FORBES STAFF

Alan Ohnsman

I write about the future of mobility and evolution of transportation.

I write about the evolution of transportation and intersection of the auto industry and Silicon Valley for Forbes from Los Angles, the U.S. capital of cars and congestion. I've covered global automakers, advanced vehicle technologies and environmental regulations for two decades, including 15 years at Bloomberg News, as well as stints in the financial industry and corporate world. Started out at a small English-language paper in Tokyo in the final phase of Japan’s economic boom years. Later had a ringside to cover the launch of Toyota’s Prius and rise of Elon Musk’s Tesla Motors. From self-driving cars and ride-sharing services to battery and hydrogen propulsion, new approaches to urban transit and the commercialization of space travel, I want to know how we get there from here.

  • 泥沼化するウーバー「自動運転パクリ」訴訟 5月に法廷審問へ

    自動運転技術関連の企業秘密盗用を巡るアルファベット傘下のWaymoとウーバーの法廷闘争は、泥沼化の様相を呈している。Waymoは裁判所に対し元グーグルのエンジニアで、現在はウーバー幹部のアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)を「自動運転車開発プロジェクトから外すこと」 ...

  • アップル流「自動運転」は利益優先 車内コンテンツに注力か 

    アップルがカリフォルニア州で自動運転車の公道テストに乗り出すことを受け、同社による自動車開発への期待が高まっている。しかし、専門家は「アップルが開発を目指しているのは車本体ではなく、自動運転車に対応したアプリやサービスだ」と指摘する。アップルが車両管理局(DMV)から取得した許可には、3台のレクサス ...

  • ホンダ、シリコンバレーの研究拠点を拡大 外部とのコラボを活性化

    自動車業界の一匹狼的存在であったホンダが、外部企業とコラボする動きを加速させている。ホンダはシリコンバレーの研究所を「ホンダR&Dイノベーションズ」に改名して法人化し、グローバルな提携を模索する新たなユニットにすると発表した。この新ユニットがコラボするエリアは自動車とIoTに関するサービスや ...

  • 時速1200キロのハイパーループ「米国の35州をつなぐ」宣言

    イーロン・マスクが推進する次世代交通システム「ハイパーループ」は、細いチューブの中を時速1200kmで進む未来感あふれる乗り物だ。そのハイパーループが全米の各都市をつなぐ壮大な計画を進めていることが明らかになった。【関連】社会問題も解決する「ハイパーループ」構想の全貌ハイパーループを運営するハイパー ...

  • ウーバーの自動運転「パクリ訴訟」 疑惑の幹部、他企業とも接触か 

    グーグルが自動運転技術の窃盗でウーバーを訴えている問題は、新たな局面を見せている。アルファベット傘下で自動運転技術の開発を手がけるWaymoは、ウーバー幹部で元グーグルのエンジニアであるアンソニー・レバンドウスキー(Anthony Levandowski)が、LiDARレーザーセンサーに関する情報を ...

  • 時価総額で「フォードを超えた」テスラ株は今、買いなのか?

    テスラの時価総額がフォードを上回ったというニュースが大きく報道された。テスラの株価は4月3日、298ドル56セントに達し、同社の時価総額は487億ドル(約5兆3900億円)に到達。453億ドルのフォードを上回った。テスラの株価上昇は、今年第1四半期のModel SとModel Xの出荷台数が2万50 ...

  • 米GM、自動運転で約1千名を新規雇用 グーグルら競合を追撃

    米ゼネラル・モーターズ(GM)傘下で、自動運転車開発を行うクルーズオートメーションはサンフランシスコでの事業拡大に1400万ドルを投資し、1163名を新規でフルタイム雇用する。同社が州当局に提出した申請書類で明らかになった。GMは昨年初めに5億8000万ドル(約642億円)でクルーズオートメーション ...

  • テスラ、今期2.5万台の納車完了 来年は「年間50万台」目指す  

    テスラは4月2日、2017年第1四半期の納車台数を発表した。台数は四半期あたりで過去最高となり、テスラは年初の株主向けのガイダンス通りの納車台数を達成した。これは非常に前向きな結果だが、イーロン・マスクが掲げる「2018年に年間生産台数50万台」という目標への道のりはまだかなり遠い。テスラは今年3月 ...

  • 平均年収は3千万円以上「自動運転エンジニア」獲得戦争の行方

    自動運転車の開発競争が激化する中、大手企業が技術力のあるスタートアップを次々と傘下に収めている。GMは5億8100万ドルでクルーズ・オートメーション(Cruise Automation)を、ウーバーは6億8000万ドルでオットー(Otto)を買収し、フォードはアルゴAI(Argo Ai)に10億ドル ...

