• ウーバー ドライバーらの個人情報が大量流出

    Abigail Tracy , Forbes Staff

    ウーバーはドライバー数百人分の社会保障番号と、納税情報、免許証番号を流出させた。情報漏えいの可能性に最初に気付いたのはウーバーのドライバー自身で、それをオンラインメディアのMotherboardとGawkerが報じた。 10月中旬、ウーバーのドライバーを名乗る人々が、オンライン上で多数のドライバーの ...

  • 「産休5回」は当たり前 YouTube女性CEO、スーザン・ウォシッキーの主張

    Moira Forbes , FORBES STAFF

    YouTubeのCEOスーザン・ウォシッキーは、女性のためのコンピュータ・カンファレンス「Grace Hopper Celebration」で12,000人以上の女性技術者を前に、「私たちが女性のポジションを変えない限り、将来のテック業界は今のままです」と警告した。 フォーブスが選ぶ「世界で最も影響 ...

  • ミャンマー総裁選で注目 アジア「フロンティア経済圏」の行方

    Tim Ferguson , FORBES STAFF

    ミャンマーで11月に行われる総選挙が注目を集めている。長い間国際社会から孤立した国にとってこれは喜ばしいニュースだ。長らく反体制だったアウン・サン・スーチー氏の政党が勝利を収める可能性が高く、民主化による経済発展も期待できそうだ。 今回の選挙結果がミャンマー経済にどの程度プラスになるのかはまだ分から ...

  • 高級ホテルも爆買いの中国 投資手腕はバブル期の日本以上

    Liyan Chen , Forbes Staff

    シェラトンやウェスティン、セントレジスといったアメリカを代表するホテルが、中国の物になるか日が近いかも知れない。 政府系ファンドを含む中国企業少なくとも3社が、米スターウッド・ホテルズの買収に向け準備を進めていると複数のメディアが報じた。「シェラトン」、「ウェスティン」を世界展開する同社の時価総額は ...

  • サツマイモが築く未来社会 [妄想浪費 Vol .3]

    小山 薫堂 , CONTRIBUTOR

    「20兆円」 放送作家・脚本家の小山薫堂が「有意義なお金の使い方」を妄想する連載第3回。 化石燃料のために年間20兆円を海外に支払い続けている日本。 その同額を、次世代エネルギーとなるサツマイモに投資するのはいかが? 先日、僕がパーソナリティーをしているFMヨコハマの「FUTURESCAPE」に、近 ...

  • iPhoneの賞味期限切れは近い? アナリストらが予測

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    企業の決算シーズンが佳境を迎える中、アップルが記録的な四半期決算を発表して脚光を浴びている。その並外れた業績を見ると、iPhoneが売上高の三分の二を占め、利益においては更に大きな割合を占めることがわかる。 スマートフォン市場全体の停滞と逆行するように、アップルのシェアは拡大し続け、iPhoneの値 ...

  • 死後も稼ぎ続けるセレブ10名 首位のマイケルは年収140億円

    Zack O'Malley Greenburg , Forbes Staff

    マイケル・ジャクソンは2009年に急死した。その後、展開された彼の財政状況に関するストーリーはまさに「スリラー」だった。死後、マイケルは税引き前の金額で10億ドル(約1200億円)を稼ぎ出した。それは彼の個人的な負債を清算するのに十分な額だった。 そして今年、マイケルは1億1500万ドル(約138億 ...

  • 年収アップを実現させる10の交渉術

    Susan Adams , Forbes Staff

    交渉のやり方次第で得られる成果は違ってくる。賃上げ交渉に関しても事情は同じだ。 スチュアート・ダイアモンドは交渉術の世界的権威で、これまでに40 カ国以上の政府関係者や企業の経営者たちにアドバイスを与えてきた。彼の顧客は中国の石油化学会社から南アフリカ共和国の起業家、シティバンク、イーライリリーそし ...

  • NY、超富裕層向けマンションは“プライベートジェット完備”

    Kristin Tablang , Forbes Staff

    富裕層のライフスタイルには上限がない。マンハッタンのトライベッカに建設中の超高級マンション「111 Murray Street」は64階建て、高さ241mの彫刻のようなシルエットで一際目立つ存在になりそうだが、居住者向けサービスの内容もまた天井知らずだ。 同マンションが謳うのは「次世代のラグジュアリ ...

  • 「10年後のリーダーたちへ」 小泉光臣(日本たばこ産業代表取締役社長)

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    教科書は、書き換えるもの たばこは景気の良し悪しに左右されない―。そんな業界の定説が崩れたのは、リーマン・ショックのときだ。欧州を中心に可処分所得が大きく目減りし、嗜好品であるたばこへの支出が減少。加えて各国の財政が悪化したため、増税によってたばこの値段は上がらざるを得ない状況となったのだ。 日本た ...