FORBES STAFF

Parmy Olson

モバイル業界のアジテーターとイノベーターに関する記事をカバー

世界のモバイルテクノロジーを混乱させている人々を追いかける。非協調者や改革者、アジテーターはこの業界のヒーローであり、企業家から科学者、そして敵対的なハッカーまで様々なプレーヤーが存在する。著書には、New York Times が「まるでハッカーグループのために書かれた“The Social Network” のような 臨場感溢れる驚くべき本」と評した“We Are Anonymous: Inside the Hacker World of LulzSec, Anonymous and the Global Cyber Insurgency", (Little Brown, 2012)がある。最近Forbes のサンフランシスコ支社へ異動するまでは、2008年から2012年までロンドン支社の編集長としてつとめ、ビリオネアとして有名なPhilp Green や保守的な立場で知られるMohammed Al Fayed もインタビューした。昨年はロシアのYuri Milner に関するビリオネアのカバーストーリーを執筆し、また2011年にはFacebookとSpotify の提携に関するスクープ記事を書いた。それ以前には、BBCでラジオジャーナリストとして働いた。”The Daily Show”で私を見ることができる。もし記事のアイデアやヒントがあれば、polson@forbes.comまでEmail を、またはTwitter でparmy をフォロー

  • 英、テロ捜査でフェイスブックと協議 通信内容の開示要求

    先週、ロンドンで発生したテロ事件の捜査で、イギリス政府はフェイスブックに対し、容疑者が使用したメッセージアプリ「WhatsApp(ワッツアップ)」の通信内容へのアクセスを求めている。4人を殺害したカリド・マスード容疑者は犯行の約2分前にWhatsAppを起動していたと、デイリーメール紙が報道していた ...

  • Galaxy S8に搭載の「サムスン版Siri」 Bixbyは人気を獲得できるのか?

    サムスンは、3月29日に新型スマートフォン「Galaxy S8 」をリリースする。S8の最大の目玉であり、Galaxy Note 7の大失敗を挽回する切り札となるのが、音声アシスタントの「Bixby」だ。Bixby は、S8の側面に設置された専用ボタンを押して起動する。Bixbyを開発したのは、サム ...

  • 伸び悩むアップルの「iMessageアプリ」 新規リリース本数が急減速

    昨年9月にアップルが「iMessage App Store」をオープンして以来、友達にステッカーを送信したり、友達とゲームを遊ぶといった、iMessage上で楽しめる機能が飛躍的に増えた。しかし、最近になってiMessage App Storeで新規公開されるアプリの数が伸び悩んでいる。アプリ分析会 ...

  • VRが直面する「成長の壁」 業界最大のイベントで見えてきた事実

    ここ数年、VRがテクノロジーの新時代を切り開くと喧伝され、オキュラスやHTCの動きが注目を集めてきた。しかし、バルセロナで開催された今年のモバイル・ワールド・コングレス(MWC)の状況を見ると、VRへの注目度は昨年から低下した。「今年のMWCの会場で展示されたVR製品の数は、去年と比べると大幅に減少 ...

  • 韓国サムスン、経営トップ逮捕でも「株価は上昇」の理由

    昨年はGalaxy Note 7の発火問題に続き、空前の大規模リコールを行った韓国サムスンをまた新たな試練が襲った。2月17日、韓国の特別検察官は事実上の同社のトップ、副会長の李在鎔(イ・ジェヨン)を贈賄などの容疑で逮捕した。韓国では朴槿恵(パク・クネ)大統領をめぐるスキャンダルが取り沙汰され、国民 ...

  • 1千億円を使い果たしたウェアラブル「Jawbone」 医療向けシフトか 

    ウェアラブル端末メーカーのJawboneにとって、この2年間は試練の連続だった。同社はかつて、スピーカーやbluetoothヘッドセットを製造していたが、デザイナーにイヴ・ベアールを採用したフィットネストラッカーを開発してウェアラブル市場に参入した。そして今、同社は再び事業転換の必要に迫られている。 ...

  • 世界初の旅客ドローン「EHang」は本当に人を乗せて飛べるのか

    ドバイの首長は、2030年までに市内の輸送手段の4分の1を自動運転にするという目標を掲げている。この任務の遂行に当たっているのが、道路交通庁の責任者であるMattar Al Tayerだ。彼は「今年の夏にはドローンタクシーがドバイの空を飛び回っていることを期待する」と述べている。ドローンタクシーを開 ...

  • Fitbitが独自アプリストア開設 「企業向けヘルスケア事業」強化

    先日、スマートウォッチのペブル(Pebble)を買収したFitbitの今後の戦略が見えてきた。Fitbitはペブルのソフトフェア技術を利用し、アプリのエコシステムを構築しようとしている。Fitbit社CEOのジェームズ・パークはCESでの記者会見で、間もなく独自のアプリストアを開設する意向を表明した ...

