FORBES STAFF

Joann Muller

産業イノベーションと世界の自動車産業に関する執筆を担当。

私はフォーブスのデトロイト事務所のチーフです。私のメインは自動車産業に関することです。しかし同時に、物が製造され成長していくようなアメリカの各中心都市の動きにも目を向けています。私自身は20年以上もオートビートをフォーブス、ビジネス・ウィーク、デトロイト・フリー・プレスでやってきました。ボストン・グローブでは柴氏の間テクノロジーのバブルに乗りましたが、オートビートほどの楽しみはありませんでした。皆さんが自動車に乗るかどうかは別として、誰もが自動車や自動車会社に意見はあるはず。あなたはどうですか?

  • ハイテク化で信頼度が低下?車の新たな問題点 レクサスは高評価

    米市場調査会社J.D.パワーが発表した「2016年米国自動車耐久品質調査(VDS)」の結果によると、消費者の自動車に対する信頼感は低下している。だが、それはエンジンやトランスミッションの故障の可能性が高まったせいではない。多くの人が、ハイテク化する車にストレスを感じているためだ。車載インフォテインメ ...

  • 米専門誌が選ぶ「最高の車」、日本の5メーカーがトップ10入り

    どの車を購入しようか迷っているなら、友人に相談すればよい。あるいは、米最大の消費者団体「コンシューマーズ・ユニオン(CU)」に頼ることもできる。CUは2月23日、発行する専門誌「コンシューマー・リポート(CR)」の年間特集号(Annual Auto Issue)で、米国内で販売される自動車の各モデル ...

  • イーロン・マスク 「年10億ドル損失」でも強気の理由

    2月10日発表されたテスラモーターズの決算は決して良い数字ばかりが並んでいた訳では無い。同社は2015年通年で10億ドル(約1,130億円)近い損失を記録。直近の四半期ではModel Xを予定通り発売できなかったために、3億2,040万ドル(約360億円)の損失を記録。これは前四半期の3倍の損失額だ ...

  • 赤字続く米テスラ、年内の黒字転換なるか

    業績や動向に高い注目が集まるテスラモーターズは2月10日、2015年の決算を発表し、2016年度には黒字転換が可能だとの見通しを明らかにした。Model SとModel Xの販売が加速し始めていることから、キャッシュフローが改善すれば外部からの出資に頼ることなく、さらなる成長のために15億ドル(約1 ...

  • 米フォード、6年連続の黒字 EV開発にもさらに注力

    米自動車大手フォードモーターは、先日、2016年の業績見通しについて、過去最高益を記録した2015年と同等か、それを上回る見込みとし、2016年第1四半期は、普通配当の1株当たり15セントに加え、1株当たり25セントを追加して配当金を支払う方針を明らかにした。フォードが特別配当として総額10億ドル( ...

  • 元フォードのグーグル「自動運転カー」責任者 メーカーらに協力要請 

    グーグルの自動運転カー開発部門のトップを務めるジョン・クラフチックは1月12日、デトロイトで開かれた北米国際自動車ショーの関連イベントで、自動車業界の関係者らを前に「自動運転カーのビジョン実現に向けパートナーが必要だ」と呼びかけた。フォードと現代自動車の幹部を経てグーグルに転じたクラフチックは「私た ...

  • テスラに対抗のファラデー社 中国人出資で工場建設を発表

    これまで謎に包まれていたEV(電気自動車)メーカー、ファラデー社の正体が明らかになった。同社を経営するのは中国人富豪の賈躍亭(ジア・ユエティン)氏。賈氏は米ネバダ州に新興EVメーカー、ファラデー・フューチャー社の生産施設の建設計画を提出。州に宛てた書簡で「4500名の雇用創出を行う」と説明した。同社 ...

  • 窮地のVW社、復活への道 トヨタ、GMらの事例

    不正ソフトウエア搭載の発覚により、危機に直面しているフォルクスワーゲン(VW)。もはや同社の信頼回復は不可能との見方もある。 だが、窮地に追い込まれた自動車メーカーはVWだけではない。米国の自動車情報サイト「Edmunds.com」は、過去に安全性の問題で危機に陥ったトヨタや現代自動車、クライスラー ...

  • 2030年「自動運転車の一般化」 までのタイムライン

    ドライバー不要の自動運転車の実用化に向け、各社が開発競争に乗り出している。既に、アウディ、メルセデス・ベンツ、ボルボ等の自動車メーカーが、先進運転支援システムADAS(advanced driver-assistance systems)を導入している。 また先日は、テスラ・モーターズが車体を制御す ...

