• JAPAN'S TOP BUSINESS SCHOOLS

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    加速するビジネスのグローバル化は、「学び方」にも大きな変化をもたらしている。より大きな視点で仕事を俯瞰し、目的を達成するための最新最適の手段を選択するために、「実践的に経営を学ぶこと」の重要性が増しているのだ。いま、「ビジネススクール」が、ビジネスパーソンの大切な学びの場となっている所以だ。ビジネス ...

  • 「ジッポー」を復活させた「オヤジ経営者の若者対策」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    日本でも根強い人気を誇る老舗ライターブランドの「ジッポー」。世界的に喫煙に対する目が厳しくなるなか、同社は記録的な売り上げを達成している。オヤジ経営者たちの奮闘で、名門の「灯」はまだまだ消えない。 「まだ商売は大丈夫か?」 ジッポーの3代目オーナー、ジョージ・ブレイズデル・デュークは決まってこう聞か ...

  • 「アイビーリーグ」の教育は本当に正しいか

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    アメリカの一流企業や政府機関へ就職するうえで、名門大学を卒業していることは優位かもしれない。しかし、それだけが大学へ進学する目的であってよいのだろうか? 今年の8月に発売された新刊でアイビーリ―グの教育を厳しく批判している新進気鋭の作家に、名門大学が抱えている問題、そして、大学へ通うことの意義につい ...

  • 楽天・ミッキーが挑む「ミッション・インポッシブル」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2012年9月、『Forbes』は楽天・三木谷浩史リポートを掲載した。アマゾンを抜いて世界一のECサイトの座を目指し、巨額を投じた買収劇を繰り広げている姿が、ドン・キホーテのように見えたのだ。 (中略) シリコンバレーで最もホットなSNS企業ピンタレストに即決で出資するなど、野心家の彼は、シリコンバ ...

  • コーネル大学の夢「NYをシリコンバレー化せよ」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    シリコンバレーの企業に優れた人材を供給し続けるスタンフォード大学への注目が高まるなか、そのエコシステム(生態系)を模倣する動きが他の都市でも出てきた。コーネル大学の取り組みもそのひとつだ。同大学はいま、次々と野心的な計画を実行し、学生の起業家精神を刺激している。果たして、コーネル大学はニューヨークを ...

  • 「持続的競争優位」8つの革新的トレンドとは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ビジネスモデルの歴史を描いた『ビジネスモデル全史』、経営戦略の歴史を描いた『経営戦略全史』の著者として知られるK.I.T.虎ノ門大学院の三谷宏治教授に、現在のビジネスモデルのトレンドに関して「革新的なビジネスモデル」を生み出した先駆的な企業をあげて解説してもらう。 1. フリーミアム フリーミアムは ...

  • 起業家を次々に生み出すスタンフォード大学の 「大富豪教授」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「フォーブス アメリカ大学ランキング2014」で第2位に入ったスタンフォード大学。同大学からはヒューレット・パッカードやヤフー、グーグルといった、シリコンバレーを代表するIT企業が生まれている。学生のみならず、教授も会社を起こし、投資をする―。終わらないイノベーションの連鎖を生み出すスタンフォード大 ...

  • 「PGAツアー」危機克服のビジネスモデル

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リーマン・ショックの後、PGAツアーはスポンサーの激減とスターの不祥事という破滅的な危機を迎えていた。PGAツアーのコミッショナーのティム・フィンチェムはこの危機から米国ゴルフ界を救い出した。「奥の手」ともいえるスキルをフル活用し、謎めいているが賢いビジネスモデルを活用したのである―。 奇跡を成し遂 ...

  • エリートが目指す「リベラルアーツカレッジ」とは何か

    井関 庸介 , Forbes JAPAN 編集部

    ハーバード大学やマサチューセッツ工科大の名を知る人は少なくないだろう。だが、ウィリアムズ・カレッジやスワスモア・カレッジはどうだろうか?日本でも注目が高まるアメリカの大学には無名の名門校がまだ多数ある。なかでも、「リベラルアーツカレッジ」の存在はあまり知られていない。彼の国のエリートが目指す最高学府 ...

  • フォーブス恒例・アメリカ大学ランキング2014

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    近年、アメリカの大学へ入学する若者が増えている。それも、かつてのように語学の習得を目的にした短期留学ではなく、高校の卒業とともに留学しているのだ。もし、あなたが、あるいはあなたの子息が留学するとしたら、どんな大学を選ぶだろうか?本ランキングで紹介する上位50校のプロフィールを見て、海の向こうの大学に ...