Forbes JAPAN密着取材!民間月面探査レース

au × HAKUTO MOON CHALLENGE

プロジェクトを追いながら、その先に広がる宇宙ビジネスの可能性を探る。

ゴールは月面! 優勝賞金は2000万ドル! 人類初の民間月面探査レース「Google Lunar XPRIZE(グーグル・ルナ・エクスプライズ)」。フォーブス ジャパンでは、そのレースに唯一日本から参加している“チームHAKUTO”に継続取材。関わるメンバーにスポットをあてながら、2017年の月面探査用ロボットの打ち上げまで、プロジェクトの動きを月一で追いかけていく。

  • 月面探査レース「優勝の可能性は高い」 開発のキーマンが語る

    月面を探査するローバーの名前が決まった。「SORATO(ソラト)」。3万7千通の応募から選ばれたこの名前は、「宙(そら)」と「兎(と)」を組み合わせたものだ。2017年12月28日、インドのサティッシュ・ダワン宇宙センターから、月へと飛び立つ。この「SORATO」の開発にいちばん最初から関わっている ...

  • 宇宙版「海賊とよばれた男」になれ! 宇宙産業で勝つためのビジョンを語ろう

    チームHAKUTOが参戦している「Google Lunar XPRIZE」。彼らは決してその賞金を目当てにレースに臨んでいるのではない。彼らの目はすでに、その後に広がる宇宙ビジネスの大いなる原野に向いている。新たな産業の創出、宇宙産業の勃興、そこには夢では終わらない、リアルな戦略がある。前回に続きH ...

  • 「月面着陸船」変更! 大きな危機を乗り切った

    チームHAKUTOでは、ビジネス面と組織設計を担うispace社の中村貴裕。実は、この半年間、彼らの「月への挑戦」は、かなりの危機に直面していた。どのように乗り切って、どう軌道修正したのか、中村の口から初めて真相が明かされる。「まだ修正は間に合いますか?」au×HAKUTO MOON C ...

  • リオの次は月だ! 世界月面探査レースに挑むHAKUTOの夢

    これまで宇宙開発といえば、大規模な国家プロジェクトとして展開されてきたが、近年その流れに変化があらわれはじめている。民間の企業や経営者が、未来を見据えたビジネスとして、これに乗り出そうとしているのだ。そんな「民間宇宙時代」の象徴ともいえるプロジェクトが、2007年に始動したGoogleがスポンサード ...