  • アップルカーは「シェアリング」型でローンチ、との予測

    アップルはEV自動車開発に本気のようだ。先週はじめ、ウォール・ストリート・ジャーナル紙はアップルが“プロジェクト・タイタン”と名付けた極秘のプロジェクトを推進し、自動車部門のエンジニアを3倍に増強。2019年のリリースを目指していると報道した。 これはずいぶんと大胆な計画のよ ...

  • 米GM 欠陥車販売で制裁金1000億円支払い

    米ニューヨークの連邦地検担当者らは、ゼネラル・モーターズ(GM)が起こした一連の不祥事(同社が販売した車の点火装置の不具合で、100人以上が死亡した)に関し9月17日、GM社の提訴を見送った。 ウォール・ストリート・ジャーナルの報道によると、司法担当者らはGM社が同社の部品の欠陥に関し、虚偽の報告を ...

  • 世界で最も低燃費なEVカー 10車ランキング

    フォーブスは世界の市販車の中から最も低燃費なクルマ10選を発表した。1位にBMW、2位にシボレー、3位にフォルクスワーゲンがランクインしたほか、日本車では日産リーフが5位に選ばれている。以下にランキングの詳細を掲載する。 第1位:BMW i3 137111 e-mpg (58.247.2km ℓ) ...

  • 米GM「数年来で最高」の決算 純利益1300億円

    7月23日、GMが発表した第2四半期決算では、利益率の高いトラックやSUV(スポーツ型多目的車)が北米市場で好調だった。 しかし、ウォール街の多くのアナリスト達を驚かせたのは、中国をはじめとするリスクの高い新興市場で、堅調な成績を収めたことだ。 J.P.モルガンのアナリスト、ライアン・ブリンクマンは ...

  • アメリカ人が選ぶ「米国産車」1位はトヨタ・カムリ

    アメリカ人にとって本当の「国産車」とはどのクルマなのだろう。Cars.comの調査によれば多くのアメリカ人は国産車を買いたいと思っているのだが、それならばトヨタのカムリを買うべきだという結果が出た。トヨタのフラッグシップセダンであるカムリはフォードのピックアップトラック以上に「国産」パーツを使用し、 ...

  • フォードが本気で挑む「自動運転カー」開発

    フォードは自動運転カーの開発を加速させている。同社は今後5年以内に様々な種類のドライバーアシスト技術を全ラインナップに提供する。開発責任者には入社29年目のベテラン社員を指名した。 チームを指揮するのはランディ・バイゼンテイナー。自律走行を行う自動運転カーの開発に注力する。現状の試みとしては、緊急時 ...

  • アップルが自動車産業に乗り出すべき10の理由

    アップル の自動車業界進出への期待が高まっている。同社幹部ジェフ・ウィリアムスは先日、ReCodeのカンファレンスで、意味深い発言をした。 「車というのは究極のモバイル端末ですよね。違いますか?」 ウィリアムスはアップルが今後どの業界に目を向けているかとの質問に答えてそう言ったのだ。「あらゆるカテゴ ...

  • 米国人が「10代の子供に買うべきクルマ」 1位にマツダ

    筆者の娘が通う高校の学生用駐車場には、危険でいっぱいだ。 運転経験の浅いティーンエージャーたちが、敷地内の生徒を避けながらクルマを運転しているのだ。(編集部注:米国ではほとんどの州で16歳からクルマの運転が可能) しかし、それ以上に危ないと思ったのが、先日娘を学校へ送ったときに見かけた、縁石に停車し ...

  • 米国人記者が分析する「トヨタ・マツダ提携」の舞台裏

    先日発表されたトヨタ自動車と、はるかに小さなライバル企業であるマツダの提携は、ひょっとすると、マツダの破綻を防ぐためではないかと思いたくなる。 フォード社 がマツダとの関係を数年前に断って以来、果たしてこの先マツダが生き残っていけるのかと、私はよく疑問に思った。自動車産業は製造コストの高さの割に、微 ...

  • EVで世界制覇を目指すイーロン・マスク 中国、ヨーロッパ進出を明言

    テスラ・モーターズのイーロン・マスクCEOはデトロイトで行われたカンファレンスで講演を行い、自動車メーカーは電気自動車への投資をもっと増やすべきだと主張した。テスラは2025年までに200万台の電気自動車が生産可能な体制をつくる予定。これを実現するには中国、欧州、そしてアメリカにも第2の工場が必要に ...