業を手がけるリアルリアル社(RealReal)は、4千万ドル(約48億円)の資金調達を行ったことを発表した。ユーザーが委託したブランド品のリセールを手がける同社は2011年に米国でサービスを開始。2013年8月には日本にも上陸している。 創業者の女性CEO ...

  • 勝ち続ける投資家の「必勝の法則」とは?藤野英人

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    久々に、日経平均株価指数が2万円超えをするなど、回復傾向にある日本の株式市場。 だが今こそ、「株価ではなく、投資先の価値に目を向けるべき」と筆者は説く。 日経平均株価指数が4月10日に2万円を超えた。数字そのものに特に意味があるわけではないが、メディア的には報道価値があり、世間の関心も高い。一方で、 ...

  • 米NBAに吹き荒れた「バルマー・バブル」の終焉

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    マイクロソフトのスティーブ・バルマー前CEOが1年前、NBAのロサンゼルス・クリッパーズを、史上最高額の20億ドル(約2兆4,000億円)で買収して以来、プロスポーツチームの資産価値の向上に期待が高まっていた。だがそれは、もはや見込み違いに終わったようだ。 ロシアの億万長者ミハイル・プロホロフに聞く ...