• 「ヘッジファンド悪玉論」に反発する“モノ言う株主”

    Antoine Gara , Forbes Staff

    「アクティビスト・ヘッジファンド(Activist Hedge Funds)」と呼ばれる“モノ言う株主”らが米大企業への圧力を強めてきたことは否定できない。ヘッジファンドは企業変革のため利益を出す時間をせっついたり、株主を役員に加えたりしてきた。そのためウォール街が短期的利益 ...

  • 世界最高額のサッカーチームランキング2015 上位20

    Mike Ozanian , FORBES STAFF

    近年、プロサッカーの放映権料やスポンサー料は高騰。その結果、市場価値の高いサッカーチーム上位20の資産価値は、1チーム平均で11億6,000万ドル。前年から11%増加し、5年前に比べると84%も増加した。 1位のレアル・マドリードの資産価値は32億6,000万ドル。その主な要因は、世界のスポーツチー ...

  • 未来の石油富豪!? 「見えないガス」を可視化する会社

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    石油パイプラインから漏れ出る天然ガスは、石油会社には経済的損害を、周辺環境には被害を与えてきた。 しかし、ある新興企業が無色の気体を映し出すカメラを開発。大手石油会社から熱い視線を集めている。 牛のげっぷに含まれるメタンは、無色・無臭の気体ながら、二酸化炭素の25倍もの温室効果をもたらすとされている ...

  • 中小企業専門のデータ復旧で、億万長者になった男

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    収益を上げてはいないものの、消費者向けの写真アプリで若い“IT長者”が続々と生まれている。 その一方で、法人向けのITサービスで着々と顧客と売り上げを増やしている新興企業もある。 写真共有アプリ「スナップチャット」や無料チャットアプリ「ワッツアップ」などのITサービスが、ユー ...

  • トヨタに学ぶ 「滅びる組織」「伸びる組織」 売れ続ける秘密は「SHUSA」にあり!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    知らないのは日本人だけ?―なぜトヨタは世界で売れ続けるのか。 それは「トヨタ生産方式」が利益を生み出しているのではなく、秘密は「主査制度」にあった。アメリカ企業が徹底研究して、次々とイノベーションを起こす源流は日本にあったのだ! 「ダメじゃないですか」 リストラについての相談を受けているとき、酒井崇 ...

  • アマゾン追撃を狙う「Jet.com」に中国アリババが出資

    Ryan Mac , Forbes Staff

    中国のEコマース業界の巨人、アリババグループは最近、米国のJet.comに出資を行った。Jet.comはまもなく立ち上がるオンライン通販サイトで、顧客から年会費50ドルを徴収することで、アマゾンよりも日用品を安く販売するビジネスモデルを特徴としている。 アリババの投資はJet.comが2月に実施した ...

  • “朝食でマック追撃”のファストフード店「ボージャングルズ」の成長戦略 

    Samantha Sharf , Forbes Staff

    ノースカロライナ州シャーロットに本社を構えるボージャングルズ(Bojangles)は、フライドチキンのチェーン622店舗を全米展開している。同社は4月にNASDAQでIPOを果たした。 1977年開業のボージャングルズだが、新株発行の目論見書では、クオリティの高いファスト・フードとして自社を定義し、 ...

  • ウォルト・ディズニー・ジャパン社長が語る 無敵のチーム力「80:20の法則」

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    “アナ雪”旋風に、TSUM TSUMブーム……。 ウォルト・ディズニー・ジャパンの快進撃が止まらない。 米国本社からの押しつけなど一切ない、完全オリジナルな戦略。 なぜ、こんなにも強いのか。無敵のチーム力に迫る。 ウォルト・ディズニー・ジャパンの社 ...

  • スタバの店舗数が世界2.2万軒を突破 売上は18%の増加

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    米スターバックスは直近の四半期で市場の予想を上回る2桁のセールスの伸び率を記録。発表があった当日の時間外取引で株価が5%上昇した。 シアトルを本社とする巨大コーヒーチェーンは、総売上高が18%増加、45億6,000万ドルを記録した。世界の既存店売上も好調で、同四半期には7%増加した。来店客数も3%の ...

  • 米警察が使う「犯罪予知ソフト」は、未来の警察の形か?

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    集積された情報を解析して応用する、いわゆる「ビッグデータ」は医療や犯罪対策への期待が大きい。 すでにアメリカでは、ビッグデータに基づく“犯罪予知”ソフトを使用しているが、その効果とは? パトロール前の点呼で集まってくる警官たちに、担当地域の地図が手渡され、彼らは地図上の赤く囲まれた街の区画へ行くよう ...