• BUFFETT名言集 #5

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    最も重要なのは、自分の能力の輪をどれだけ大きくするかではなく、その輪の境界をどこまで厳密に決められるかです バフェットは「能力の輪」という言葉をよく使う。投資には能力の輪から出たくなるような誘いが多くあるが、そのときも輪の外に出ず勝手知った自分の輪を守るべきだと言う。 穴にはまっていると気づいたとき ...

  • BUFFETT名言集 #4

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「なぜ自分は現在の価格でこの会社を買収するのか」という題で1本の小論文を書けないようなら、100株を買うこともやめたほうがいいでしょう バフェットはいま、投資家たちにこうアドバイスする。それは大学生時代に「ベン・グレアムが買ったから自分も買った」との発言をある大物投資家から批判された経験による。 投 ...

  • BUFFETT名言集 #3

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    喜んで10年間株を持ち続ける気持ちがないなら、たった10分間でも株を持とうなどと考えるべきですらないのです 事業内容にかかわらず株価だけを見て、下がれば買い、上がれば売るのが投機家で、それは不安定でリスクが大きい。その誘惑に負けないのが真の投資家とバフェットは言う。 投資の世界には、見送りの三振があ ...

  • 日本株は、4月から内需も輸出もエンジン全開

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    毎年、冨士浅間神社で事務所用の破魔矢を買うが、龍や虎の干支に比べ、今年の羊にはどうにも心が躍らないという筆者が予測する「未年の株価見通し」はいかに。 経済的な視点から見ると、下がり続ける原油価格に対してOPEC(石油輸出国機構)が介入してこないのは、信じられない展開である。産油国は、かなりの減収を容 ...

  • BUFFETT名言集 #2

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    株を買うなら、どんな愚か者にも経営を任せられる優れた会社の株を買いたいと思うでしょう。なぜならいつかは愚かな経営者が現れるからです。 友人ビル・ゲイツがかつてコカ・コーラを「経営者が人間ではなくハム・サンドイッチだったとしてもオーケーだ」と皮肉ったが、バフェットにはそれこそが理想的な企業だ。 私は自 ...

  • BUFFETT名言集 #1

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    飛び越えられる30センチのハードルを探した。2メートルのハードルをクリアできる力があったのではない 自らの成功の理由として、難しいビジネスに投資するリスクを冒すよりも、自分がよく知る、自分にとって簡単なビジネスをじっくり探し、投資してきたからだと語っている。 雪がよくくっついてくれるには、それなりの ...

  • ロバート・ゼーリックと 「地政学と世界経済」を考える

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    「蔓延する政治リスク」が、 経済の構造改革を阻む 世界がニュー・ノーマルから脱するには、政治的な決断が必要だ。しかし政治がコントロールできるかどうかは、地域によって大きな差が生まれようとしている。 ロバート・ゼーリックの名前が、日本で一般的に知られるようになったのは、小泉・フ ...

  • モハメド・エラリアンと考える 「金融政策と世界経済」

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    「多速度的世界」を理解する者がニュー・ノーマル後を生き残る 金融危機後、世界経済は、非伝統的な金融政策がとられる予測不能な次元に入った。いま、投資家が知るべきこととは 世界屈指のエコノミストに、その答えを求めた。 ※以下、本誌掲載インタビュー記事より抜粋 2015年の世界を脅かす3つのリスク ...

  • 本誌編集長 高野真:「2015年の投資環境」 ニュー・ノーマル後の世界を考える

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    過度の金融緩和による時間稼ぎは限界に達した。継続する金融政策と過剰流動性、潜在成長率低下で迫られる構造改革、高まる地政学的リスク。これかられる新たな経済フレームワークとは 世界経済のフレームワークは、リーマン・ショックから変わった。潜在成長率は低下し、強度の量的金融緩和が行われ、金融規制強化と ...

  • 「アナグマ」を燻り出せば、日本経済は動く!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    法令遵守だけで満足し、挑戦することの大切さを忘れた経営陣に明日はない―。2015年、投資家たちはいままで以上に経営者の「手腕」を注視するだろう。 日本にはいま、2匹の巨大な「アナグマ」がいる。それぞれが、膨大なお金をかかえている。それは「個人」というアナグマと、「企業」というアナク ...

