• バウハウスの時代の精神を受け継ぐ、ドイツ・トップブランドの哲学

    HUGO BOSS , ヒューゴ ボス

    19世紀のヘーゲル哲学、ドイツ・ロマン主義に端を発し、近代ドイツの芸術・デザイン史のひとつの頂点となり、また以降のドイツ・デザインの出発点ともなったバウハウス。この芸術総合アカデミーが、機械生産の時代にふさわしい新しいデザインを求め、より合理主義的傾向を強めつつあった1924年、ドイツ・メッツィンゲ ...

  • 競馬文化を未来につなげる、馬主にしか味わえない至福

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    競馬の魅力は、馬とともに生きる文化の創造にこそある。その一翼を担うのが馬主だ。競馬文化と馬主のあり方などを、熱烈な競馬ファンでもある歴史学者の本村凌二・東大名誉教授に聞く。魅了された競馬場の情景、その壮大さと美しさに心奪われた私は古代ローマ史を専門とする歴史家だが、2016 年8月に『競馬の世界史』 ...

  • 創業160周年、起業家精神を受け継ぐプライベートバンク「クレディ・スイス」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    設立160周年を迎えたグローバルバンク・クレディ・スイス。その歩みは、起業家精神とともにあった。スイス繁栄の礎を築いた創設者・アルフレッド・エッシャーのフロンティア・スピリッツは、今日も受け継がれている。クレディ・スイス創業者にしてスイス近代化の父、アルフレッド・エッシャー鉄道大国スイスの主要ターミ ...

  • ローカル客9割、地元で愛されるシンガポール伊勢丹のこれから

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「お客様の9割はローカルの方々ですよ」シンガポール伊勢丹のデピュティ・マネージャー、姫野智紀のそんな言葉を聞いて、驚いた。なんといっても「9割」だ。海外の日系百貨店といえば、長く日本人駐在員や観光客が多くを占めると言われてきた。だが、シンガポールでは、そんな通説は当てはまらない。聞けば、ローカルの人 ...

  • シンガポールを「拠点」に、フロンティア市場と繋がる日

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    父の仕事の関係で、10代後半の3年間をオーストラリアで過ごした。通っていた大学には、留学生らが集まるサロンのような場所があり、中華系東南アジアの人々と多く知り合いになった。「アジア・オセアニア」と言われるだけあって、アジアは距離的にも心理的にも、近い場所。「その頃から、漠然と『日本と東南アジアに関係 ...

  • 睡眠の質を可視化して、眠りの質を磨く「アプリ」が登場

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    錦織圭や浅田真央など、トップアスリートをはじめとする眠りにこだわる人が愛用していることで知られるエアウィーヴ社が開発した睡眠アプリが評判を呼んでいる。絶え間ないイノベーションの連続によって、エアウィーヴを世界的企業に押し上げた同社会長・高岡本州に、サービス開始に至るまでのストーリーを聞いた。例えば、 ...

  • 「面白ければ認められる」シンガポールで広がるチームラボの世界

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「子供が美術館で騒いでもいいからじゃないですか?」(笑)ここは、シンガポールのマリーナベイ・サンズにあるアートサイエンス ミュージアム。チームラボによる常設展示「FUTURE WORLD: WHERE ART MEETS SCIENCE」に一歩足を踏み入れると、裸足で走り回る子供もいて、その自由な感 ...

  • 「ありたい姿」を叶える世界をつくりたい 女性起業家の挑戦

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リクルートジョブズの執行役員まで経験し、今年2016年9月、その11年に渡るリクルート生活に自らピリオドを打ち、事業を始めた女性がいる。Will Lab代表の小安美和さんだ。「女性×はたらく」をテーマに、世界中の女性たちが「ありたい姿」を実現できる社会にしたい-。熱い思いを抱く小安さんに ...

  • ソフトバンクの新サービス、デジタルマーケティングの最前線

    土橋 克寿 , CONTRIBUTOR

    ソフトバンク株式会社が10月に発表した新サービス「SoftBank Ads Platform」。企業が自ら収集・分析したデータに基づいて最適な広告配信が行えるという本サービスについて、同社デジタルマーケティング事業の責任者である藤平大輔氏に話を聞いた。「通信キャリアであるソフトバンクならではのデータ ...

  • 想像力×創造力が日本的イノベーションのカギ/KPMG 森社長兼CEO

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    変革を繰り返しながら、成長を続けるイノベーティブな企業には、どんなリーダーが必要なのか。KPMGコンサルティングの森俊哉CEOに、イノベーティブな経営者の要件を聞いた。––「日本企業はイノベーティブな経営が得意ではない」と言われます。森:エスタブリッシュな企業と、新しくビジネ ...

