• 仕事をスピードアップするための「究極のメール管理術」

    Susan Adams , Forbes Staff

    多くのビジネスマンは、メールは仕事の妨げになると考えている。絶え間なく送られてくるメールは、仕事の生産性を低下させる。著書「メールの洪水から逃げ出すための情報整理術」で知られるビジネスコンサルタント、Mark Hurst氏(42歳)は、日々の業務を劇的に効率化させる「究極のメール管理術」を考案したと ...

  • プレゼンを成功させるための7つの法則

    Kathryn Dill , Forbes Staff

    おそろしく退屈なプレゼンに閉口した経験は誰にでもあるだろう。似たようなパワーポイントのスライドの連続と、意味のない資料、そして質疑応答の時間の張り詰めた居心地の悪い沈黙。 ひどいプレゼンがどんなものか身に沁みているはずなのに、いざ自分がやる立場になると、きっとあなたも同じようなことをしでかしているは ...

  • 上司にバレずに転職活動するための11カ条

    Susan Adams , Forbes Staff

    転職活動は会社にバレないように、こっそり行うのが常識だ。もし上司があなたの転職活動を察知したら、大事な仕事は回してもらえなくなるし、重要な会議のメンバーからはハズされ、昇給も見送られるだろう。 そんな羽目に陥らないためのアドバイスをまとめてみた。もちろん、逆のシナリオも考えられる。優秀なあなたを手離 ...

  • 米映画業界 史上初、デジタル配信がDVDの売上を突破

    Denali Tietjen , FORBES STAFF

    プライスウォーターハウス(PwC)の調査によると、アメリカ人が映画のストリーミングやダウンロードに支出する金額が、DVDのレンタルや購入に支出する金額を今年初めて上回った。 調査によると、NetflixやHuluなどのデジタルストリーミングサービス、そしてAppleのiTunes Storeなどのダ ...

  • ツイッターの動画広告「Amplify」の新戦略

    Kathleen Chaykowski , Forbes Staff

    Twitterは動画広告システムAmplifyを従来よりも大幅に使いやすくした新バージョン「Auto Amplify」を発表した。登場から2年を経たAmplifyだが、これによりさらに多くのスポンサーに利用されることを狙っている。アナリストらがTwitterの広告分野での苦戦を懸念する中、同社にとっ ...

  • JAL再生に「全員経営」の神髄あり

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本のナショナルフラッグキャリアとして世界の空に羽ばたいてきたJALの倒産からの再建。 そのストーリーには「全員経営」のすべての要素がある。 「全員経営」の成功事例の象徴は、日本航空(JAL)であろう。JALが会社更生法適用申請を行ったのは2010年。この大企業を再建すべく、代表取締役会長という役目 ...

  • アップル 「地図ソフト」改善への遠い道のり

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    Appleは自動運転車の製造を計画しているのかもしれない。複数のメディアもそう報じている。 COOのジェフ・ウィリアムズは先日、この点について大きなヒントを示した。これまでAppleは、小規模の秘密プロジェクトとして自動車技術の開発を行っていたが、今回、ウィリアムズは、自動車は「究極のモバイルデバイ ...

  • ジャック・ジョンソン夫妻による環境教育支援活動 子どもたちに「生きる喜び」を

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「環境教育をサポートし子どもたちの未来を育む」 コクア・ハワイ・ファウンデーション 代表 KIM JOHNSON キム・ジョンソン ノースショアの海岸近くにある小学校を訪れると、オーガニックなサーフミュージックで世界的に知られるオアフ出身のミュージシャン、ジャック・ジョンソンとその妻のキムが出迎えて ...

  • リストから陥落した富豪たち・あのビリオネアが、資産を失くした理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リストに載る者もあれば、去る者もまたあり-。 今年は138人が選外となった。彼らの別れの理由とは。 莫天全(モー・チアンクアン) 中国 2014年総資産:19億ドル 現在の総資産:9億8,500万ドル 近年の地価高騰により、不動産検索サービス「搜房(ソウファン)」の株価が上がり、資産が増加。だが不動 ...

  • 「年下の上司」とうまく付き合うための7カ条

    Susan Adams , Forbes Staff

    私が年下の上司に仕えることになったのは、2009年の初めのことだった。 「フォーブス」が雑誌とオンラインの部署を一体化したのだ。この業界に30年居る私にとって、初めての経験だった。 もちろん事態を受け入れるのは簡単ではなかった。その若い女性上司が頭が良く、デジタル分野にも詳しいことは承知していたが、 ...

