Forbes JAPAN

Forbes JAPAN 編集部

世界37カ国、700万人が愛読する経済誌の日本版

1917年にアメリカで創刊したビジネス誌「Forbes」の日本版として、
2014年6月より「フォーブス ジャパン」と題し新創刊しました。(世界37カ国にてライセンス版を刊行)。
「世界から日本に、日本を世界へ」をテーマに、グローバルな視点を持つ読者たちに向け、フォーブス本国版、各国版の記事をキュレーションし、日本オリジナル記事と共に構成。
ビジネス、経済、投資、アントレプレナー、ランキングの記事を掲載していきます。
フォーブスが取り上げる人物の人生には必ずストーリーがあり、そのストーリーから「未来を切り開くメッセージ」を読者へ届けます。

  • クラウド・コンピューティングの世界で注目すべき「5つのトレンド」

    2017年は“クラウドの力”に注目が集まる一年になりそうだ。16年は企業とそのCIO(最高情報責任者)が、クラウドに移行すべきかを検討した年だった。17年は「クラウドサービスをいかに活用するか」が焦点になる。IBMが最近実施した、18業界の経営層1,000人以上を対象にした調 ...

  • 凄いスタートアップ、メルカリの「働き方」はここが違う!

    「ルールを増やすと、つまらない会社になってしまう。ずっとそう言い続けてきた」組織の設計思想として、「性善説」を掲げるメルカリ。取締役の小泉文明は、働き方の自由を縛るルールをなるべく作らずに、組織を運営することを強く意識する。社員への情報のオープン化も、そうした理念を反映した施策の一つ。給与やストック ...

  • 「企業に眠る人材を覚醒させる」 三井不動産の挑戦とは

    2012年に策定したグループ中期経営計画で“イノベーション”を合言葉に掲げた三井不動産が、ベンチャー企業との共創を本格化させている。15年4月に「ベンチャー共創事業部」を設立、15年12月にはCVCファンド「31VENTURES Global Innovation Fund ...

  • 「新国立競技場」建築家、隈研吾 カナダと東京に高級レジデンスを設計

    日本を代表する建築家、隈研吾。2020年東京オリンピックスタジアムとなる「新国立競技場」の設計者としてさらに注目が集まる中、その活躍の場は太平洋を越えたカナダにも広がっていた。隈にとってカナダ初の作品となるラグジュアリーレジデンス「Alberni by Kengo Kuma」(2017年着工/202 ...

  • 長寿の時代に「教育、仕事、引退」3ステージの人生は通用しない

    大きな転換期を迎える労働市場で個人の働き方はどう変わるか。人材論、組織論の世界的権威リンダ・グラットンに聞く、未来の「働き方」と日本への提言。2007年に日本で生まれた子どもの半分は、107年以上生きることが予想される(図1)。いま世界で、労働市場のトランスフォーメーションにどう対応していくべきかが ...

  • ダボス会議からホームレスサッカーまで 「越境する男」の情報管理術

    モニターに画像や映像が次々と映し出される。2004年に発生した新潟県中越地震直後の震源地・十日町。2011年にフランス・パリで開催されたホームレスサッカーW杯での日本代表・野武士ジャパンの奮闘。世界中の実業家や政治家が一堂に会するダボス会議のスナップ……。この使い込まれた ...

  • 経営者として、男として私をしつけた「坂本龍馬の生きざま」

    各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、葬儀会館を運営するティアの冨安徳久代表取締役社長が事あるごとに読み返すという「竜馬がゆく」を紹介する。高知県桂浜の小高い丘には、遥か太平洋を見つめる坂本龍馬の銅像があります。ここ土佐は、龍馬が生まれ ...

  • 揺るぎないトップセラー「ランゲ1」/300万円以上でも買いたい腕時計

    「300万円以上でも買いたい名品」というテーマで連載をするにあたり、まずは、時計ジャーナリストたちにアンケートをとればおそらくこれが一番になるんじゃないか? と思われる腕時計を紹介したい。それがA.ランゲ&ゾーネ「ランゲ1」である。この「ランゲ1」は、第2次世界大戦後、東ドイツ政府に接収されたことか ...

  • X JAPAN・YOSHIKIが語る起業家とアーティストの共通点

    人気絶頂から海外進出、不和、解散、そしてメンバーの死。数々の挫折と失敗、絶望を乗り越えてきたバンド「X JAPAN」のリーダーで日本を代表するミュージシャンのYOSHIKI氏は、楽天の三木谷浩史氏を始めとするエグゼクティブや起業家たちとも親交が深く、自身も電気自動車の開発会社に出資するなど、個人投資 ...