  • 企業経営の守りを固め、イノベーションを支援する

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    めまぐるしく変化する現代、スピード感が求められるビジネスの世界で、KPMGは大企業からベンチャーまで、専門家チームによるビジネスのフェーズに合わせた多角的なサービスを提供している。「イノベーション」を抜きに、企業の成長戦略を語ることが困難な時代になってきている。そうした中で、会計監査や税務、アドバイ ...

  • 「911が、嫉妬する」 ポルシェが新型パナメーラを披露

    青山 鼓 , CONTRIBUTOR

    2009年に誕生したポルシェの4ドアラグジュアリーサルーン「パナメーラ」が、デビューから7年が過ぎた今年、ついにフルモデルチェンジを果たす。10月8日に東京・表参道で行われた「ニュー パナメーラ」日本向けプレビューをレポート。ブラックのパネルに浮かび上がる新型パナメーラのリアビューと、床に散りばめら ...

  • リクルート発! ZIP WORKで「働き方」が変わる

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「スキルや知識を圧縮し、持ち運ぶ」。今年9月、ネーミングにそんな思いを込めた「ZIP WORK」をリクルートがスタートさせた。プロジェクトを推進する二葉美智子に話を聞くと、これは企業にとってもメリットのある、「新しい働き方」であることが見えてきた。ずっと、心に引っ掛かり、忘れられない光景がある。半年 ...

  • 「好き」を仕事に! エシカルファッションで社会を変える

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「好きなこと」は本当に仕事になるのか? それを実現させた女性がいる。ジャパンメイドのエシカルファッションブランドを手がける「Ayuwa」代表の渡部雪絵さんだ。会社員としてこれまで働いてきた渡部さんは、今年、起業という道を選んだ。「好き」を仕事にして、毎日輝く渡部さんに、お話を伺った。谷本有香(以下、 ...

  • マリーナベイ・サンズで働く日本人スタッフが語る「本当の魅力」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「まるで宇宙船だな」シンガポールの統合型リゾート「マリーナベイ・サンズ」でF&B(飲食部門)のアソシエイト・ディレクターとして働く中村健二郎が、アメリカからシンガポールにやってきたのは、6年半前のこと。バンケットチームからスタートし、ルームサービスチームを経て現在のポジションへ。2010年3 ...

  • ラトビア発「仮想通貨」が越える国境、つなぐ消費

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    北欧を中心に急速にユーザー数を増やしている仮想通貨「PINS(ピンズ)」。今秋、ついに日本に上陸。PINSが描く、アジア戦略をガビ・クールCEOに聞いた。トルコ共和国で、首都イスタンブールとイズミルを結ぶ高速道路の建設が進んでいる。ここで今秋、ユニークな実験が始まる。ポイントプログラムと保険サービス ...

  • パナソニック製の「野菜」が、シンガポールの食卓を変える!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本では大手家電メーカーとして知られる「パナソニック」が、シンガポールではなんと野菜を生産、販売している—。そんな話を耳にし、シンガポールの中心地にある、伊勢丹スコッツ店の食品売り場を訪れた。それは、日本産の生鮮食品コーナーではない、通常の野菜売り場にあった。パッケージに躍るのは「Veg ...

  • ビジネスに新たな価値をもたらす「デジタルトランスフォーメーション」の最先端

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    9月6日と7日の2日間にわたり、東京・恵比寿のウェスティンホテルで「Microsoft Foresight」が開催された。会場には経営者をはじめとすつディシジョンメーカーが一堂に会し、様々なセッションやキーノート・スピーチが行われた。日本マイクロソフトでは例年、IT部門に関わるビジネスパーソンを対象 ...

  • ユーザベースがシンガポールにこだわる「もう一つの理由」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「シンガポールに引っ越しをする際、日本から猫を連れてきたんですけどね。電話一本かけることなく、支払いまですべてオンラインで手続きができたんですよ」いったい何の話? と思われるかもしれない。声の主は、今年3月よりユーザベースのシンガポールオフィスで働く川端隆史。外務省勤務から証券会社を経て、ASEAN ...

  • Farm to Table: 米国食肉産業界が目指す農の理想とは?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    米国は世界で最も豚肉を輸出している国であり、その量は現在もなお増加傾向にある。米国輸出の33.3%を占める日本(財務省貿易統計2014年)においても、過去11年間、輸入量は伸び続けてきた。米国で農業がビジネスとして成立する環境はどのように整えられているのだろうか。来日中の生産者の一人、ネイサン・ドー ...