  • リストから永遠の別れを告げた富豪たち・バレンタインデーに旅立った“チョコレートの聖人”

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2015年2月14日、聖バレンタインデー。日本がチョコレート商戦で賑わうなか、ひとりのイタリア人がこの世を去った。製菓企業「フェレロ」の元社長で、昨年の「ビリオネアランキング」で22位に入ったミケーレ・フェレロ(写真右)だ。享年89歳だった。 同社は、母が営んでいた菓子店に由来する。第2次大戦中、カ ...

  • アメリカで最も寄付額が多い 心やさしきビリオネアたち

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    寄付は、あくまで気持ちの問題―。 とはいえ、資産によって寄付額の意味合いは異なってくる。 そこで、今年もフロリダ州の調査団体「慈善調査研究所」と組み、資産家たちの寄付額を調べた。彼らの「太っ腹加減」を知るために、ここでは総資産に対する寄付額の割合を測っている。 調査対象者は生存している富豪に絞り、彼 ...

  • ハワイ唯一、世界最大級のアワビ養殖施設を作り上げたニッポン人の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「サステイナブルな養殖アワビを新たな“ ハワイ産” に」 ビッグアイランド・アバロニ CEO HIROSHI ARAI 新井 宏 ハワイ古来の自然、文化、食を見直そうとする動きがある一方で、新たな“メイド・イン・ハワイ”を創造しようとするパイオニアもい ...

  • ハンバーガー業界のテスラ”「シェイク・シャック」が人気の理由

    Brian Solomon , Forbes Staff

    一部から「ハンバーガー業界のテスラ」とも呼ばれる「シェイク・シャック(Shake Shack)」が絶好調だ。 2016年には東京にも出店予定のシェイク・シャックは、2020年までに日本で10店舗をオープンさせる予定。そんな同社にはこのとろ、嬉しいニュースが相次いでいる。 まずは、改装のため7カ月以上 ...

  • 日本に必要な「マーケティング4.0」とは何か

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「ワールド・マーケティング・サミット・ジャパン」に登壇した フィリップ・コトラー教授が講演で語った「マーケティング4.0」とはー。 日本は、世界で最もマーケティングが必要とされる国である。なぜなら業界内競争が激しく、製品・サービスが高品質だからだ。さらに現代は、先進国では、日常生活を送るうえで足りな ...

  • スティーブ・ジョブズの素顔:STORY07 コニー・ググリエルモ

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    STORY 8 コニー・ググリエルモ (本記事の筆者) 2004年に膵臓の摘出手術を受けたことを告白したあと、スティーブが初めて公の場に出た日のこと。彼はカリフォルニア州パロアルトのショッピングセンターで、新たにオープンするミニストアのお披露目として、私を含む数人の記者と会う予定になっていました。ス ...

  • 富裕層は物価高なんて怖くない!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ふところ事情が厳しい消費者には、わずかな値上がりだって痛いもの。だがそんな世にあって、富豪たちはますます潤っているようで……。 アメリカの一般の消費者は日常生活で、インフレによる影響をほぼ受けていないかもしれない。 ただ、超高額の買い物をする富裕層ともなれば別である。フォ ...

  • 「債務超過」でも中国経済が安泰な10の理由

    Russell Flannery , Forbes Staff

    大手コンサルティング会社マッキンゼーによれば、中国の債務の対GDP(国内総生産)比率は昨年、282%にまで上昇。一部からは金融・銀行危機の前ぶれではないかという声もあがっている。 しかし、米ワシントンを拠点とするピーターソン国際経済研究所のシニアフェローで中国銀行事情の専門家であるニコラス・R・ラー ...

  • クリストファー・ノーランが語る「金儲けと芸術のバランス」

    Natalie Robehmed , FORBES STAFF

    世界興行収入49億ドルを稼ぎ出し、批評家もその作品を絶賛する映画監督クリストファー・ノーランは、『バットマン』のような大ヒットシリーズを製作するかと思えば、2000年の『メメント』や2010年の『インセプション』といった斬新な作品の脚本を共同執筆し、アカデミー賞にもノミネートされる稀有な存在だ。 4 ...

  • スティーブ・ジョブズの素顔:STORY06 ハイジ・ロイゼン

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    STORY 7 ハイジ・ロイゼン (ベンチャーキャピタリスト) スティーブとさまざまなやりとりをした私に言わせれば、彼との仕事は「人間としての鍛錬」。大変なことも多かったけれど、心と心が触れ合った、と感じる経験をしたこともあります。 1989年5月のこと。スティーブから交渉案件に関する電話がかかって ...