FORBES STAFF

John Kang

I cover companies and markets in Greater China and Korea.

I write and edit stories, research for rich lists and 30 Under 30, and also update Forbes Asia’s Facebook and Twitter accounts. I was born in Korea but grew up in Hong Kong. I’m currently studying a master’s in business and financial journalism at The University of Hong Kong, where I also did my bachelor’s in English. Previously, I worked at Hong Kong’s leading English-language daily newspaper the South China Morning Post. You can follow me on Twitter @johnhjkang and email me at jkang@forbes.com.

  • アップルとサムスン「相互依存」の愛憎劇 今年も2社は別れない

    サムスンは、iPhoneの主要部品メーカーとしてAシリーズプロセッサやNAND型フラッシュメモリ、DRAMなどをアップルに供給してきた。しかし、アップルがサムスンを特許侵害で訴えた2011年頃を境にして供給量は下降の一途をたどり、現在はiPhone 7向けにDRAMを供給するのみだ。両社の特許裁判は ...

  • アジアで「最も影響力のある人物」 トップは中国の習近平首席

    先日フォーブスが発表した「世界で最も影響のある人物」ランキングにおいて、アジア圏でトップに立ったのは中国の習近平首席(4位。全74名中、以下同)だった。続いてインドのナレンドラ・モディ首相(9位)、日本の安倍晋三首相(37位)、さらに北朝鮮の金正恩党委員長(43位)が上位50人に入った。強硬発言で話 ...

  • 激化する米中「半導体戦争」 最先端チップ開発を急ぐ中国の焦り

    オバマ大統領は12月2日、安全保障上の問題を理由に、中国企業による米国内の半導体メーカーの買収を阻止する大統領令を発した。ドイツの「アイクストロン」のカリフォルニア州の子会社を中国企業が買収しようとしていた。中国では過去10年間、半導体が最大の輸入品となっている。年間の輸入額は約2,000億ドル(約 ...

  • サムスン 世界初「折り畳みディスプレイ」スマホGalaxy X発売へ

    サムスンは近年、ディスプレイの技術の向上に力を入れてきた。2015年に発売したGalaxy S6では世界初のデュアル・エッジ・ディスプレイを投入した。このディスプレイはシャオミのMi Note 2やファーウェイのMate 9 Proにも使われ、アップルも来年のiPhoneに投入する見込みだ。そのサム ...

  • トランプの「iPhone関税」は実現不可能 アナリストらが指摘 

    ドナルド・トランプが掲げた選挙公約の一つが製造業の雇用を米国に呼び戻すことだった。その顕著な例がアップルにiPhoneを米国で製造させることだ。アップルはiPhoneの組み立て工程のほぼ全てを中国のフォックスコン(Foxconn)に任せている。トランプの主張通り45%の関税を中国での製造品に課すとす ...

  • サムスンの逆襲 Galaxy S8は「人工知能でアップルに対抗」説が浮上

    火を噴くスマホ、サムスンのGalaxy Note 7の生産停止、リコールに至る騒動はスマホ業界始まって以来の大失態だ。しかし、業界のアナリストの中にはこの騒ぎも数ヶ月で忘れ去られ、サムスンは次のGalaxy S8で失地回復を遂げるとの見方もある。サムスンは今回のリコールにかかる損失を50億ドル(5, ...

  • 世界スマホ市場で大失速 中国レノボに何が起こったのか?

    世界のスマホ市場において、サムスンとアップルは過去5年間に渡り不動の1位と2位をキープしてきた。「Galaxy Note7」の爆発問題や「iPhone 7」の出足不調によっても両社の地位が揺るぐことはない。一方で、トップ5の残り3スポットには大きな変動があり、今では全てを中国企業が占めている。ファー ...

  • 中国最大の半導体メーカー「長江」社が誕生 3Dメモリで世界制覇狙う

    先週、中国の半導体設計大手である清華紫光集団が、同国半導体メーカー最大手の一つ、武漢新芯集成電路製造(XMC)の株式の過半を取得し、「中国最大のチップメーカーが誕生した」とウォール・ストリート・ジャーナルが報じた。XMCには、半導体産業の発展を支援する「国家集積回路産業投資ファンド」が出資している。 ...

  • 世界最大を連発の上海ディズニー 建設費6千億円、城の高さは世界一

    米ウォルト・ディズニー社は10年以上の構想、5年の建設期間を経て、今年6月に中国初のディズニーのテーマパーク、上海ディズニーリゾートをオープンした。上海ディズニーはディズニー社にとって世界で6番目、アジアでは東京、香港に続く3番目のテーマパークだ。上海は中国で最大の都市で、パークから3時間圏内に3億 ...

