堀場雅夫著「イヤならやめろ!」

各界のCEOが読むべき一冊をすすめる本誌の連載「CEO’S BOOKSHELF」。今回は、ソフトウェア開発事業などを展開しているインフォテリア株式会社の平野洋一郎CEOが起業前に影響を受けた「イヤならやめろ!」を紹介する。


「世界一のソフトば作りたか」。急かされるように大学を辞めた二十歳の私は、昼夜問わずソフトウェアの開発に没頭していました。時は1980年代前半、国内でインターネットが普及し始める十数年前のことです。

仲間と開発したソフトは大ヒットしましたが、皮肉にも成功を期に、会社運営の難しさに直面。次世代のソフトを開発したい私たち開発チームと、売り上げを上げたい経営陣の間に生じた溝は埋まらず、私は、将来の起業を視野に会社運営を学ぼうとロータス社に転職しました。

仕事の傍ら、起業に向けたビジネスプランを練り続け、ちょうど2本目のプランが完成したころです。ロータス社がIBMに買収されることになり、そのまま仕事を続けるのか、辞めるのかを悩みました。気づけば入社して8年。環境が変わることで押し出されるように起業するのは、本意ではないと思いつつ、誰かに背中を押してほしいという気持ちがあったことも確かです。何しろ「イヤならやめろ!」というタイトルの本を手にしたくらいですから(笑)。

結局、私はその後3年間、サラリーマン生活を続けました。背中を押してくれるかと思った本書から、「本当にイヤだと思うほどやってみたのか」と問われ、“YES”と答えられなかったからです。

それからの3年間は、イヤと思うほどやり抜きました。この3年間がなければ、今の私はないと断言できます。特に、世界的なIT企業を次々と生み出す米国から学んだのは「投資」による起業です。

当時の日本企業は、運転資金を「融資」で調達していたため、売り上げを上げることを優先し、研究開発を進められないという悪循環に陥っていました。その一方で、ドットコムバブル真最中の米国では、数ミリオンドル(数億円)単位で資金を集めた友人たちが、優秀な人材を集め、ビジネス化に成功していたのです。

私がインフォテリアを創業した際に、融資ではなく「投資」で27億円に上る資金を調達できたのは、この3年間の経験があったからこそです。集めた資金を元に、開発に集中し、スピード感をもってビジネスを軌道に乗せる─。今では、日本にもベンチャーキャピタル(VC)やエンジェル投資家が育ち、起業しやすい環境が整ったと言えるでしょう。

さて、資金調達を進めていたときに驚いたのは、わが社に投資してくれたVCに、堀場氏が出資していたことでした。間接的とはいえ、本を通じてメッセージを送ってくれた堀場氏が株主に!です。それからは事業報告を兼ねて半年に一度、堀場氏の元に足を運び、直接ご指導いただきました。「自分の好きなことを、とことん突き詰めてやることや。そうすれば、必ず未来は開ける」。これからは、私が若い世代に伝えていく番ですね。

title:イヤならやめろ!
author:堀場雅夫
data:日経ビジネス人文庫 600円+税/240ページ


平野洋一郎(ひらの・よういちろう)◎1963年生まれ。大学を中退し、ソフトウェア開発会社のキャリーラボに入社。87年、ロータス(現IBM)に転職し、製品企画、マーケティングに従事。98年、インフォテリア設立。2007年東京証券取引所マザーズ上場。

構成=内田まさみ

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO