Minerva Studio / shutterstock


以下は、能力不足の管理職が持つ5つの特徴だ。あなたの上司には当てはまるだろうか?

1. 物事がうまくいかないと、すぐに責めるべき人を探す。

2. チームメンバーが何かを提案をすると、「それはあなたの仕事ではない」や「あなたの意見は聞いていない」と言う。力不足な上司がこうした反応をするのは、地位の低い社員が自分より優れたアイデアを出すことを恐れているからだ。

3. 方針や管理表、命令で縛って管理し、聞く耳を持たない。チームメンバーと信頼関係を築くことに興味がないか、そのための能力がない。

4. 自分の都合次第でチームメンバーを働かせられ、いつでも人員交代ができると公言する。なぜこうも冷酷で愚かな振る舞いができるのだろうか? 怯えたチームメンバーは優秀な成果を出せない。力不足な上司は自分が恐怖心を抱いているため、恐怖をもってコントロールしようとする。チームメンバーに身の安泰を常に心配させておかなければ、メンバーは真実を語り始め、力不足な自分の手には負えなくなってしまうからだ。

5. 力不足な上司は自分を見つめ直すことができない。自分のミスを認められず、新しいことを学べない。

自分の上司が弱い人間であった場合、どうしたらよいだろう? 相手が強烈な体験によって考えを改める日が来るかもしれないが、その日をじっと待ち続けるべきではない。転職活動を始め、力不足の上司から逃れるのが賢明だろう。

あなたが自分の意見を主張し始める日を恐れている人のもとでは、あなたの能力を最大限に発揮することは絶対にできない。

編集=遠藤宗生

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO