CONTRIBUTOR

Paul Armstrong

I write about media, emerging technology and social technologies.

Paul is the Founder of HERE/FORTH, an emerging technology advisory helping business leaders decide how to best use rapidly changing and emerging technologies. Paul is also the Founder of @themediaisdying, currently writing 'Disruptive Technologies; Understand, Evaluate and Respond' out in 2016 (by Kogan Page). Sign up to C_NCENTRATE for more insight and news about social and emerging technologies every Sunday. Follow him on Twitter @paul__armstrong.

  • スワイプ操作で「恥ずかしいツイート」を消すアプリが話題に

    古いツイートをティンダーのような操作感で、スワイプ1つで削除できるアプリ「Keep Or Delete」が登場した。表示される過去のツイートを左にスワイプすれば削除、右に削除すればキープすることができる。万が一、間違ってツイートを消してしまった場合、5分以内なら復活させられる機能もついている。rev ...

  • フェイスブック「ユーザー離れ」鮮明 投稿数が3分の2に

    フェイスブック利用者の投稿件数が大きく減少していることが、最新の調査によって明らかになった。マーケティング企業のMavrckは、2016年のフェイスブック上の投稿2,500万件を調査したリポートを発表した。それによると、ユーザーによる投稿数が2015年に比べて29.49%減少したという。一方、ニュー ...

  • ポケモンGOに「現金ゲット機能」がついたアプリ、英国で大人気 

    ポケモンGOにそっくりなアプリ「Snatch(スナッチ)」がイギリスで人気だ。ARとジオロケーション技術を駆使し、スマホを使ったバーチャルな宝探しができるアプリだが、「現金が手に入る」というポケモンGOにはない特徴がある。プレーヤーはゴールデン・パーセル(金の包み)を見つけるか他のプレーヤーから盗み ...

  • 「インフルエンサー」活用は危ない ユーチューバー暴言事件の警告

    先日、人気ユーチューバーのピューディパイ(PewDiePie)が反ユダヤ的な投稿を繰り返し、グーグルとディズニーから契約を解除された。ピューディパイの動画は常に数百万人が閲覧するため、関係各所は莫大な金銭的損害を被ることになる。この事件はブランドとインフルエンサーの危険な関係性を浮き彫りにした一件で ...

  • 世界2,200万人が使うハンドメイドフリマ「Etsy」 業績好調の理由 

    マーケットプレイス「Etsy(エッツィー)」の快進撃が続いている。ハンドメイドのユニークな商品が買えるEtsyは米国で創業から約12年。2015年にはIPOも果たし日本にも参入した。同社の利用者は世界2200万人以上。年間流通総額は2,000億円を突破した。2016年第三四半期に同社は33%の売上増 ...

  • スナップチャット世代のEコマースアプリ「YEAY」 500万人目標に始動

    メラニー・モールはショッピングを変えようとしている女性起業家だ。「現在のショッピングは破たんしており、次世代に対応できません」と、ヘルシンキで行われたスタートアップのイベント「Slush」で彼女は語った。モールはショッピングアプリ「YEAY(イェイ)」のベータ版を最近発表した。調査企業ShareTh ...

  • アップルWWDCで見えた、今年の「勝ち組」「負け組」

    アップルはWWDC(世界開発者会議)でiOSとmacOS、watchOS、tvOSのアップデートを発表した。開発者にはすでに公開されており、公開ベータテストの開始は7月以降となる。最終版は8~9月に発表されることになるだろう。例年に比べてパッとしない会議だったように思えるが、アップルの最新の発表によ ...