CONTRIBUTOR

Emily Willingham

This is your brain on science.

I am a writer, scientist, and educator who focuses on how we think about how we think. Here you'll find reports on the latest brain-related research, analyses of the social and biological aspects of brain health, and some opinionating. Co-author and Forbes contributor Tara Haelle and I have our book, The Informed Parent, now available for pre-order. My work has appeared at HealthDay, Everyday Health, the New York Times Motherlode blog, Forbes, Slate, Grist, The Scientist, Scientific American guest blogs, MIT Tech Review, American Scientist, The Scientist, Backpacker, Texas Parks and Wildlife Magazine, and in other local and regional publications.

  • 科学者に聞いた機内持ち込み可能な「驚きのモノ」

    もし皆さんが筆者と同じ「間違いを犯し」、科学者たちにこの質問をしてしまったら、もう旅客機には乗りたくないと思ってしまうかもしれない。機内持ち込み手荷物として、または預け手荷物として旅客機に載せたことがある「意外なもの」があるかと尋ねたところ、得られた回答は以下のようなものだった。この科学者たちを何ら ...

  • トランプ夫人、10歳の息子めぐり自閉症男性を告訴? 動画投稿はいじめか

    米国の次期大統領、ドナルド・トランプ夫人のメラニアは、ユーチューブに投稿された動画に激怒したと伝えられている。その動画は、夫妻の10歳の息子(トランプの三男)、バロンが自閉症だと指摘する内容だった。メラニアは弁護士を通じて、これを投稿した自閉症の男性を訴える構えを見せている。動画の再生回数が急増した ...

  • ドナルド・トランプの巧みな「共感力」にだまされる支持者

    11月8日の米大統領選が数日後に迫る中、ワシントン・ポスト紙は次の問いから始まる記事を掲載した。「今回の選挙に欠けているものは何か?」同紙が出した答えは、「トランプ支持者への共感」だった。この答えは、多くの人にとって予想外だっただろう。コメント欄では、記事に対する批判的な意見が目立った。個人的に、こ ...

  • 遅すぎた共和党の「トランプ離れ」 わいせつ発言、なぜ決定打に?

    米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプが、魅力的な女性にはいつも強引に迫っていると自慢げに語った2005年撮影の映像が浮上したことを受け、ついにトランプを見捨てる同党幹部が続出する事態となっている。だが、多方面から聞かれているのが、「なぜいまさら?」という疑問だ。共和党員らは、これまでメキシコ人や ...

  • 暴言王トランプ、PTSDの帰還兵を「弱虫」呼ばわり 本当に弱いのは誰だ

    米大統領選の共和党候補ドナルド・トランプは、「強さ」に取り付かれている。しかも大半の場合において、相手が誰であれ自分の方が優位であることを前提として、強さについて考えている。そしてトランプは隅から隅まであちこちを見回して、自分がまだ侮辱していない相手を探し回っているようだ。トランプはバージニア州で1 ...

  • ドナルド・トランプの虚言癖、討論会でも止まらず うそ常習犯の心理とは?

    26日に行われた今年の米大統領選初の討論会で、ハフィントン・ポストはドナルド・トランプとヒラリー・クリントンが進行役のレスター・ホルトの質問に対しうそで答えた回数を集計した。最終結果はなんと、トランプが16回、クリントンが0回だった。メディア各社はクリントンの「信用問題」をこぞって問題視してきたが、 ...

  • アレルギー薬価を8年で400%つり上げのマイラン、CEO報酬は671%増

    米国では2007年以降、急性アレルギー反応の症状(アナフィラキシー)を緩和する自己注射薬「エピペン(EpiPen)」の価格が400%上昇、同薬を製造・販売するマイラン製薬(Mylan Pharmaceuticals)への批判の声が高まっている。さらに、同社のヘザー・ブレシュCEOの年収が同年から67 ...

  • CRISPRは人間を皆同じにしてしまうのか

    分子のマジシャンの一振りで、あなたの家系で悪いと思われる形質を直せるとしたら、どうするか。カリフォルニア大学バークレイ校のジェニファー・ダウドナ教授とMITのフェン・チャンの研究により、どんな理由であれ、編集が必要と思われる私達の細胞の遺伝子配列をさっと正確に編集できるようになった。それは、バクテリ ...