• 若きカジノ王「世界娯楽帝国」への道

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    オーストラリア第2の富豪、ジェームズ・パッカー。「金持ちの道楽息子」のイメージを覆し、「カジノ王」となった男は、 ハリウッド映画の製作にまで乗り出した。あの『ゼロ・グラビティ』の製作にも名を連ねるパッカーの素顔とは。 (中略)ジェームズ・パッカーは、1980年代にオースト ...

  • 格差問題で揺れる「スーパーリッチ」の世界

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    富裕層の中から台頭してきた所得上位0.1%のスーパーリッチが、 実は国際社会に大きな地殻変動を起こしている。 何がスーパーリッチを生んだのか。その生態を緊急報告する。 「世界で最も裕福な上位85人は、この街を走る二階建てバス1台に乗れてしまう程度の人数です。ところが、その彼らの資産 ...

  • 「破壊者」グーグルの次なる一手

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    巨人グーグルが演じる壮大な「物語」があるとしたら、現在のグーグルはどんなフェーズにいるのだろうか 破竹の勢いで拡大を続ける彼らは、自らのビジネスモデルをもぶち壊す。 広告市場に潜む200億ドルの金鉱を掘り起こす姿は、まるで広告界のラスボスだ。 (中略)2006年 ...

  • 永田町ゴルフ倶楽部―安倍総理のスコアカード

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    1番ホール、イーグル! 2番ホール、バーディー! 見事なスタートをきった安倍総理。だが、ホールを重ねるごとにプレイぶりが崩れてきたと筆者は指摘。その理由とは。 世の中にはいろいろなスポーツがあるがゴルフのように同じコースを何度もプレイするスポーツは少ない。(中略)ゴ ...

  • 名家エルメスの系譜を継ぐ者

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    創業177年を誇るラグジュアリーメゾンの老舗「エルメス」。徹底した同族経営ながら、「革新的な企業リスト」にも名を連ねるなど、その存在感は他の追随を許さない。その秘訣はなんなのか。昨年6月にCEOの座に就いた、アクセル・デュマに聞いた。 ジャン=ルイ・デュマは、エルメスの製品をメンズ ...

  • メロン家を築いた伝統と革新

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今年、「フォーブス」が初めて発表した 「アメリカの富豪家族ランキング」。建国以来、国を支えてきた多くの名家が姿を 消すなか、名門メロン家が 19位に入った。 彼らの繁栄の秘密がいま、明らかになる。 (中略)メロン家の成功の秘密は、ある信念をすべてに優先していることだ。すなわち、「資産を守 ...

  • 中国「水力発電王」の見果てぬ夢」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    漢能控股集団(ハナジー・ホールディングス・グループ)は誰も考えつかない方法で、太陽エネルギー産業のトップのポジションを奪取しようとしている。かつて水力発電で成功を収めた李河君は、今回もまたうまくいくだろうか? 「多くの同業者の目には、私は破壊者に映るでしょうね!」 北京オリンピックの広大な施設を改造 ...

  • 高度成長期をリードした商社魂

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ITの普及で日々、進化するビジネスの世界。その震源たるアメリカ発のビジネスモデルが注目されがちだ。しかし、「アメリカでは実現不可能だが、その形態はお見事」と、アメリカも注目する業界が70年代の日本にあった。 「ラーメンから航空機まで」何でも取り扱う日本の「総合商社」のビジネス形態である。 いまでは世 ...

  • ワッツアップ「2兆円買収劇」の一部始終

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    今年2月、フェイスブックがチャットアプリ「ワッツアップ」を190億ドル(約2兆円)で買収するというニュースが世界を駆け巡った。ウクライナ出身のジャン・コウムがワッツアップを設立してわずか5年。舞台裏では、何が起こっていたのか。 (中略) 「皆さんに知らせたいことがある。我々はフェイスブックと合併する ...

  • 梅林止渇、成功する社長は「白い嘘」をつく

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    筆者がいままで会った社長の数は、およそ5,800人。タイプはさまざまだが、上場を果たした経営者には、ある共通の特徴がある。「白い嘘つき」であることだ。 (中略)受験エリートで起業初心者は、それがなかなか難しい。コンプライアンスの意識が妙に強く、また事実か事実でないかに対する分別もすごくあるので、そこ ...

