CONTRIBUTOR

中井 信之

ポージングディレクター・俳優・モデル・イメージコンサルタント

学生時代に劇団『夢の遊眠社』に所属。退団後、映画、テレビ、舞台等で活躍。姿勢で雰囲気を伝えるポージング理論、HKKメソッドを開発し、ワタナベエンターテイメントカレッジなど専門学校で5,000人以上のタレント候補者に指導する。国際イメージコンサルタントの資格をアメリカで取得後、独立。現在は、タレントからビジネスエグゼクティブまで「表情・話しかた・動作」で個性のブランディングを指導。著書『一流の人はなぜそこまで、見た目にこだわるのか?』(俣野成敏 共著 クロスメディア・パブリッシング)、『美人な「しぐさ」』(ディスカヴァー・トウェンティワン)など。

  • 会話が弾まないとき、話の切り替えは「感動詞」でスムーズに

    初めて会う相手を気遣うばかりに会話が弾まず、長い時間話していたのに、何を話したのか覚えていなかった…という経験はないだろうか。会話が弾ないときには、率先して話題を変えた方が双方にとって良い結果を生むことがある。話題が変われば、雑談が生まれ、ビジネスチャンスに発展することもある。互いの仕 ...

  • 人気はビジネスでも武器に、「両性」に好かれて味方を増やす方法

    あなたの周りには、なんとなく人から人へと紹介されて上手くいっている人はいないだろうか?その人たちに共通していることは、男性からも女性からも人気があるということだろう。「人気がある」とは、顔がひろく人望があり、自分の知らないところでも応援してくれる味方がたくさんいることだ。もし、仕事上の重要人物と初め ...