• 「トミー・ヒルフィガー」崖下からのブランド復活劇

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1990年代には、若者御用達ブランドとして名を馳せた米国のブランド「トミー・ヒルフィガー」。だがその後、安売り路線が裏目に出て、低迷の憂き目に遭う。復活のカギは「欧州流」だった。 (中略)1990年代には若者御用達ブランドとして一世を風靡し、00年には20億ドルもの売り上け ...

  • 「旗振り通信網」に学ぶ商売人の心意気

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    江戸時代、堂島米会所が開設されたとき、商人たちは「旗振り通信網」を生み出し、大儲けした。いつの時代も、経済を発展させるのは「民間人の知恵」なのだ。 HFTという言葉はフォーブスの読者であれば、どこかで聞いたことがあるのではなかろうか。「ハイ・フリークエンシー・トレーディング」の ...

  • 「仏教×カトリック」2つの祈りが東北に交差する日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    バチカン市国、聖パオロ大聖堂。2013年3月ローマ・カトリック教会の聖地で、仏教式の読経の声が響いた。前代未聞の2つの宗教の祈りのフュージョンは、被災地へ届くのか。 (中略)『震災後1年は、たくさんのアーティストや有名人がひっきりなしに来てくれたが、今は忘れ去られたように誰も来てくれな ...

  • トヨタ方式やM&Aで進化する「ギター弦の名門」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    コストの低い成長国市場へ製造拠点を移す企業が多いなか、数々の世界的なミュージシャンを顧客に抱える老舗の弦メーカーは、「イノベーション」を通じて、伝統と雇用を守ろうとしている。 弦楽器の弦メーカー「ダダリオ」は、 ニューヨーク市から東に1時間の所に工場がある。2万2,000m² ...

  • ホテルマンの父に学んだ「ザッケローニ流・人材活用法」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    優れたマネジメント能力で、日本代表を4度目のワールドカップへと導いたイタリア出身の知将。選手たちをどう叱咤激励し、一つのチームとしてまとめたのか――。自ら、その秘密を明かした。 父親の背中を見て学んだこと ザッケローニは、自身の観察眼について「家業の手伝いが大きく影響した」と語る。彼 ...

  • ジェフリー・ガンドラックはいかにして「新債券王」になったのか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2014年9月、「債券王」と謳われたビル・グロースのピムコ退社は、ひとつの時代の終わりを象徴する出来事だった。しかし、資産運用の世界でその余韻に浸る者などいない。すでに「戴冠」を待つ百戦錬磨の猛者が控えているからだ。 30年にわたって債券ポートフォリオを運用してきたガンドラックは、壮大な邸宅で自らの ...

  • Re-Branding Japan 「日本ブランド」戦略的再生への処方箋

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    中国が、2010年にGDPで日本を抜いて世界第2位の経済になり、日本は、世界から「世界第3位の経済(the world’s third largest economy)」と呼ばれるようになった。 1967年に西ドイツを抜いて以来、日本は、ほぼ50年近くにわたって第2位の地位を維 ...

  • ゴルフ上手なCEOは、 経営手腕も優秀!?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ゴルフも付き合い、仕事のうち!有名CEOのハンディキャップと、会社の株価を比べたところ、両者の意外な関係が見えてきた。 うちの会社のCEO(最高経営責任者)は、ゴルフの接待ばかり......。 そんな人も、どうかご安心あれ!「フォーブス」が、アメリカで最も重要な企業50社のな ...

  • 「社長力、社会貢献力、資金調達力、ビジネスモデル」に学ぶ:メルカリ 『社長力』

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「社長力、社会貢献力、資金調達力、ビジネスモデル」に学ぶ メルカリ 『社長力』:最強経営チームをつくる人間力 「シリアルアントレプレナー(連続起業家)たちによる、最強の経営チームが素晴らしい。彼らを集めた山田進太郎社長の“人間力”はすごい」(あすかアセットマネジメント・谷家衛 ...

  • 「社長力、社会貢献力、資金調達力、ビジネスモデル」に学ぶ:スマートニュース/グノシー 『ビジネスモデル』

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「社長力、社会貢献力、資金調達力、ビジネスモデル」に学ぶ スマートニュース/グノシー ビジネスモデル:「PCからスマホへ」成功の象徴 「Yahoo!ニュースをはじめPCで常識化した、ニュース配信のキュレーションを、スマートフォンを窓口に、ユーザー数を伸ばしてきた。あらゆるサービスのPCからスマホへの ...

