CONTRIBUTOR

立岩 陽一郎

アメリカン大学フェロー、調査報道NPO「iAsia」編集長

調査報道を専門とする認定NPO「iAsia」編集長。1991年一橋大学卒業。放送大学大学院修士課程修了。NHKでテヘラン特派員、社会部記者、国際放送局デスクとして主に調査報道に従事。政府が随意契約を恣意的に使っている実態を暴き随意契約原則禁止のきっかけを作ったほか、大阪の印刷会社で化学物質を原因とした胆管癌被害が発生していることをスクープ。以後、化学物質規制が強化される。「パナマ文書」取材に中心的に関わった後にNHKを退職。「iAsia」編集長の他、公益法人「政治資金センター」の理事として独自の調査報道に取り組む。現在はアメリカン大学客員研究員としてワシントンDC在住。

  • トランプ政権が不安視する「FBIの盗聴」

    3月20日、連邦議会はいつも以上の緊迫した空気が流れていた。下院の情報機関に関する委員会。証言を求められているのはFBIのジェームズ・コミー長官。長官自身も緊張していることがわかる。議員の質問に答える形で長官は、FBIが2016年の大統領選挙でトランプ大統領の陣営の誰かがロシア政府と選挙戦に影響を与 ...

  • なぜ盗聴は報じられたのか? 激震が続くトランプ政権

    「ヨイ、フリンだが、ちょっともたないかもしれないぞ」13日のワシントンDCで、朝6時の電話で起こされた。まだ外は暗い。電話の主は長い付き合いの米公共放送NPRの記者だ。「フリン補佐官か」「フリンは完全に孤立している。誰も彼をかばわない。辞めざるをえないだろう」政権発足から1か月にもならず、側近中の側 ...

  • トランプ対策 全米の留学生を不安に陥れた「暗いマニュアル」

    全米の大学で配られ始めた1枚の紙きれが人々に衝撃を与えている。青色の細長い紙に、びっしりと文字が書かれている。そこには、少し大きく次のように書いてある。「警察、入国管理官、FBIに呼び止められたらどうするか」これは、外国人の留学生や教員に対して、捜査機関から職務質問などを受けた際にどう対応するかを記 ...