• 土井香苗 私の信念「どんな人にも正義感や倫理性がある」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    土井香苗が涙ぐんだことがあった。2014 年、世界的な人権調査組織ヒューマンライツ・ウォッチ(HRW)の東京事務所が、創設以来、初めて独自の調査報告書「夢がもてない 日本における社会的養護下の子どもたち」を発表したときのことだ。虐待や親の事情により保護者を欠いた子どもを、日本は安易に施設に収容してい ...

  • 【特集】 PORSCHE Meets STARTUP

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    スポーツカーメーカーとしての名声を高めたポルシェの歴史は、常識にとらわれず時代を切り拓く起業家精神から始まっている。

  • 白木夏子 「児童労働、貧困、宝石の採掘現場」が私を変えた

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    白木夏子は泣きながら父親に土下座をしたことがある。 2009 年、HASUNAを創業して2カ月が経ったころだ。当初の資金150 万円が底をつき、事業に反対していた父親に出資を願い出たのだ。彼女は父親をはじめ、親戚を中心に10 人から600 万円を集めた。そうまでして彼女が打ち込むHASUNAとは、製 ...

  • 柴山由理子・女性活躍先進国、フィンランドで私が体験したこと

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界経済フォーラムのジェンダー・ギャップ指数ランキングで常に上位を占め、企業内の女性役員比率が3割に迫る女性社会進出先進国、フィンランド。福祉国家としても名高いこの北欧の国で社会政策を研究する傍ら、 現地グローバル企業のNo.2として働く日本人女性が語る、女性活躍のヒントとは ...

  • 南場智子・私流「壁を突破する方法」教えます

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    実業家として最も知名度が高い女性といったら真っ先に名前が挙がる彼女が、幾多の壁を突破してディー・エヌ・エー(DeNA)を起業・成長させてきた原動力は、「熱病に取り憑かれたかのように」事業に取り組んだからだった。 いま初めて語られる、女性起業者としての半生と今後の展望。 (中略)南場の体 ...

  • 働く女性の最前線・いまも「見えない壁」は存在するか

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界経済フォーラムが行った調査によると日本の「ジェンダー・ギャップ指数」は世界でも最下層。「女性の社会進出」が声高に叫ばれているが、その実態は目を覆うばかりと言ってもいい。そんななかでも、女性ならではの強みを生かして実績を上げ続け、破綻寸前の企業の再生を託された女性がいる ...

  • アメリカ出世事情・女性CEOが誕生する理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    アメリカの全企業の23%、実に780万社が女性が経営する企業である。特に、ヘルスケア・教育サービス分野では、61%の企業が女性CEOだ。管理職でも、アップルの小売り部門責任者、アンジェラ・アーレンツは、6,800万ドル相当の制限付き株式を含む報酬を得ている。 なぜアメリカでは女性がこんなに出世できる ...

  • アメリカから来た日本人・山本マーク豪

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「2025年問題」まで、あと10年。すべての団塊の世代が後期高齢者となり、首都圏高齢者人口は爆発する。しかし、そもそも高齢者を一括りにした危機感はおかしくないかそんな疑問を抱いて事業に乗り出したのは、アメリカからやって来た日本人だった。 (中略)悠々自適のセカンドライフ。これを人は、最高の ...

  • Forbes LIFE 新しい働き方、新しいオフィス

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    ビジネスは幸せを創造するためにある。幸せもまたビジネスを創造するためにある。 ITツールの進歩によって、さまざまな業種で在宅勤務の可能性がさらに広がりつつある昨今。だからこそリアルなコミュニケーションの場として、オフィスの存在が見直され始めている。 デザイン性や効率性のみならず、企業の個性をより強く ...

  • 「ヘッジファンドの帝王」の復活劇

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “世界最高のトレーダー”として、ウォール街に名を刻んだマイケル・スタインハルト。50代で第一線を退いたが、約10年間の沈黙を破り、ファンド運用会社の幹部として「復活」。トレーダー時代とは異なる戦術で、さらなる富を築いている。 いまや「世界の金融の帝国」といわれるウォール街だが ...