CONTRIBUTOR

Wolfgang Georg Arlt

I write about China's international tourism.

I am the founder and director of COTRI China Outbound Tourism Research Institute (www.china-outbound.com), based in Germany and China. My first trip to Beijing dates back to 1978 and I have more than 30 years of experience in working with China’s tourism both as a former tour operator and as a researcher and consultant. I am a professor for international tourism management at the West Coast University of Applied Sciences Germany and visiting professor at universities in China, UK and New Zealand. As the director of COTRI I work for the provision of trainings, quality assurance, market research and consulting since 2004 with international organisations like UNWTO, WTTC and PATA, Chinese tourism research institutions, many national and regional governments and with major tourism companies all over the world. I have published a number of books and articles about China’s outbound tourism; I am also a Fellow of the Royal Geographical Society (London), Researcher for the Japan Society for the Promotion of Science (Tokyo) and member of the Human Resource Development and the Industry committee of PATA Pacific Asia Travel Association (Bangkok). In 2017 I became a member of the UNWTO Tourism Experts Panel

  • 中国人の海外旅行先「香港・台湾」の人気が低迷の理由

    2016年の中国人の香港、マカオ、台湾への旅行者数は前年比で400万人近く減少し、初めて海外旅行者数の半分を下回った。旅行業界の調査企業COTRI (China Outbound Tourism Research Institute)によると、2016年の中国人の海外旅行者数は1億3,680万人。前 ...

  • 中国人は海外旅行先で何を食べる? データで判明の意外な事実

    「中国人は家族や友人に、記念碑や博物館のような観光スポットを薦めることはあまり無いが、春巻や北京ダックなど『その土地一番のグルメを逃すな』と助言する。中国人の海外旅行者にとって旅の一番楽しみは旅先の中国料理を食べることだ」この文章はスイス政府観光局が地元の観光業者向けに作成したパンフレットに書かれて ...

  • 中国人旅行客、買い物よりグルメにお金をかける傾向が明らかに

    中国の習近平国家主席は、先日の世界経済フォーラム(ダボス会議)の基調講演で「今後5年で中国人の海外旅行者数は7億人に達する」と語り、2014年11月のAPEC会議で示した予測「今後5年で5億人」から上方修正した。筆者は3年前、「2014年は中国人海外旅行者の年齢層が広がっていくだろう。両親、あるいは ...

  • 中国人旅行客のマナーは改善するのか 政府も「教育」に四苦八苦

    中国政府は近年増加を続ける海外に向かう旅行者たちを、自国が海外と交流を行う手段の一つと考えている。言い方を変えると、ソフトパワーということになる。李克強首相は、昨年5月の北京の世界ツーリズムカンファレンスで、その考えを明らかにした。ソフトパワーという概念は2007年、胡錦涛前主席の中国共産党第17回 ...

  • 中国で「肺洗浄の旅」が人気 大気汚染まん延で需要増加

    中国は、2017年の始まりを、濃霧に対するものとしては同国史上初となる最高レベルの「赤色警報」と共に迎えた。1月4日には、濃霧によって視界が50メートル以下に悪化。航空便や地上交通に大きな混乱が生じた。ハルビンから広州、成都から杭州にいたるまでの各都市ではスモッグに警戒を呼び掛ける「赤色警報」やその ...