CONTRIBUTOR

Bruce Japsen

I write about health care and policies from the president's hometown

I've written about health care for more than two decades, starting from my native Iowa where I covered the presidential campaign bus rides of Bill and Hillary Clinton through the Hawkeye state talking health reform and the economy. I have covered the rise, fall and rise again of health reform, chronicling national trends as well as the influence of Barack and Michelle Obama from Chicago's South Side on changes to the U.S. health system from my base in Chicago. I am the author of the new Forbes signature series book, "Inside Obamacare: The Fix For America's Ailing Health Care System." I was health care business reporter at the Chicago Tribune (1998-2011) and previously wrote for Modern Healthcare magazine when first arriving in Chicago in 1993. Prior to that, I wrote for several Iowa newspapers including the Des Moines Register. These days, I contribute stories to the New York Times, Chicago Medicine magazine and teach in the University of Iowa School of Journalism MA in Strategic Communication program. You can see me nationally on Fox News Channel's "Forbes on Fox" show. In Chicago, you can hear my health segments and business analysis on WBBM newsradio 780 and 105.9 FM. I am passionate about health literacy when it comes to explaining the complexities of health care. A better understood health system may save someone some money or their life.

  • 米国で急増するアルツハイマー病 公的医療保険破たんの可能性も

    米国アルツハイマー協会が新たに発表したレポートによると、アメリカではアルツハイマー病にかかる医療費が2590億ドル(約29.7兆円)に達した。ベビーブーマー世代が高齢化し、長期療養施設に入るケースが増えているためだ。こうしたなか、米連邦議会とホワイトハウスでは、医療保険制度の改革、メディケイド(低所 ...

  • 身近な店舗での「たばこ販売中止」が禁煙につながる可能性

    米ドラッグストアチェーン大手のCVSヘルスが発表した最新のデータによると、同社がたばこの販売をやめたことで、小売店全体でのたばこ購入量が減少したという。同社は2014年秋、全てのたばこ製品の販売を中止。この前例のない措置は、公衆衛生の推進派や医師、そしてホワイトハウスからも注目を集めた。学術誌アメリ ...

  • 米で避妊処置の希望者が急増、トランプ新政権の「改革」を警戒

    人工妊娠中絶や避妊薬の処方などを行う医療サービスNPO、プランド・ペアレントフッド(家族計画連盟)によると、米国では11月8日の大統領選でドナルド・トランプが次期大統領に決定して以降、避妊のための処置を求める女性たちの診察予約が急増している。トランプは選挙戦の間、プランド・ペアレントフッドに対する連 ...

  • 米ドラッグストアチェーン、遠隔医療サービスを「皮膚科」にも拡大

    米国最大のドラッグストアチェーン、ウォルグリーン・ブーツ・アライアンスは9月19日、スキンケアに関するプラットフォームを立ち上げた。皮膚科医とビデオチャットで相談できるなどのサービスで、急速な成長を遂げつつあるデジタル医療の取り組みの一環だ。ウォルグリーンでは既に、テレヘルス(遠隔医療)サービスを提 ...

  • ただの「パフォーマンス」? エピペン問題で渦中のマイランに批判続く

    急性アレルギー反応の応急措置に使われる自己注射薬「エピペン(EpiPen)」の価格を400%つり上げたとして批判されている後発薬大手の米マイラン製薬は先ごろ、発行する割引カードの額面引き上げなどにより患者の自己負担を軽減する方針を打ち出した。米国ではもう何年も前から、製薬会社が「患者の負担は増えてい ...

  • オンデマンド医療サービスが急成長、ウーバーやリフトに次ぐ勢い

    遠隔診療サービスを提供するテラドック(Teladoc)とアビジア(Avizia)が数千万ドルもの資金を調達したことがニュースになるなど、このところ、投資家たちの間でオンデマンド医療サービスの成長が重視されている。コンサルティング大手のアクセンチュアの最新データによると、オンデマンド医療サービスへの投 ...

  • 健康増進に有効なウェアラブル、若者以外にも人気

    ウェアラブル活動量計のフィットビット(Fitbit)は、もはや活動的で健康な若者だけのものではない。最近の分析結果によれば、アメリカでは高齢者も若者と同様、健康管理のためのテクノロジーや機器をいち早く取り入れるようになっている。そのため、ベビーブーマーをはじめとする高齢者世代はいまや、フィットネスに ...

  • 疑惑の血液検査会社「セラノス」、大手ドラッグストアが提携解消へ

    ドラッグストアチェーン大手のウォルグリーンズ・ブーツ・アライアンスが、医療ベンチャー、セラノスとの提携を正式に解消すると明らかにした。血液検査事業を広く展開してきたセラノスは、その検査技術に疑念が浮上するなどの問題に直面している。ウォルグリーンズは、6月12日夜に声明を発表。1月にカリフォルニア州パ ...

  • 性別適合手術に保険適用、 米で拡大

    トランスジェンダー(心と体の性が一致しない人たち)の権利に対する社会の認識が変化するなか、米国では性別再指定手術(GRS)を健康保険の適用対象とする企業が増加している。すでに大企業の3分の1近くが、従業員が加入する健康保険でGRSを給付金の支払い対象としている。ただし、保険コンサルタントによれば、こ ...