  • 自民党の勝利で「株主リターン革命」が進む?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    歴史が繰り返されるならば、衆議院総選挙後は株価が上昇するはずだ―。 日本株に期待してきた投資家たちが報われる瞬間がまた訪れる、と筆者は語る。 安倍晋三首相を批判するのは簡単だ。確かに、日本銀行に頼ってばかりで、第三の矢の実行に時間がかかりすぎかもしれない。しかし安倍首相が、株主リターンの強化策に熱心 ...

  • 本誌に登場した識者が評価 「黒田バズーカ」の通信簿

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    従来の日本銀行には見られないレベルでの金融緩和を実施した黒田東彦総裁。デフレからの脱却を力強く宣言する「黒田バズーカ」は、一流経済人たちの目にはどのように映ったのだろうか ※以下は「黒田バズーカ」への評価 モハメド・エラリアン「◯」 アリアンツ顧問 元ピムコCEO兼Co-CIO ...

  • “消費税引き上げ議論”も“旨味”もほどほどに

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    市場を活性化させた「黒田バズーカ」の第二弾。だが、安倍首相が安心するのはまだ早い。市場が味覚音痴になる前に、いまこそ、消費税引き上げの議論に決着を付けるべきと筆者は説く。 (中略)黒田総裁の今回の金融緩和措置のおかげで、株式市場は大いに活気づくと思われる。これにより、安倍首相は次の引き上げについての ...

  • ブームに沸いた「ワイン投資」に、いま何が起きているのか?

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    ワイン投資という言葉を耳にしたことがある人も多いだろう。プレミアムワイン(ヴィンテージワイン)を現物で売り買いしたり、ワインファンドに投資したりする手法のことだ。株や債券など伝統的な投資商品とは異なる、オルタナティブ投資のひとつとして近年脚光 を浴びている。 ところが最近、そのワイン投資に異変が起き ...

  • 「黒田バズーカ」で吹き飛ばされる人たち

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日銀の金融緩和で衝撃を受けるのは、何も市場関係者だけではない。すでに、その余波が一般の消費者や大企業の経営陣を襲おうとしている。 (中略)黒田総裁は、その動きをあざ笑うように突然、金融緩和をした。市場に資金を供給するということは、少なくとも短期的には日本株の上昇要因になる。すなわち、日本 ...

  • 「ヘッジファンドの帝王」の復活劇

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “世界最高のトレーダー”として、ウォール街に名を刻んだマイケル・スタインハルト。50代で第一線を退いたが、約10年間の沈黙を破り、ファンド運用会社の幹部として「復活」。トレーダー時代とは異なる戦術で、さらなる富を築いている。 いまや「世界の金融の帝国」といわれるウォール街だが ...

  • ダブル安はない!円と日本国債は行きつ戻りつ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    国債の利率が高騰、財政赤字を補てんし切れなくなり通貨が暴落、日本が財政破たんする――。この「絶望的なシナリオ」に対して、そうはならないメカニズムを筆者が解き明かす。 (中略)現在の日本全般を売り持ちにする取引の主たる喧伝者は、テキサスのカイル・バスという投資家だ。ネット上のあらゆるとこ ...

  • 貧困層に誇りを!「マイクロファイナンス」の威力

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2006年にムハマド・ユヌス博士がノーベル平和賞を受賞したことで一躍、世界中から注目を集めるようになった「マイクロファイナンス」。彼が創業したグラミン銀行は小口投資を通じて、多くの低所得者を貧困から救い出した。そんなユヌス博士に影響を受けた人のひとりに、ブルーオーチャード・ファイナンスのオマール・カ ...

  • 「小口投資家のチカラ」で社会を動かす

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    個人の“応援したい”という思いを数万円という投資を通じてカタチにする―。 そんな小口(マイクロ)投資のプラットフォームを展開しているミュージックセキュリティーズの小松真実社長の“哲学”とは。 オリジナルな音楽で勝負するミュージシャンのために、ファンドを ...

  • 世界を変える「慈善事業的投資」とは何か

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    医療機器開発のパイオニアとして知られ、富豪ランキングの常連でもあったジョン・アベル。 そんな彼が、慈善活動やベンチャー投資に情熱を傾け、第2の人生を歩んでいる。再生可能エネルギーの普及にも力を入れ、自身が暮らす村の電力まで供給するようになった彼はなぜ、「他人のため」に生きることに決めたのか。 (中略 ...