  • 新興スマホOPPO、中国市場で1位に アップル、サムスンらを撃退

    新興のスマホメーカーOPPOは、中国のスマホ市場でファーウェイ(華為)を抜き去り、初めて売上のトップに躍り出た。香港の市場調査会社Counterpoint Technology Market Researchのデータで明らかになった。OPPOの中国市場でのシェアは22.9%に達し、競合のファーウェイ ...

  • フェイスブック、中国WeChatの大物幹部を引き抜き ツイッター投稿で判明

    フェイスブックが中国テンセント(騰訊)のSNSサービスWeChatから幹部を引き抜いたというニュースがメディアを騒がせている。フェイスブックの中国進出が実現した場合、WeChatは最大のライバルになると想定され、今回の引き抜きはフェイスブックの中国進出への布石とも考えられる。筆者の見立てでは、今回の ...

  • 韓国初のゾンビ映画「釜山行き」 世界的大ヒットの予感

    7月20日に韓国で公開されたゾンビ・パニック映画「釜山行き(Train To Busan)」が記録的ヒットになりつつある。「釜山行き」は韓国のメジャー映画としては初のゾンビをテーマとした作品。配給元は人気ドラマ「太陽の後裔」で知られるネクスト・エンターテインメント・ワールド(NEW)社。韓国の1,5 ...

  • LINEのアジア展開は「遅すぎ」、アナリストらの厳しい指摘

    LINEは7月14日、15日に日米同時上場を果たし、初値の時価総額は1兆円を突破。今年最大の新規株式公開(IPO)となった。韓国のNAVERを親会社に持つLINEは、調達した資金をアジア諸国での成長に向け、投資したいと述べた。LINEのユーザー数は世界で2億1,800万人。そのほとんどは日本のユーザ ...

  • ガラパゴスLINEのNY上場 世界の投資家はどう見る?

    日本の無料通話アプリ運営会社LINEは7月15日に東京証券取引所で、NY証券取引所でも7月14日(現地時間)に上場する。資金調達額は約13億ドル(約1,350億円)の見込みで、テック企業としては今年最大のIPO案件となるが、同社の5年前の評価額は69億ドル(約7,150億円)だった。LINEは日本で ...

  • アップルに徹底抗戦のファーウェイ 「インド進出で世界2位を目指す」宣言

    アップルが13年ぶりの減収を発表した1か月後、ティム・クックはCEOとして初めてインドを訪問した。アップルは同社の世界第2の市場である中国でファーウェイ(華為)に敗れ、新たな成長市場であるインドで巻き返しを図ろうとしている。対するファーウェイも、徹底抗戦の構えだ。同社のリチャード・ユウCEOは「今後 ...

  • 中国ファーウェイ B2Bで「売上目標8兆円」宣言 海外事業も強化

    世界最大の通信設備メーカーの一社、ファーウェイ(華為)は、B2Bビジネスの売上高を2020年に現在の2倍の800億ドル(約8兆7,700億円)にする目標を明らかにした。同社は半年毎に3人のCEOを交代させる「輪番制」をとっているが、現CEOのエリック・シュー(徐直軍)が4月11日のアナリスト向けサミ ...

  • 中国バイドゥ、韓流ドラマに12億円 「太陽の末裔」独占配信へ

    韓国の人気ドラマ「太陽の末裔」の海外初となるプロモーション活動が4月5日、香港で行われた。ドラマは香港のローカルチャンネルViu TVで放送される。「太陽の末裔」はソン・ジュンギ演じる軍人と、ソン・ヘギョが演じる従軍医師の恋愛ドラマで、戦時下の地中海の架空国家ウルクが舞台になっている。全16回の同ド ...

  • テスラ「モデル3」香港でも好調 EVナンバーワン都市を加速

    4月1日の朝、香港のテスラモーターズの3店舗では100人以上がモデル3を予約した。その1人であるリディア・リーは環境負荷の小ささを理由にEVを選んだ。「価格は問題ではないんです。私は化石燃料の時代が終わるのを待てないから」と彼女は言う。「私の夫は、なぜ外観も分からない車のために並んで1,000ドルの ...

  • テスラの自動運転、香港で認可 「EVナンバーワン都市」を推進

    テスラ・モーターズは3月14日、香港のモデルSのユーザー向けに、オートパイロット(自動運転)機能の提供を開始した。オートパイロット機能はステアリング操作や車線変更を半自動化し、縦列駐車も自動で行なえる機能。同機能はソフトウェアのアップデートで利用可能になる。オートパイロット機能は今年1月、日本でも認 ...

  • アリババが音楽産業に本格参入 韓国S.M.エンターテインメントと提携

    韓国の大手芸能事務所S.M.エンターテインメントは2月11日、中国の電子商取引大手アリババ(阿里巴巴)と戦略的パートナーシップを締結したと発表した。S.M.はアリババを引受先として約3,000万ドル(約33億8,000万円)の第三者割当増資を実施。アリババは同社株の4%を取得することになる。S.M. ...