• 「切らない美容室」を年商100億円に育てた女性起業家

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    ベテラン美容師のアリ・ウェブが、カリフォルニア州の高級住宅街ブレントウッドにブロー専門の美容室Drybar第1号店を開いたのは2010年のこと。それから6年、「カットなし、カラーなし、ブローのみ」のキャッチコピーとともに、Drybarは全米とカナダに65店舗を構える巨大チェーンに急成長した。2012 ...

  • ジェシカ・アルバ、シャラポワらが集結 アンダー30サミットが間もなく開幕

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界を変えようとする多くの若者にとって最も刺激的なイベント「アンダー30サミット」が、いよいよ10月16日から4日間にわたって開催される。フォーブスが主催する「アンダー30サミット」は今年で3年目に突入。会場をボストンに移し、規模も拡大。起業家としても注目される女優のジェシカ・アルバや俳優のアシュト ...

  • 救急医療アプリが、「病院の壁」を超えて患者を救う

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    モバイルヘルスベンチャー・アルムが目指すのは、手のひらにおさまる“スマート病院”の実現だ。「病院はスマートフォンでネットワーク化することでもっとスマートになる。私たちはこのサービスで、毎年100万人の命を守りたいんです」と話す代表取締役社長の坂野哲平の言葉は熱い。脳卒中や脳血 ...

  • 米国で最も成功した移民夫婦、「フォーエバー21」創業者らが描いた夢

    Grace Chung , FORBES STAFF

    ドン・チャンと彼の妻ジン・スク・チャンが韓国を離れアメリカにやってきたのは1981年のことだ。軍事クーデターにより全斗煥政権が誕生した韓国は戒厳令が敷かれ、混乱の時代を迎えていた。「あの頃の韓国の暮らしは大変なものでした。信じられる未来など、ありはしませんでした」とドン・チャンはフォーブスの取材に応 ...

  • 元ELLE女性編集者が生んだファッションメディア帝国 「Who What Wear」の躍進

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    10年前のインターネットを思い出してみよう。iPhoneはまだ存在せず、ネットはPCで見るものだった。フェイスブックはあったがユーザーは大学生に限られ、それ以外の人はマイスペースなどで交流していた。そしてファッション誌の公式サイトの多くは、読者を紙の雑誌へと誘導するためだけに存在していた。その頃、雑 ...

  • 「昆虫料理」ってどうですか? 好奇心で進むイノベーション女子 宮下慧

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    昆虫を使った料理を食べられるとして、話題を呼んでいる店がある。メニューに並ぶのは、「虫寿司6貫」や「アリのぷちぷち卵のハーブゼリー」。店の名は「米とサーカス」。企画やブランディングを担当しているのが、宮下慧(31)だ。「栄養価が高い」「食糧危機を救う」と、欧米ではビジネスの可能性を見出されつつある昆 ...

  • 人間の「神業」を、遠隔手術のロボットに

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スカイプなどの通話サービスで遠くの友人と映像付きで会話をするように、外科手術も近い将来、遠隔地にいる執刀医と患者をインターネット上で結んで行われるようになるー。「遠隔手術」は、医療の機会を拡大し、医師不足の社会問題を解決するとして期待を集める分野だ。「当社が目指すのはロボットの正確さと、人間の&ld ...

  • 大麻解禁で税収1千億円へ カリフォルニア州、11月に住民投票

    Julie Weed , CONTRIBUTOR

    米カリフォルニア州ホーソン市の元市長、クリス・ブラウンは大麻からの税収を見込む小都市と、大麻産業をつなぐ役割を果たそうとしている。カリフォルニア州では今年11月8日、大統領選挙と同時に嗜好大麻の解禁に向けた住民投票が行なわれる。そこには大きなビジネスチャンスが広がっている。嗜好目的の大麻解禁により、 ...

  • シリコンバレーで鍛えた「現役医師のVC」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「メドベンチャー・パートナーズ」は、日本初の医療機器専門のベンチャーキャピタル(VC)だ。設立は2013年10月。翌14年から投資を始め、すでに8つの案件を抱える。CMO(Chief Medical Officer)の池野文昭は、長年シリコンバレーで医療ベンチャーのコンサルティングに携わってきた経験 ...

  • リオの次は月だ! 世界月面探査レースに挑むHAKUTOの夢

    au × HAKUTO MOON CHALLENGE , Forbes JAPAN密着取材!民間月面探査レース

    これまで宇宙開発といえば、大規模な国家プロジェクトとして展開されてきたが、近年その流れに変化があらわれはじめている。民間の企業や経営者が、未来を見据えたビジネスとして、これに乗り出そうとしているのだ。そんな「民間宇宙時代」の象徴ともいえるプロジェクトが、2007年に始動したGoogleがスポンサード ...

