CONTRIBUTOR

Rachelle Bergstein

I write about shoes, diamonds and other objects of obsession.

I am the author of two books on the intersection of fashion, business, celebrity and culture. The first, Women From the Ankle Down: The Story of Shoes and How They Define Us (HarperCollins, 2012) was called “wickedly provocative” by Kirkus, “fleet-footed” by the New York Times, and was named one of Janet Maslin’s top beach reads of Summer 2012. My second book, Brilliance and Fire: A Biography of Diamonds (HarperCollins, 2016) was called "exhilarating" by the Wall Street Journal, was picked as one of Amazon’s top nonfiction titles of the month, and was featured in best of summer lists at Harper’s Bazaar and The Knot. I have appeared on NPR’s Weekend Edition and Marketplace, and have been interviewed for WSJ Lunch Break and Yahoo Finance. In 2012, I traveled the country giving presentations on the topic of women and shoes. I live with my husband and our son in Williamsburg, Brooklyn.

  • ティファニー旗艦店の悲劇、トランプ大統領の誕生で環境が激変

    米紙ワシントン・ポストは1953年、国際的な高級宝飾ブランド、ハリー・ウィンストンやヴァン クリーフ&アーペル、カルティエなどが軒を連ねるニューヨークの5番街を、「ジュエラーのショーケース」と呼んだ。もちろん、その中には米国発のブランド、国内で特に人気のティファニーも含まれていた。だが、その ...

  • ECと実店舗の「いいとこ取り」モデルで成功、米ジュエラーの場合

    ジュエリーのECサイト「リタニ(Ritani)」のマーケティング担当副社長、マーク・キーニーは、2016年12月20日と21日が同社にとって年内の売上が最も多い日になるだろうと予測していた。もちろんこれは、多くのカップルがクリスマス前後に婚約し、男性たちが指輪を購入するからだ。キーニーはリタニに入社 ...

  • ロマンスと現実の溝を埋める? 結婚情報サイトの新サービス

    かつて、素敵な婚約物語には、2つの要素が欠かせなかった。指輪とサプライズだ。特にサプライズは極めて重要だった。男性がひざまずいて小箱を差し出すと、女性は抑えきれない喜びを表現する――ダイヤ業界はこぞって、このドラマチックな瞬間に絡めたテレビCMを制作した。現代でもこの筋書きの主な要素は変わらないが、 ...

  • ダイヤモンドが今後も「永遠の輝き」であり続けるために

    ダイヤ大手のデビアス(De Beers)は先ごろ、2014年から毎年発表している報告書「ダイヤモンド・インサイト・レポート」を発表した。51枚に及ぶ2016年版報告書は、同社のブルース・クリーバーCEOのこんな言葉の引用で始まっている。「2015年、ミレニアル世代がダイヤに費やした金額は260億ドル ...