  • 「社長力、社会貢献力、資金調達力、ビジネスモデル」に学ぶ:WHILL 『社会貢献力』

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「社長力、社会貢献力、資金調達力、ビジネスモデル」に学ぶ WHILL 『社会貢献力』: 社会、経済に貢献するハードウェア 「世界で進む高齢化社会に対して意義深い事業。スタートアップでは難しい、ものづくりに取り組んでいる点も評価できる」(クオンタムリープ・野々宮秀樹共同社長)。 WHILLの事業は、電 ...

  • 数字で読む「スタートアップが日本経済の主役となる日」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカでは年間GDPの0.2%のベンチャー投資が21%の価値を生んでいる̶。 グーグル、アップル、フェイスブックに代表されるように、アメリカ経済はベンチャー企業が牽引してきた。いま、日本のスタートアップシーンでも、日本経済に地殻変動を起こす大きな変化がはじまった。 「ボーン・グローバル・ファーム」 ...

  • エノキアン協会「200年以上続く企業の秘密」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    海外では後継者争いで殺し屋まで雇われる。ファミリービジネスにとって、とかく事業継承は頭痛の種だ。しかし、「エノキアン協会」に所属する長寿企業にその悩みはなさそうだ。彼らの歩みはビジネスの先生になる。東京で開かれた年次総会をリポートしよう。 平均社歴321年―。 9月24日に帝国ホテル東京で年次総会が ...

  • 上海の「メゾンエルメス」が示唆する、ファミリービジネスの未来

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    エルメス第6世代のアクセル・デュマがCEOに就任してからは初となる、世界で5軒目の旗艦店「メゾンエルメス」がいまだ急成長を続ける中国経済の中心である上海に、2014年9月に誕生した。最新の「エルメスの家」からは、ファミリービジネスを確立しさらに進化を続けるエルメスの、揺るぎない本質と革新性が見えてく ...

  • かくして名門ビール会社はすべてを失った

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    90億ドルの総資産を所有― 。老舗ビールメーカーのストロー社を経営していたストロー一族の栄光を示す数字である。1980年代に全国区のメーカーに成長した同社は、もはや存在しない。なぜ、同社は繁栄から転落の軌跡をたどったのだろうか 身の丈以上の買収から転落 (中略)しかし、全国区のビールメー ...

  • 「美しい日本」の醜い住宅事情

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    この記事が書かれた1987年9月、日本社会はバブル経済の熱気に浮かれていた。そんななか、アメリカ人の筆者は、自身の日本での在住経験を振り返りながら、日本社会の「矛盾」を指摘し、日米貿易摩擦の激化や規制緩和の到来を予見している。近代化を望みながら、旧体制を守ろうとする日本経済は「自虐的」た ...

  • マイクロソフト前CEOは、「ビル・ゲイツ」を超えられるか?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2014年2月、スティーブ・バルマーはマイクロソフトの最高経営責任者を退任した。14年間にわたって同社を率いたものの、彼は常に偉大な共同創業者の存在に苛まれた。しかし、ようやく過去から解き放たれたいま、「ビル・ゲイツ超え」に挑もうとしている。 (中略)かかってくるかどうかもわからない電話を待ったり、 ...

  • 長谷川閑史 「女性力」を活用しなければ 会社も社会も滅びる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    豊富な海外経験を有し、陣頭指揮を取って自社のグローバル化を進めつつ、「経済界きっての論客」として経済同友会代表幹事も務める。そんな国際派が危機感を持って推進しているのが「女性の活用」である。 そして、それは企業だけの問題ではなく、日本全体に関わる問題でもある。 (中略)私は2003年 ...

  • 佐藤玖美 「外国人家事労働者」の活用を私が訴える理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    女性が働き続けるには、外国人家事労働者の活用が必要。コミュニケーション・コンサルティング会社コスモ・ピーアール社長の佐藤玖美はいま、そのことを強く訴える。女性スタッフの多くは、出産するとまもなく「時間のやりくりができない」と会社を去った。フレックスタイムも導入したが解決には至らなかった。「一部の幸運 ...

  • 働く女性の最前線・いまも「見えない壁」は存在するか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界経済フォーラムが行った調査によると日本の「ジェンダー・ギャップ指数」は世界でも最下層。「女性の社会進出」が声高に叫ばれているが、その実態は目を覆うばかりと言ってもいい。そんななかでも、女性ならではの強みを生かして実績を上げ続け、破綻寸前の企業の再生を託された女性がいる ...