• 「Z世代とミレニアル世代」、企業が知っておくべき4つの違いとは

    Jeff Fromm , CONTRIBUTOR

    大人世代にとっては驚くことに、今の10代の若者たちはミレニアル世代(Y世代)に一般的な行動や態度とは異なる特徴を持ち、ブランド各社が今後の成功のために理解しておくべき新たな基準を生み出している。Y世代とは明らかに異なる傾向から、Z世代は「ピボタル(中枢の、の意味)世代」とも呼ばれ始めている。真面目で ...

  • iPhone7 限定のお楽しみ インスタグラムの「超鮮明なカラー効果」

    Paul Monckton , CONTRIBUTOR

    インスタグラムの最新アップデートにより、写真の画質に大幅な向上が見込まれる。それは特にiPhone 7や7 Plusユーザーに大きなメリットをもたらすものになりそうだ。インスタグラムはiOS版のアップデートを実施。iPhone 7に搭載の新型カメラとディスプレイが実現した、豊かで生き生きとした色彩を ...

  • マクドナルドの中国事業売却、ウォール街は高評価

    Gene Marcial , CONTRIBUTOR

    ファストフード界で中国進出の“先駆け”だったマクドナルドは、世界で最も人口の多い同国で事業を展開するリスクとリターンの複雑さを学んだ。中国での大きな事業や決断は、間違いなく同社に健全性に影響を及ぼす。そのため中国での事業の大半を売却するという同社の発表は、とても大胆なものに思 ...

  • 不動産内覧を変える「スマートキー」 イノベーション育むリクルートの研究開発部隊

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    リクルートグループのIT・ネットマーケティングを担うリクルートテクノロジーズ。その中でも、より専門的な研究開発領域でイノベーションを育んでいるのがアドバンスドテクノロジーラボ(ATL)だ。ATLでIoT分野を担当する菅原健翁は、「こんなモノがあったらいいな」という自身の思いに技術をマッチさせ、人々の ...

  • 欧州の大麻合法化は進むのか 選挙の年迎えた各国の現状

    Cecilia Rodriguez , CONTRIBUTOR

    欧州では選挙のたびに争点として取り上げられる大麻合法化の問題だが、大統領選を控えるフランスでも現在、賛成・反対各派の議論が続いている。ただ、問題になっているのは禁止すべきかどうかではない。多くの人がすでに「不可避」と考えている容認の在り方について、完全な「合法化」とするか、「非犯罪化」にとどめるかと ...

  • iPhone 8、防水性能は最強のIP68に?

    Ben Sin , CONTRIBUTOR

    韓国メディアの報道によると、iPhone誕生10周年の今年発売される「iPhone 8(仮)」は、モバイル端末としては最高レベルとなるIP68等級の防水・防塵性能を実現する見込みだ。韓国のビジネスニュースサイト「ジ・インベスター」が、複数の関係筋からの情報として報じた。iPhone 7が実現したIP ...

  • 世界が注目! 期待のスタートアップ日本の50社

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    世界は「スマートフォンからテクノロジー」へと潮流が変化している。この流れは日本の“強み”が生きる機会となるはずだ。世界がこれから注目すべき、日本のスタートアップ50社を選出した。■リバーフィールド東工大発、医療ロボットベンチャー。空気圧の精密制御技術を用いた内視鏡操作システム ...

  • 中国接近のフィリピンに乗り込んだ、安倍首相に託された「役割」 

    Ralph Jennings , CONTRIBUTOR

    フィリピン大統領のロドリゴ・ドゥテルテはかつての統治者だったアメリカに背を向け、中国に近づいている。ドゥテルテはその一方で、米国の同盟国である日本とは良好な関係を維持している。日本と中国はどちらも東南アジアを経済、地政学的な“仲間”にしようとしている。安倍晋三首相は1月12日 ...

  • 従業員の意欲を高める「称賛」のシステム、試す価値はある?

    Jeff Kauflin , FORBES STAFF

    一年の目標として掲げることはさまざまあるが、今年は「職場の人たちをハッピーにする」ことを目指してみてはどうだろう。時間も労力もほとんど必要としない、簡単な方法がある。その方法とは、今まで以上に頻繁に、従業員たちの仕事の成果を認め、「褒める」ことだ。米人材コンサルティング会社O.C.タナ―は2016年 ...

  • 30年後もノーベル賞大国であるために、禁断の劇薬「国立大学を半数に」

    川村 雄介 , CONTRIBUTOR

    おくんち祭の熱気が冷めやらぬ長崎の夜だった。諏訪神社にほど近い居酒屋では、常連客たちが臨時ニュースに顔を真っ赤にして興奮していた。「ノーベル賞たい。チョーダイのシモムラ先生がとりなさった。すごかねえ」。チョーダイとは長大(長崎大学)、シモムラ先生とはその年のノーベル化学賞に輝いた、長崎大ゆかりの下村 ...