  • サムスン S7に「安全宣言」出すも、発火問題は収まらず

    サムスンにとってスマホの発火問題が今後も続くことは、絶対に避けたいところだ。Galaxy Note 7の発火問題を経て、同社はより小型のS7シリーズには同様の問題が起きていないことをアピールしようとしている。「弊社はGalaxy S7ファミリーの品質と安全性を保証します」との声明をサムスンは11月1 ...

  • 中国、トランプに対決姿勢 「iPhoneが売れなくしてやる」と宣言

    ドナルド・トランプは選挙運動中に様々な主張を米国民にアピールしたが、11月13日にオンエアされた米CBSの番組「60 Minutes」では、その詳細についてあまり多くを語らなかった。「中国は通貨操作を行なっており、対抗措置として中国製品に45%の関税を課す」という彼の公約が、果たして実行に移されるか ...

  • アップル、利益ベースでスマホ業界制圧 100%以上のシェアを達成

    先週、アップルのスマホ業界におけるポジションを示す2つの指標が明らかになった。その数値は互いに対立する面もあるが、結果的にアップルの収益性がいかに高いかを示している。データの一つは米調査企業Strategy Analyticsが発表したもの。世界のスマホの出荷台数ベースで、アンドロイドは過去最大のシ ...

  • 1.3億人のメディア帝国狙うAT&T タイムワーナー9兆円買収の吉凶

    米通信大手AT&Tによるタイムワーナーの買収が、854億ドル(約8兆9,000億円)という桁外れな買収額で注目を集めている。この買収は大手通信企業とメディア企業の融合という新たな流れを象徴するものだ。AT&Tやベライゾン等の企業はここ数年、通信インフラという「土管ビジネス」から脱出す ...

  • ロシア産メッセージアプリ「テレグラム」 ゲーム導入で収益化を模索

    メッセージを暗号化送信し、機密性の高さで支持を集めるメッセージアプリ「テレグラム(Telegram)」がゲームの導入を公表した。テレグラムは10月3日、アンドロイド向けアプリにゲーム機能を実装した。同社は今後のゲーム数の増強のため、ゲーム開発会社らに呼びかけを行なっている。ロシア人創業者でCEOのパ ...

  • iPhone追撃狙うシャオミの苦悩 企業価値は10分の1に下落

    アップルのiPhone 7発売からしばらくして、中国最大のスマホメーカーの一つシャオミ(小米)は、デュアルカメラと感圧タッチパネルを搭載したプレミアムスマホ「Mi 5s」を発表した。Mi 5sの価格は約300ドル(約3万1,000円)。iPhone 7と同じ機能が満載なのに、価格は半分程度だ。チップ ...

  • 10億ユーザー突破「WhatsApp」がスナップチャットに勝ち続ける理由

    今や世界的メッセージアプリに成長したWhatsAppのCEO、ジャン・コウムは共同創業者のブライアン・アクトンが2009年の創業当時、彼のデスクに貼り付けたメモを大切に保管している。当時、「純粋なメッセージアプリ」を目標に掲げたアクトンは、そのメモに次のような走り書きを残した。「広告無し、ゲーム無し ...

  • FB、アップルが悩む「メッセージのスパム問題」 新興国で大きな課題に

    メッセージングサービスをアプリストアと同じぐらい利益を生むプラットフォームにすべく、アップルが新たな動きを始動した。iOS 10で利用可能なアプリ「メッセージ」がサードパーティーの開発者に公開され、ステッカーや絵文字、チャット内で利用できる旅行検索エンジンKayakや出前サービス DoorDash、 ...

  • iPhone7「最大の不満」はホームボタン 報道陣から指摘が続出

    アップルが新型iPhoneでヘッドフォンジャックを廃止することは広く知られている。しかし、アップルが廃止するのはそれだけではない。同社はこれまでおなじみだった物理式のホームボタンを廃止し、MacBookに似た感圧式のホームボタンを搭載する。現状のiPhoneユーザーらは一日に数えきれないほど物理ボタ ...

  • 集中力を高める謎のリストバンド「ドッペル」 150ドルで販売開始

    ドッペル(Doppel)という名のスタートアップ企業が、「人を覚醒させ集中力を高める」リストバンド型ガジェットを発明した。ドッペルを着用すると、まるで大量のカフェインを摂取したような気分になる。ドッペルの外見は一般的な腕時計とさほど変わらないが、内部には手首サイズの大きなディスクが格納されている。筆 ...

  • アップルに重大危機 iPhone6「タッチ病」が最悪のタイミングで話題に

    iPhone6のタッチスクリーンに関わる“欠陥”が相次いで報告され、アップル製品のクオリティに対する大きな疑念が浮上している。タッチ病(touch disease)と呼ばれるこの不具合は、スクリーン上部に灰色のバーが現れるところから発症し、しばらくするとスクリーンが全く反応し ...

  • アップル、健康データ管理Gliimpse社を買収 ヘルスケア強化の動き

    アップルが健康・診療データの管理を手掛けるスタートアップ、「Gliimpse」を今年初めに買収していたことが明らかになった。このニュースを最初に報じたFast Companyによると、今回の買収はアップルのデジタルヘルスチームが手掛けた初めての案件だという。アップルは買収の詳細をメディアには語らず「 ...