CONTRIBUTOR

Stuart Anderson

I write about globalization, business, technology and immigration.

I am the executive director of the National Foundation for American Policy, a non-partisan public policy research organization focusing on trade, immigration and related issues based in Arlington, Virginia. From August 2001 to January 2003, I served as Executive Associate Commissioner for Policy and Planning and Counselor to the Commissioner at the Immigration and Naturalization Service. Before that I spent four and a half years on Capitol Hill on the Senate Immigration Subcommittee, first for Senator Spencer Abraham and then as Staff Director of the subcommittee for Senator Sam Brownback. I have published articles in the Wall Street Journal, New York Times, and other publications. I am the author of a non-fiction book called Immigration.

  • 卒業後5年の給与で調査、最も「費用対効果が良い」専攻は?

    米キャリア情報サイト、グラスドアが大卒者の給与を卒業後5年間にわたって調査した結果によれば、最も“カネになる”専攻分野はコンピューターや数学、工学関連だということがわかった。「大学の学位は、最初の就職でいい仕事に就くための足掛かりとして欠かせない」とグラスドアは指摘。「何十万 ...

  • 移民受け入れには3つの利点、米機関が日本を例に主張

    米国の経済成長にとって、移民は不可欠なものだ。米国科学アカデミー(NAS)は9月に公開した報告書「The Economic and Fiscal Consequences of Immigration(移民がもたらす経済・財政への影響)」の中で、そう結論付けている。経済成長に不可欠だとする根拠は大き ...

  • 米国へのメキシコ人不法移民、10年で8割減 「壁」は不要?

    米国とメキシコの国境に壁を作るという主張の根拠は、「国境を越えて不法入国してくるメキシコ人の数が増加し続けている」というものだ。だが、米国政策財団(NFAP)が先ごろ発表した調査結果によると、米南西部の国境で不法入国により逮捕されるメキシコ人の数は、実際には2005年から2015年までの間に82%減 ...