  • トランプの「壁」建設に参加、異色のシリコンバレー企業の凄い技術

    トランプ政権が進めるメキシコ国境沿いの壁の建設は、費用が210億ドル(約2兆3000億円)に達する見込みだ。このビッグプロジェクトに関わろうと、多くの建設会社がCBP(税関・国境警備局)に申込書を提出している。その中で、あるシリコンバレー企業の参加申請が話題を呼んでいる。その企業とは、カリフォルニア ...

  • 上海発の自動車スタートアップ「NIO」 自動運転EV車を米国で発表

    上海が本拠でシリコンバレーや欧州でもオペレーションを展開中の自動車関連スタートアップの「NIO」が、同社初の自動運転EV車両「Eve」のコンセプトモデルを発表した。米国での販売時期は、2020年を予定している。米テキサス州オースティンで開催のSXSW(サウス・バイ・サウスウエスト)で発表されたEve ...

  • 中国「滴滴」がシリコンバレー進出 AIエンジニア採用強化

    昨年アップルらから合計70億ドル(約8000億円)以上の出資を受けた中国のライドシェア企業「滴滴出行(Didi Chuxing)」がシリコンバレーにR&Dセンターを開設した。中国市場でライドシェア市場の覇権をウーバーから奪った滴滴が、カリフォルニアに拠点を構えることは、同社のイノベーションへ ...

  • テスラCEO、賃上げ要求に反発 「労働組合の回し者」発言も

    テスラのイーロン・マスクCEOは、従業員がブログで賃上げを要求した問題で、この従業員は「労働組合の回し者だ」と受け取れる発言をした。カリフォルニア州フリーモントのテスラの組み立て工場で4年にわたり勤務中のJose Moranと名乗る人物は2月9日、Mediumの投稿で「テスラ工場での報酬は時給17ド ...

  • テスラ従業員が賃上げ要求「時給17ドル」では生活できない

    テスラの従業員が賃上げを要求している。サンフランシスコのベイエリアの工場で働く従業員が自身のブログの投稿で、全米自動車労働組合(UAW)に対し、テスラの賃上げや職場の安全環境の改善について、助けを求めた。今回の申し立てはテスラ社にとって非常に重要なタイミングでなされた。テスラは今年後半に3万5000 ...

  • グーグルの「超格安」通勤サービス Wazeカープールが全米展開へ

    グーグルが2013年に買収したナビゲーションアプリWazeは、格安の乗り合いサービス「Wazeカープール」を提供している。同社は乗り合いサービスを昨年からテスト導入し、サンフランシスコの9つの郡で展開中だが、さらにこの試みを拡大することを発表した。サンフランシスコの交通計画策定組織(MTC)との提携 ...

  • アマゾン、自動運転「特許」を取得 シアトル本社付近を想定か

    各社から自動運転関連のテクノロジーの発表が相次ぐ中、オンラインコマース最大手のアマゾンがその一団に加わった。同社が1月17日に取得した特許には、自動運転車両と道路の管理システム間のコミュニケーション手段についての記述がある。米国特許商標庁(USPTO)が公開したアマゾンの特許資料(9,547,986 ...

  • 航続距離500キロのEVバス「プロテラ」 160億円調達で増産開始

    元テスラ社員が率いる電気(EV)バスメーカー「プロテラ(Proterra)」が、1億4,000万ドル(約164億円)の資金調達に成功した。この資金で生産台数と製造スピードの向上を図るという。今回のシリーズ5の調達ラウンドではJPモルガンの協力を得て、名前非公開の投資家から4,000万ドル(約47億円 ...

  • テスラ、またもや製造遅延 昨年末で6千台以上が未納状態に

    テスラは、自動車のハードウェアの変更が原因で、2016年の販売目標を達成できなかった。同社はセダン「モデルS」とSUVの「モデルX」を2016年第4四半期に2万4,882台、年間では前年比64%増の8万3,922台生産した。しかし、第4四半期の納品数は2万2,000万台にとどまる見込みで、2万5,0 ...

  • 韓国・現代自動車の自動運転プロジェクト 米ネバダ州で進行中

    自動車メーカーやテクノロジー企業が自動運転技術の開発にしのぎを削る中、韓国の現代自動車は他社とは少し異なるアプローチで競争に挑んでいる。同社が最も重視するのは開発スピードではなく、以下の3つのポイントだ。・マスマーケットに普及させるためにテクノロジーのコストを最小限に抑えること・運転支援システムの性 ...

  • アリゾナ州知事がウーバー歓迎 カリフォルニアで禁止ならうちでやれ

    12月22日、ウーバーは同社の自動運転テストモデル「Volvo XC90 SUV」をサンフランシスコで輸送車両に積み込み、アリゾナ州に向けて送り出した。ウーバーはカリフォルニア州で自動運転テストに必要な、申請費用150ドルの書類を提出していなかったため、公道テストの差し止め命令を受けていた。アリゾナ ...