• 脱「一発屋」狙うGoProが好決算 中国と欧州でカメラ製品好調

    Lauren Gensler , Forbes Staff

    黒字化に向けて奮闘中のGoProが最新の決算で売上の伸びを報告した。4月27日の時間外取引で、GoProの株価は5%の上昇となった。今年第1四半期の売上は19%増の2億1860万ドル(243億円)で、アナリスト予測の2億790万ドルを上回った。GoProの売上の約3分の2は米国外からで、特にアクショ ...

  • できる男が夏に純国産スーツに着替える理由

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    高温多湿な日本の夏をどう乗り切るか。働くビジネスマンにとって死活問題だ。 クールビズ提唱の10年前、この問題に取り組んだ「ダーバン」のスーツが、今年、20周年を迎える。クールビズの先駆けとなったスーツクールビズは、2005年、小泉内閣のときに環境大臣であった現東京都知事 ...

  • フェイクニュース運営者が一挙登壇 彼らの「動機、カネ、急所」

    志村 一隆 , CONTRIBUTOR

    「This keynote is fake news」。そんなメッセージが大きなスクリーンが掲げられている。3月14日、米テキサス州オースティンで開催された音楽やIT、それにアートなどの祭典SXSW(サウス・バイ・サウスウェスト)の一幕、「フェイクニュース」のセッションには、500人以上集まっていた ...

  • 米国人が「日本国際賞」をより重視すべき理由

    Bruce Y. Lee , CONTRIBUTOR

    ノーベル賞の名前は、米国人の誰でも知っているかもしれない。だが、「日本国際賞(Japan Prize)」はどうだろうか?それどころか、米国人の「地理リテラシー」の低さを考えれば、日本がどこにあるかさえ知らない人がどのくらいいるだろうか──?日本国際賞は、世界中の科学者にとって最も名誉ある賞の一つだ。 ...

  • 「謙虚さ」が女性の成功を阻む5つの例

    Kathy Caprino , CONTRIBUTOR

    先日、起床してからメールを読み始めた私は、リンクトインで自分が中傷されていることを知った。私の友人でフォーブスの寄稿者、ウィリアム・アルーダが書いた「仕事で成功する子どもを育てる7つの特性」を共有したときの私のコメントに対するものだった。私が取り上げた特性は、リストの中で特に気に入った「謙虚さ」だっ ...

  • 世界のスマホ、上位10社の半分は「中国製」の衝撃データ

    Parmy Olson , FORBES STAFF

    現在、世界では30億人がスマートフォンやタブレットを使用している。その3分の1以上がアップル製品であることは、さほどの驚きではないだろう。しかし、ここで注目すべきは、中国の企業らが恐るべき勢いで力をつけていることだ。調査企業Newzooのデータによると、アクティブユーザー数で中国のスマホメーカーは合 ...

  • 教育ロボットで世界を狙う中国「Makeblock」創業者、31歳の野望

    Yuji Ueda , CONTRIBUTOR

    ドローン分野でDJIが世界的ブランドを確立して以降の中国では、創業当初から世界市場を視野に入れる「ボーングローバル」志向のスタートアップ企業が増えている。広東省の深センで2011年に創業の教育ロボットメーカー「メイクブロック(Makeblock)」も海外売上が7割に及ぶ、生まれついてのグローバル企業 ...

  • 「グーグルフォト」iOS版の重大な変化 アップルに歩み寄り?

    Paul Monckton , CONTRIBUTOR

    最新のアップデートで「グーグルフォト」のiOS版に重要な機能が加わった。グーグルフォトは、これまでアンドロイドとiOSの双方で非常に便利に使えるアプリとして知られてきたが、iPhoneの写真アプリと比較すると一つだけ欠けていたのが、AirPlay経由でテレビ画面に写真や動画を表示する機能だった。グー ...

  • ソマリア沖で海賊が再び襲撃、原因は「飢饉と油断」

    Jonathan Webb , CONTRIBUTOR

    アフリカ東部ソマリア沖で、海賊による襲撃の脅威が高まっている。ソマリア国内では再び飢饉が発生する危険があり、食糧を得るために海賊行為に走る者が増える可能性があると見られている。米アフリカ軍(AFRICOM)のトーマス・ワルドハウザー司令官は米紙ウォールストリート・ジャーナルに対し、各国の対策により一 ...

  • ウーバーを猛追、イスラエルの「Gett」が米国事業を急拡大へ

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーに対抗するため、小規模な事業者が連合を結成する動きが高まりつつある──。GettやJunoといった企業らは米国でウーバーの足元にも及ばないが、彼らがタッグを組んで戦えば勝負の流れは変わるかもしれない。4月26日、テルアビブに本拠を置き欧州やロシア及びニューヨーク市に展開する配車サービスのGe ...