  • 「大きな夢を世界で叫べ!」 堀江貴文が語る日本のスタートアップが世界で勝つ方法

    谷本 有香 , Forbes JAPAN 編集部

    世界最大級のスタートアップイベント「STARTUP WORLD CUP」の日本予選が9月21日、東京国際フォーラムで開催された。主催はアメリカに本社を構えるFenox Venture Capital。14か国16か所で地域予選大会が開催され、ファイナリストは2017年3月24日(米国時間)にサンフラ ...

  • ハンドバックで夢をかなえた女性起業家、「Dagne Dover」創業者の半生

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    ハンドバッグ業界で働く者にとって、空港内の店舗ほどユーザーの生の声を聞ける場所はそうない。急成長中の新進ハンドバッグブランド「Dagne Dover」の創業者CEOメリッサ・マッシュ(Melissa Mash)は24歳の頃、高級革製品大手「コーチ」のスタッフとしてロンドン・ヒースロー空港で働いていた ...

  • 「世界第2の起業都市」ニューヨークの最新事情

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    ブルームバーグ前市長のハイテク都市構想が起業ブームを後押し、世界第2のスタートアップ都市になったニューヨーク。その最新事情を、ニューヨーク大学ビジネススクールのアリ・ギンズバーグ教授が語る。ーニューヨークは世界第2の起業都市だと言われています。同市のスタートアップエコシステムの最新潮流を教えてくださ ...

  • 男女平等を訴える女優パトリシア・アーケットの映像作品 iTunesで公開

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    2015年、映画「6才のボクが、大人になるまで。」での米アカデミー賞助演女優賞受賞スピーチにおいて男女間の賃金平等を掲げたパトリシア・アーケットは、一夜にして男女同一賃金運動の顔になった。だが、彼女が活動家としてのキャリアを始めたのはそれよりもっと前のことだ。「自分が初めて就いた仕事が、家族計画の啓 ...

  • サスティナビリティをもっと企業価値に[ウーマン・イノベーターズ05]

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    いわゆる“成功している”女性とは、どんなキャリアを経て、どんな思いで仕事に向き合っているのか。働くフィールドは違ってもそこに共通点はあるのか?女性たちへの同一の質問を通してそれを探っていく連載「ウーマン・イノベーターズ」第5回は、ニューヨークに移住して10数年の起業家、関口匠 ...

  • ファッションコマースを革新するMetail社 「VR試着」でアジア進出の野望

    David Prosser , CONTRIBUTOR

    バーチャル試着室を提供するスタートアップ「Metail」の創業者、トム・アデユーラはかつてオンラインゲーム会社の開発責任者を務め、ケンブリッジ大学の研究者とコンピュータビジョン技術を使ったゲームの開発を試みていた。しかし、現在の妻がオンラインショッピングで感じた不満を彼に打ち明けたことが転機となり、 ...

  • Yコンビネータも支援の「生理用品」企業 Flex社を創った女性起業家

    Clare O'Connor , Forbes Staff

    これまでYコンビネータやAmplify.LAから総額112万ドル(約1億1,600万円)を調達した生理用品のスタートアップ企業が「Flex」。創業者のローレン・ショルティは自分が医療用品のメーカーを立ち上げるとは夢にも思わなかったという。彼女は起業する前、シリコンバレーで10年以上マーケティングの仕 ...

  • 「反ファスト・ファッション」で世界を変える、北欧ジーンズメーカーの奮闘

    Esha Chhabra , CONTRIBUTOR

    大量生産・大量消費のファスト・ファッションが世界中に広がる一方で、ここ数年、人と環境に配慮した生産・流通を行う“エシカルファッション”が脚光を浴びている。中でもスウェーデン発のデニムブランド「ヌーディ・ジーンズ(Nudie Jeans)」は、サプライチェーン(原材料の調達から ...

  • トヨタと次世代スタートアップが描く「モビリティの未来」 7つのコラボアイデアを紹介

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    7月29日、東京・渋谷にスタートアップ10社が集結し、都市型モビリティ「TOYOTA i-ROAD」をテーマにしたピッチコンテストが行われた。残念ながら入賞に至らなかった7企業のアイデアを紹介する。■再生可能エネルギーで充電可能なインフラ構築磯野久美子-自然電力グループ/juwi自然電力 オペレーシ ...

  • 現代のゴールドラッシュ「シリコンバレーの繁栄」が若者らを魅了する理由

    Neil Howe , CONTRIBUTOR

    シリコンバレーが米国のミレニアル世代を魅了している。学生たちの理想の企業ランキングの上位には何年も前からグーグルやアップル、フェイスブック、テスラなどのシリコンバレーの大企業が入っている。ミレニアル世代がテック業界を好むことは周知の事実だが、単にクールなガジェットに魅力を感じているわけではない。シリ ...