• 年上の部下、どう扱えば... 若手管理職・経営者がすべきこと

    Ian Altman , CONTRIBUTOR

    自分より若い部下を指導する方法についての手本は多いが、26歳で最初の会社を起業した私は、事業の急成長により、すぐに自分より年上の社員を雇うようになった。それから数え切れないほどの間違いを経て、ようやく年下の上司が年上の部下を統率する方法を見出した。自分の立場を明確にCEOであれ、管理職への昇格であれ ...

  • 「銃とハイヒール」を愛する米女性のブランドが目指すもの

    Susannah Breslin , CONTRIBUTOR

    エミリー・バレンタインは特定の女性たちを念頭に、ライフスタイルブランド「スタイル・ミー・タクティカル(Style Me Tactical)」を立ち上げた。バレンタインは外出するとき、ハイヒールをはき、そして常に銃を携帯している。スタイル・ミー・タクティカル(タクティカルは「戦術的に」の意味)は、よく ...

  • 凄いスタートアップ、メルカリの「働き方」はここが違う!

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    「ルールを増やすと、つまらない会社になってしまう。ずっとそう言い続けてきた」組織の設計思想として、「性善説」を掲げるメルカリ。取締役の小泉文明は、働き方の自由を縛るルールをなるべく作らずに、組織を運営することを強く意識する。社員への情報のオープン化も、そうした理念を反映した施策の一つ。給与やストック ...

  • 「新たなデザイナー」たちが組織を変革していく

    佐宗 邦威 , CONTRIBUTOR

    Forbes JAPAN 4月号に連動する今回のインタビューでは、『21世紀のビジネスにデザイン思考が必要な理由』の著者でBiotope・CEOの佐宗邦威氏が、IBMのディスティングィッシュド・デザイナーであるダグ・パウエルに話を聞いた。IBMでは、今後のさらなる成長のために、デザイナーとエンジニア ...

  • 「企業に眠る人材を覚醒させる」 三井不動産の挑戦とは

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    2012年に策定したグループ中期経営計画で“イノベーション”を合言葉に掲げた三井不動産が、ベンチャー企業との共創を本格化させている。15年4月に「ベンチャー共創事業部」を設立、15年12月にはCVCファンド「31VENTURES Global Innovation Fund ...

  • 侮れない「クーポン」の威力、節約を妨げる可能性も

    Bryan Pearson , CONTRIBUTOR

    たとえブランドに忠実な消費者でも、その69%は買い物中に店内で商品の値引きに関する情報を得れば、普段購入しているブランドではなく値引き対象の商品を購入するという。マーケティングを支援する米バラシス(Valassis)が先ごろ発表した報告書によると、調査対象者の約80%は、いつもは購入していないブラン ...

  • 超音速の旅を実現するスタートアップ企業「ブーム社」CEOの野望

    Alex Knapp , Forbes Staff

    ブームスーパーソニック(Boom Supersonic、以下ブーム社)は航空機の製造を企む異例のスタートアップ企業だ。航空機と言っても小型のプライベートジェットではない。ブーム社は2003年にコンコルドが運行を停止した、超音速旅客機をこの世に復活させる夢を描いている。「ライト兄弟が飛行機を飛ばしてか ...

  • 膝にビニール!? トップショップの「斬新デニム」に賛否両論

    Marcia Layton Turner , CONTRIBUTOR

    ファストファッションブランドのトップショップが、百貨店ノードストロームで展開している最新のデニムをご存知だろうか?ハイウエストでテーパードのくるぶし丈で、膝部分には「斬新な方法で膝を見せる」ビニールが施されている。値段は100ドル(約1万1270円)未満とお手頃だ。きっと、膝をセクシーに見せる方法を ...

  • 科学者に聞いた機内持ち込み可能な「驚きのモノ」

    Emily Willingham , CONTRIBUTOR

    もし皆さんが筆者と同じ「間違いを犯し」、科学者たちにこの質問をしてしまったら、もう旅客機には乗りたくないと思ってしまうかもしれない。機内持ち込み手荷物として、または預け手荷物として旅客機に載せたことがある「意外なもの」があるかと尋ねたところ、得られた回答は以下のようなものだった。この科学者たちを何ら ...

  • Galaxy S8に搭載の「サムスン版Siri」 Bixbyは人気を獲得できるのか?

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    サムスンは、3月29日に新型スマートフォン「Galaxy S8 」をリリースする。S8の最大の目玉であり、Galaxy Note 7の大失敗を挽回する切り札となるのが、音声アシスタントの「Bixby」だ。Bixby は、S8の側面に設置された専用ボタンを押して起動する。Bixbyを開発したのは、サム ...