• ソマリア沖で海賊が再び襲撃、原因は「飢饉と油断」

    Jonathan Webb , CONTRIBUTOR

    アフリカ東部ソマリア沖で、海賊による襲撃の脅威が高まっている。ソマリア国内では再び飢饉が発生する危険があり、食糧を得るために海賊行為に走る者が増える可能性があると見られている。米アフリカ軍(AFRICOM)のトーマス・ワルドハウザー司令官は米紙ウォールストリート・ジャーナルに対し、各国の対策により一 ...

  • ウーバーを猛追、イスラエルの「Gett」が米国事業を急拡大へ

    Brian Solomon , Forbes Staff

    ウーバーに対抗するため、小規模な事業者が連合を結成する動きが高まりつつある──。GettやJunoといった企業らは米国でウーバーの足元にも及ばないが、彼らがタッグを組んで戦えば勝負の流れは変わるかもしれない。4月26日、テルアビブに本拠を置き欧州やロシア及びニューヨーク市に展開する配車サービスのGe ...

  • スタバ「リザーブ ロースタリー」、6店舗目がシカゴにオープンへ

    Micheline Maynard , CONTRIBUTOR

    高級ブランドをはじめ数多くの有名店などが立ち並ぶシカゴのマグニフィセントマイルは、何世代も前から多くの人たちが最新のファッションやエンターテインメントを求めて集まり、にぎわってきた場所だ。その一画に2019年、6店舗目となるスターバックス リザーブ ロースタリーが開店する予定であることが分かった。ス ...

  • 歴史家が認める、米経済史に影響を与えた「7人の凄い人物」

    肥田 美佐子 , JOURNALIST

    先進国は低成長時代に入ったという長期停滞論に異を唱え、ゲームチェンジャーの時代の到来を確信する歴史家がいる。産業革命以前から現在、そして未来まで視野に入れる著名な経済史専門家・米ノースウエスタン大学ジョエル・モキール教授(経済史)だ。産業革命を文化的視点から論じた『A Culture of Grow ...

  • 2016年「世界で最も売れたアルバム」はビヨンセ

    Hugh McIntyre , CONTRIBUTOR

    国際レコード産業連盟(IFPI)が4月25日に発表したグローバル・ミュージック・レポートによると、2016年に世界で最も売れたアルバムはビヨンセの「レモネード」だった。このビヨンセの6枚目のソロアルバムは250万枚を売り上げた。ビヨンセのソロアルバムすべてがビルボード200で1位に輝いている。僅差で ...

  • 任天堂「ミニスーファミ」が年末発売か 公式発表を準備中説

    Curtis Silver , CONTRIBUTOR

    任天堂は、発売が噂される「ミニスーパーファミコン」(SNES Classic Edition)について沈黙を守っている。関係者の多くは、同社が「ミニファミコン」(NES Classic Edition)の生産を中止したのは、ミニスーパーファミコンを発売するためだと考えている。いざ発売となった場合、懸 ...

  • 米国で急増する「反ユダヤ主義的」暴力事件、前年比9割増

    Niall McCarthy , CONTRIBUTOR

    米国内の各地で、反ユダヤ主義が動機と見られる「器物損壊」「嫌がらせ・迷惑行為」「暴力事件」などの発生件数が大幅に増加している。反ユダヤ主義を監視する「名誉毀損防止同盟(Anti-Defamation League、ADL)」によると、今年1~3月に起きた反ユダヤ主義が理由と見られる事件の発生件数は、 ...

  • SNS時代でも、メールがやっぱりすごい理由

    増谷 康 , CONTRIBUTOR

    メールを使う機会が減ったと感じることはないだろうか。LINEにフェイスブックメッセンジャー、WhatsApp、スナップチャットと、メールに代わる手軽な連絡手段がいくつも登場した。またSlackやChatWorkなど、職場でのコミュニケーションにチャットを導入する企業も増えている。メールはいずれ廃れて ...

  • 「継がせる悩み」から親を解放しよう

    Forbes JAPAN 編集部 , Forbes JAPAN

    空前の事業承継M&Aブームの背景にあるのは、地方の中小企業を中心にした後継者難だ。「家業は親族が継ぐべき」という考え方が根強く残る一方で、肝心の継ぐ側の人生もある。継がせる側も、家業を次世代に背負わせるべきかで逡巡する。自身が家業の事業承継に直面した経験を持つ日本M& ...

  • 絶対に避けるべき企業の面接官が聞く10の質問

    Liz Ryan , CONTRIBUTOR

    恐怖は世界で最も強大な力だが、それについては誰も話題にしない。恐怖心はキャリアにおける決断に非常に大きな影響を与える。上司を恐れる社員は、職場で本当は言いたいことがあっても、口を閉ざしてしまう。失職中に手持ちの現金が減って来月の家賃支払いが心配になると、面接でたとえその仕事についての危険な兆候を察知 ...