CONTRIBUTOR

パク スックチャ

アパショナータ, Inc.代表 ダイバーシティ(多様性)&ワークライフ・コンサルタント

日本生まれ,韓国籍。
米国ペンシルバニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学MBA(経営学修士)取得。
米国と日本で米国系企業に勤務後、日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本・香港・シンガポール・中国など,太平洋地区での人事,スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手がける。
2000年に退社し、日本で最初にワークライフバランスを推進するコンサルタントとして独立。企業での社員の意識改革、働き方改革及び教育研修に携わる。同時に、米国とアジアに精通したグローバルな経験を活かし、急激に進むグローバル化と複雑化する多様性に適切に対応すべくダイバーシティ(多様な人材活用)の専門家として、多様な人材マネジメントと受容的環境構築に力を注ぐ。
企業メリットをもたらす手法で進める在宅勤務導入コンサルティングで実績を出し、日本での在宅勤務(テレワーク)の普及に向け、執筆や啓蒙活動にも取り組む。
http://www.worklifebalance.co.jp
・東洋大学「国際学部」ニューエリート育成アドバイザリーボード委員
・一般社団法人 企業研究会「ダイバーシティ&ワークライフバランス推進フォーラム」研究協力委員 経済産業省「ダイバーシティ経営企業100選」サポーター
・経済産業省「企業活力とダイバーシティ推進に関する研究会」委員(2012年)
・公益財団法人 日本生産性本部 「次世代のための民間運動~ワーク・ライフ・バランス推進会議~」推進委員(2012年~2015年) 
・第1回『ワーク・ライフ・バランス大賞』貢献活動分野での【特別賞】受賞
・厚生労働省主催「仕事と生活の調和推進モデル事業」委員
著書:「アジアで稼ぐ『アジア人材』になれ」(朝日新聞出版)
「会社人間が会社をつぶす-ワークライフバランスの提案」(朝日選書)
共著:「CSR「働きがい」を束ねる経営」日経CSRプロジェクト編(日本経済新聞社)

  • 誰もが持つ「無意識の偏見」 女性活躍推進の妨げに

    「あなたは偏見を持っていますか?」こう聞かれたら、失礼な質問だと感じる人は多いだろう。一般的に人は、自分には良識があり、物事を客観的に判断して平等に対応しているので「偏見は持っていない」と思っている。優秀な人やポジションの高い人ほどその傾向がある。しかし、過去20年間ほどの数多くのリサーチから、実は ...

  • 「おもてなし」が労働生産性を下げ、長時間労働を増長させる?

    久しぶりにパリへ行った。土曜日に到着したので、その日はホテル近辺で夕食をし、日曜日に街へ繰り出した。通りにある小売店だけでなく、プランタンやギャラリーラファイエットなどの百貨店も閉まっているので、散歩をしながら、オルセー美術館へ行き、アート鑑賞して一日を過ごした。日曜日のパリは時間がゆっくりと流れて ...

  • 夫婦格差を増幅させる? 時短勤務の悪影響

    日本の職場でワーキングマザーが増えてきた。実際、第1子出産後も仕事を続けている女性の割合は、2005~2009年の40.4%から2010~14年は53.1%と12.7ポイント上がり、初めて5割を超えた(国立社会保障・人口問題研究所「出生動向基本調査」)。企業での育児休業や時短勤務が充実し利用もしやす ...

  • 外国人男性にモテる日本人女性の「残念なこと」

    東京の街を歩いていると、白人と日本人のカップルを見かけることが多くなった。そのほとんどのペアは「白人男性と日本人女性」で、「白人女性と日本人男性」は極端に少ない。私の知り合いでも、フランス人、アメリカ人やカナダ人男性と日本人女性のカップルがいるので、身近にも日本人女性が白人男性にモテることを実感する ...