  • Why Japan Loves Robots and We Don’t  「ロボット大国」日本。原点は「鉄腕アトム」にあり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    かつて、日本はAIBOやASIMOなどを開発した「ロボット大国」として世界に君臨していた。しかし、昨年には米国防総省高等研究計画局(DARPA)主催のロボット競技会で優勝した東京大学発のロボット開発企業シャフトがグーグルに買収されるなど、潮目が変わりつつある。 日本はこのまま、ロボット開発で世界から ...

  • JAPAN'S TOP BUSINESS SCHOOLS

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    加速するビジネスのグローバル化は、「学び方」にも大きな変化をもたらしている。より大きな視点で仕事を俯瞰し、目的を達成するための最新最適の手段を選択するために、「実践的に経営を学ぶこと」の重要性が増しているのだ。いま、「ビジネススクール」が、ビジネスパーソンの大切な学びの場となっている所以だ。ビジネス ...

  • 「ジッポー」を復活させた「オヤジ経営者の若者対策」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本でも根強い人気を誇る老舗ライターブランドの「ジッポー」。世界的に喫煙に対する目が厳しくなるなか、同社は記録的な売り上げを達成している。オヤジ経営者たちの奮闘で、名門の「灯」はまだまだ消えない。 「まだ商売は大丈夫か?」 ジッポーの3代目オーナー、ジョージ・ブレイズデル・デュークは決まってこう聞か ...

  • 「アイビーリーグ」の教育は本当に正しいか

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    アメリカの一流企業や政府機関へ就職するうえで、名門大学を卒業していることは優位かもしれない。しかし、それだけが大学へ進学する目的であってよいのだろうか? 今年の8月に発売された新刊でアイビーリ―グの教育を厳しく批判している新進気鋭の作家に、名門大学が抱えている問題、そして、大学へ通うことの意義につい ...

  • コーネル大学の夢「NYをシリコンバレー化せよ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレーの企業に優れた人材を供給し続けるスタンフォード大学への注目が高まるなか、そのエコシステム(生態系)を模倣する動きが他の都市でも出てきた。コーネル大学の取り組みもそのひとつだ。同大学はいま、次々と野心的な計画を実行し、学生の起業家精神を刺激している。果たして、コーネル大学はニューヨークを ...

  • 「持続的競争優位」8つの革新的トレンドとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ビジネスモデルの歴史を描いた『ビジネスモデル全史』、経営戦略の歴史を描いた『経営戦略全史』の著者として知られるK.I.T.虎ノ門大学院の三谷宏治教授に、現在のビジネスモデルのトレンドに関して「革新的なビジネスモデル」を生み出した先駆的な企業をあげて解説してもらう。 1. フリーミアム フリーミアムは ...

  • 「PGAツアー」危機克服のビジネスモデル

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リーマン・ショックの後、PGAツアーはスポンサーの激減とスターの不祥事という破滅的な危機を迎えていた。PGAツアーのコミッショナーのティム・フィンチェムはこの危機から米国ゴルフ界を救い出した。「奥の手」ともいえるスキルをフル活用し、謎めいているが賢いビジネスモデルを活用したのである―。 奇跡を成し遂 ...

  • エリートが目指す「リベラルアーツカレッジ」とは何か

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    ハーバード大学やマサチューセッツ工科大の名を知る人は少なくないだろう。だが、ウィリアムズ・カレッジやスワスモア・カレッジはどうだろうか?日本でも注目が高まるアメリカの大学には無名の名門校がまだ多数ある。なかでも、「リベラルアーツカレッジ」の存在はあまり知られていない。彼の国のエリートが目指す最高学府 ...

  • コトラーの提言 ビジネスを「自己実現」にフォーカスせよ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「近代マーケティングの父」として世界に広く知られている、ノースウエスタン経営大学院S.C. ジョンソン&サンのフィリップ・コトラー特別教授。1960年代に提唱した「4P」(プロダクト、プライス、プレイス、プロモーション)を記した『マーケティング・マネジメント』は世界の大学・大学院で最も読まれた教科書 ...

  • アジア諸国の「日本の評価」は高まっている

    高野 真 , Forbes JAPAN 編集部

    『Forbes JAPAN』編集長インタビューは、世界の第一線で活躍する国内外の有識者に話を聞く特別企画である。第1回は、昨年4月、アジア開発銀行総裁に就任し、アジア、そして世界を飛び回る中尾武彦氏に外から見える“日本の姿”について聞いた。 中尾:(中略)フィリピンのアキノ大 ...