  • 世界に遅れる日本のサイバーセキュリティ 「安全神話」が障壁に

    米国主導で進む技術レベルのルール形成が日本のIoTビジネスの参入障壁となるリスクについて、多摩大学大学院教授・ルール形成戦略研究所所長の國分俊史が解説する。昨今の日本ではIoTブームが沸き起こっているが、実はアメリカとEUではサイバーセキュリティに関する技術レベルでの国際規格作りが進んでおり、ルール ...

  • 「副業解禁」から見えてきた理想的な働き方/ロート製薬 吉野俊昭社長

    ロート製薬株式会社が2016年6月に始めた、斬新な2つの制度が話題になった。コーポレートアイデンティティ「NEVER SAY NEVER」実現のため、枠組を超えた働き方に挑戦できる「社外チャレンジワーク制度」と「社内ダブルジョブ制度」である。代表取締役社長兼COOの吉野俊昭氏にスタートから8か月経っ ...

  • 「建築×不動産×テクノロジー」で実現する理想の住まい

    ツクルバは、村上浩輝と中村真広が2011年8月に共同創業したスタートアップ。会員制シェアードワークプレイス「co-ba」をはじめ、リノベーション住宅の物件情報をユーザーへ直接届けるオンラインマーケット「cowcamo」等を運営する。上村康太がシニア・アソシエイトを務めるグロービス・キャピタル・パート ...

  • 創業5年で「スターウォーズ」と共同開発 新星ロボティクス企業CTOの体験談

    アクセラレータに選ばれるにはどうすればよいのか。またそこで得られる経験とは テックスターズの“卒業生”である、スフィロの共同創業者イアン・バーンスティンに振り返ってもらった。映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に登場するドロイドの「BB-8」を、スマートフォンのアプリで操 ...

  • 「机上の空論」に終わらないプロトタイプが続々登場! デジタルハリウッド大学大学院「デジコレ7」を開催

    実学に根ざした応用力と実践力を養成する校風2004年の設立以来、「ビジネス」「クリエイティビティ」「ICT」の融合こそがこれからの社会において重要だと考え、学術の研究だけでなく、実学に根ざす応用力と実践力の養成に力を入れ続けてきたデジタルハリウッド大学大学院(DHGS)。そうしたカリキュラムの集大成 ...

  • スキャンダル漬けの製薬大手を「治療」したCEOの静かなる退出

    今年の3月に製薬大手GSKを退任するアンドリュー・ウィティーCEOは、こんなふうに人々の記憶に残りたい、と考えている。マラリアやエボラウイルスに対するワクチンの開発に取り組み、経営を安定させ、医薬品の販売促進を目的とした医師への支払いを止めさせた倫理的なCEOー。だが彼がCEOに就任した2008年以 ...

  • NY発のマッチングアプリ 創業者が「アジア人向け」にこだわる理由

    3年ほど前のある寒い冬の日。時岡真理子は、ニューヨークのブライアント・パークを何枚もの小さなカードを持って歩いていた。「独身ですか?恋人いませんか?」アジア系の人々を見かけたら片っ端から声を掛け、自社のサービスを説明する。「思い返せばまるでナンパ」と笑うが、必死だった。彼女が2013年にニューヨーク ...

  • 来日間近! 「HARD THINGS」著者が語るこれからのリーダー論

    フェイスブック、ツイッター、エアビーアンドビー、ギットハブ、インスタグラム、ピンタレストなどの爆発的成長を遂げたテクノロジー企業。これら傑出した起業家への投資を続け、全米随一と評されるベンチャーキャピタルがアンドリーセン・ホロウィッツである。共同創業者のマーク・アンドリーセン氏とベン・ホロウィッツ氏 ...

  • 世耕弘成大臣「多様な働き方を包括する社会づくりが急務」

    世界経済の先行きが不透明な中、日本は変革に迫られている。注目すべきは、第三次安倍再改造内閣が進める改革の中で最大のチャレンジとされる「働き方改革」だ。2月15日、都内で開催された「at Will Work 働き方を考えるカンファレンス2017」に経済産業大臣の世耕弘成氏が登壇。「日本人の働き方を変え ...

  • 大手アクセラレータCEOに聞く 「選ばれる起業家」の特徴

    起業支援プログラムを運営するアクセラレータの「Techstars(テックスターズ)」。国境や業界を超えて展開する”グローバル・アクセラレータ”を志向する理由をデビッド・ブラウンCEOに訊いた。──テックスターズが生まれたのは2006年。07年のプログラム開始から早10 ...

  • ヘッジファンド業界のレジェンドは「現代美術の目利き」

    アートが分からなければ21世紀は分からない? ということで、フォーブス ジャパンでアートの新連載がスタート。第1回は、世界のメガコレクター訪問。ヘッジファンド業界のレジェントにして現代美術の目利き、ハワード・ラチョフスキー氏のダラスの邸宅を、サザビーズの前社長・石坂泰章が訪ねた。この10年以上常に世 ...