Jeerawatstock / shutterstock.com

私たちはますます孤独になっている――。シカゴ大学ナショナル・オピニオン・リサーチ・センターの総合的社会調査(GSS)によると、親友がいないアメリカ人の数は1985年の3倍に増加した。何でも打ち明けられる相手の数を「ゼロ」と答えた人が最も多く、調査対象者の4分の1近くを占める。「重要なこと」について相談できる相手の平均人数も、以前の3人から2人に減少した。

この孤独感はミレニアル世代において最も顕著だ。その背景には、大きく分けて二つの要因があると筆者は考える。

一つ目は、孤独は伝染するということだ。マサチューセッツ州ファーミンガムで1948年から継続的に行われている住民研究のデータを基にした2009年の調査では、人は友人、隣人、同僚、家族など直接的なコンタクトを持つ相手が孤独に陥ると、自分も孤独を感じる率が52%高くなるという結果が出た。孤独な人々のそばにいるだけで、それまで孤独ではなかった者まで孤独を感じるようになるのだ。

孤独な人々は、他者からの関心や親愛の情といったポジティブな社会的刺激を受けにくく、早い段階で人間関係から離脱し、やがて社会から孤立する傾向がある。さらに、ファーミンガムの調査によると「疑い深く、攻撃的な態度」をとる傾向があり、そのような人を遠ざける行動がますます周囲をも孤独にさせる。

調査を行ったニコラス・クリスタキス博士は、2009年のニューヨーク・タイムズの記事で「孤独な人は接する相手に孤独をうつし、やがて両者の関係が断絶します。そしてうつされた人は、別の人を相手に同じことをします。孤独の連鎖が社会的ネットワークの崩壊を引き起こすのです」と述べている。たった一人の孤独な人間が社会的ネットワーク全体を不安定にさせることもあり得るのだ。

孤独を拡散するインターネットの存在

二つ目の要因は、孤独を拡散するインターネットの存在である。孤独な人が増え始めた時期が、アップルが同社初のパーソナルコンピューターを発表した2年後、ティム・バーナーズ=リーがWorld Wide Web(WWW)を構築する5年前にあたるのは偶然ではないだろう。

皮肉にも、私たちは孤独を和らげるためにインターネットを活用している。インターネットさえあれば、車や電話を持っていなくても、事前に約束しなくても、ワンクリックで誰かとつながることができる。

編集=海田恭子

 

あなたにおすすめ

SEE ALSO